業界スコープ

9月1日(2021年)

夏も終わり、誠明の業界では楽しかった夏期帰省も終わり、本日は始業式だった
かと思いますが依然と猛威を振るい続けるコロナの問題は続いております。
本日、9月1日は大正12年に発生しました関東大震災の日でもあります。
そのため、本来であれば全国で防災訓練等が実施されますが、今年もコロナの
影響はこれらのところでも見られるのは事実です。
ですが、このコロナ禍で緊急事態宣言が出ている最中に日本の政府と東京都は
国民が開催を反対している東京パラリンピックを強行開催しているばかりでなく、
小学生を始めとする学校の生徒を観戦させようというトンデモな事をしているのは
報道を通じてご存じかと思います。
これらの行為はコロナ感染を拡大する自殺行為でしかなく、緊急事態宣言を
骨抜きにする行為でしかありません。
ですが、菅総理とIOCのバッハ会長は万歳という過去のドイツのヒットラーが
行ったプロパガンダやマスゲームと同様に自画自賛に明け暮れるという
呆れた様相を示しているのは事実であります。


菅内閣を舞台とした映画「パンケーキを毒見する」、7月から全国で公開されております。
ご覧になりたい方は公式サイト(←ここから)から上映館を探してみて下さい。


憲法を無視して国会を開かずに自民党の総裁選と衆議院の選挙対策をもくろむ
悪質な菅内閣は即座に内閣総辞職し、衆議院を解散して国民に真意を問うべき
だと思います。

こんなコロナ禍で残暑が続く最中はありますが、読者の皆様には「安全な秋」を
お過ごし頂ければと思っております。




2021/09/01(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2021年8月)

本日は8月31日、夏も終わろうとしております。
ですが、今年の夏はある意味で波乱に満ちた夏となりました。
先月23日からコロナの緊急事態宣言という状況下で国民が開催を
反対していた東京オリンピックを強行開催した事について様々な問題が
生じており、閉幕後にも様々なところから相次ぐ批判はパラリンピックに
持ち越されているのも事実であります。
この騒ぎのどさくさに児童相談所は金儲けのために大規模な拉致キャンペーンを
行っており、去る5日には筆者の関係者のお子さんが千葉県柏児相の拉致被害
に遭う事件が起きました。

柏児相
DV詐欺と当編集部関係者のお子さんを拉致した悪名高き名で知られる千葉県柏児童相談所(筆者撮影)

この事について当編集部ではJCRECと千葉県の児相被害団体の3者で対応に
追われ事態となりました。
現在、当編集部では救出にむけて様々な手段を模索しておりますが、始末の悪い
柏児相は閉鎖するべきだと思っております。

児相問題という大きな問題を抱えている最中にも当編集部の取材カーの
エアコンが不調となり、先日、中古のコンプレッサーに交換しました。

交換されたエアコンのコンプレッサー 今回の中古コンプレッサーは青森県から取り寄せました。


今回の修理は停車時にコンデンサーがオーバーヒートを起こしてエアコンが
停止するというトラブルでしたが、原因をつきとめた結果、まだ一度も交換
していないコンプレッサーと断定し、中古を探し出して交換を行いました。
修理の結果は上々で問題なく作動するようになりましたが、今年に入り、
20万Km達成以後様々なトラブルが発生しておりますが、故障にくじけず
これからも修理をし続けたいかと思います。


暑い夏も終わり、明日からは9月に入ります。
ですが、コロナの猛威は続いておりますので、読者の皆様には安全な秋を
お迎え頂ければと思っております。





2021/08/31(火) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

丸のこを導入しました。

先日の柏児相の拉致問題で対応に追われている最中ではありますが、
本業の仕事においてとうとう丸のこを導入せざるを得ない状況となりました。

本体
ハイコーキ(旧日立工機)製FC6MA3型
社外品のチップソーを装着しております


銘板 東京都職員による窃盗対策として製造番号をハイコーキに届け出ております。

この機種ですが、低価格でありながらプロ用機種と変わらない性能を備えており、
YouTubeでもかなりの高評価のインプレッションがあり、実際に使ってみますと
扱いやすかったのは事実であり、仕事がはかどる高性能ぶりには驚かされました。
そして、今回は社外品ですが、マルチチップソーを装着した事で木材だけでなく、
金属も切断できる事から今後も増える仕事に対応できますので便利になるかと
思います。

忙しい最中ではありますが、今後とも当編集部では順次必要な機器を増備する
考えでありますので、読者の皆様には今後ともよろしくお願い申し上げます。



2021/08/20(金) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

8月1日(2021年)

本日は8月1日、盛夏の始まりです。
今年度は、コロナウィルスのパンデミックとオリンピックの強行開催というメチャクチャな
状態での夏となりました。
冒頭からこのような事を書かなければならないという状況ではありますが、筆者としまし
ては本当に残念でしかないような気がします。
今月はお盆などもあり、人の流れが出る最中で一向にしてコロナウィルスの感染が
止まらない事は様々な場面に影響を与えているのも事実であり、緊急事態宣言が
出ても何の改善に役立っていないのも事実です。
このような事を考えてばかりいては精神的に「鬱になりそう」でしかありませんので
気分転換に四国の玄関でもあります大鳴門橋の写真を一枚掲載する事にしました。

大鳴門橋
四国の玄関口の大鳴門橋です。(筆者撮影)

この大鳴門橋はと淡路島と四国を結ぶ大きな橋で昭和60年に完成しました。
この橋の下は鳴門海峡となっており、他では見る事ができない名物の鳴門の渦潮が
あります。
この渦潮を見るためには橋の下にある観光施設の渦の道観潮専用の船で近づく
必要があります。
今回撮影した場所は千畳敷(せんじょうしき)と呼ばれる場所で観光スポットの一つで
あり、毎年8月には名物の阿波踊りがここでも開催されますが一連のコロナウィルスの
問題で今年も2年連続で中止になっております。
本年度は徳島市で8月15日にWEB中継開催されますが、今年もコロナの夏になる
事は間違いありません。

このように世間はメチャクチャ、児相の拉致強化月間も重なる夏となりますが、読者の
皆様には安全な夏をお過ごし頂ければと思っております。



2021/08/01(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2021年7月)

今月は非常に腹立たしい月でもありました。
7月7日の事件の前に2日に新たな暴力事件が起き、筆者を悩ませる事に
なろうとは思ってもいなかったのは事実です。
そして7日には例年の通り、スーパー問題職員YAによる七夕暴行脅迫事件から
35年を迎えるという最悪な状態でした。
さらに追い打ちをかけるように熱中症の寸前までいき、病院で点滴を点滴を
受けるという事態にまでなりました。
この最悪な2021年の7月は筆者だけでなく、世間もメチャクチャな7月となりました。
国民が開催を反対しているオリンピックを前に千駄ヶ谷駅前では共同親権を巡り
フランスのヴィンセント氏がハンガーストライキを行い、フランス大統領顧問や
国内の国会議員やEUの関係者も駆けつけ、フランスのメディアでは一面記事で
報道される事態にもなりました。
そして23日、オリンピックの開会式が行われましたが、トラブル続出の状態で
あり、スポンサーのトヨタ自動車がオリンピック広告と開会式の出席辞退という
事を受けて経団連や大手のスポンサー企業にも影響を与えたのは事実です。
そして、本日、一連のコロナウィルス感染者数が4,000人を上回り、神奈川県では
1,500人越えというパンデミックも起きており、依然としてコロナウィルスは終息せず
爆発的な感染という状態が続いております。

これらの不穏な動きの中での一ヶ月でしたが、相変わらず児相は例年と変わらずに
拉致強化月間を繰り広げており、施設内暴力と虐待の被害者を増やしているのも
事実であり、さらに不安要素を加えているのも事実です。

このメチャクチャの状態での7月でしたが、明日からは8月、盛夏となりますので
読者の皆様には「コロナ対策」「熱中症対策」「児相の拉致被害防止」を重点に
掲げて安全な夏をお過ごし頂ければと思っております。



2021/07/31(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

7・8月は児相の拉致強化月間です。

今年度も始まりました児相の拉致強化月間ですが、今年はオリンピックの
最中ではありますが、全国各地で拉致被害が続々とツイッター上で報告
されております。
毎年の事ですが、7・8月に集中するのかということは以前にもお話を
させて頂きましたが、一年で一番の拉致ノルマを警察と共に達成し、
保護単価と人数を確保して9月から始まるデリバリーの準備をしているにしか
過ぎません。
今、世界的に見ても日本が共同親権や児相の拉致に対する等の子どもの
人権問題が叫ばれている最中に日本は国連勧告を無視して児童相談所
施設を増やしたり、連れ去り勝ちを許す裁判所の不当な判決等人権
無視した事が平然と行われており、世界からは人権後進国というレッテルを
張られているのは事実であります。
現在、千駄ヶ谷駅前においてヴィンセント氏がハンガーストライキを行っており、
去る23日にはフランス政府の関係者が現場に入った事や日本の国会議員数名も
訪れる事態となっております。
このように人権軽視の日本の児相や施設ではわいせつ事案が絶えず6月には
横浜市の中央児相の職員が同時に2名も逮捕される事態も起きており、子どもの
安全を脅かす事態となっております。
児相による子どもの拉致からお子さまを守る事は非常に大事な事であります。
皆様には児相の脅威からお子さまを守りましょう。

当編集部では今年もキャンペーンを行い、啓発に努めて参りますのでご声援を
賜ります様、よろしくお願い申し上げます。



2021/07/25(日) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

七夕暴行脅迫事件から35年

本日は7月7日、一般世間では七夕で楽しい一夜になろうかと思いますが、
筆者にとりましてはあの忌ま忌ましい昭和61年に発生しました七夕暴行
脅迫事件の日となります。

     山澄正康
       誠明学園が誇る大犯罪者・暴力装置。スーパー問題職員YAこと山澄正康
       筆者に対する殺人未遂・本事件・田無事件等と他生徒への事件を含めると被害と余罪は多数あり、
       しまいには生徒を一人自殺に追い込んだのも事実です。


事件発生から今年で35年を迎えましたが、筆者としましては未だに忘れる事が
できない「オレのガキがグレたらお前(筆者)を殺してやる」という脅迫のセリフは
脳裏に焼きついており、離れる事無く、時代が令和になった今でもスーパー問題
職員YAが筆者の事を殺しに来る悪夢に毎年悩まされているのは事実です。
夢の中であの時の暴力と脅迫の模様が毎年この日の晩に現れ、35年を経過した
現在でも筆者を悩ましているのは事実です。
そして時代が変わってもスーパー問題職員YAが犯した犯罪について未だにOB生徒は
怒り続けているのは事実であり、このネット社会の中でも恨まれ続けている事は
事実であります。

東京都と日本政府は国連勧告を遵守することと併せてこういった暴力職員等の被害
についてドイツやスイスを見習って児童・生徒が受けた損害に対して償いをするべき
だと思います。
それだけでなく、児童相談所の一時保護所を国連勧告と憲法に従って廃止すると
共に様々な詐欺や拉致等で被害を被った子どもたちと保護者にも謝罪と補償を
行う事が必要であるのは事実です。
どうか日本政府には刑法と児童福祉法を改正し、過去に犯罪を犯した職員の逮捕
及び公正な裁判と収監と事件を起こした施設をドイツを見習って閉鎖して頂きたい
かと思います。

35年の事件の日を迎えましたが、今年の今夜も筆者はこの七夕暴行脅迫事件
事で眠れない一夜になりそうです。




2021/07/07(水) | スーパー問題職員YA | トラックバック(0) | コメント(0)

7月1日(2021年)

本日は7月1日、季節は夏に突入しました。
ですが、本日の徳島では雨模様の一日になりましたが筆者は忙しく
駆けずり回る毎日が続いております。
5月頃からですが、取材カーの修理がタテ続けに続いており、新車から19年と
走行距離20万Kmオーバーですが、かわいい子ほど手がかかるのも事実ですが、
細々と修理し続けて参ります。
今月は過去に修理で交換したコンデンサーが詰まっているようで、走行時は冷風が
出るのに停車していると冷風が出ないことからコンデンサーをプロ用の専門の洗剤
にて洗浄を行います。
答えがどう出るかはこれからのお楽しみですが、筆者としましては洗浄で直ればと
と願うこの頃です。
夏を迎えましたが、読者の皆様には雨が続いておりますので、事故等に気をつけて
安全な夏をお過ごし頂ければと思っております。


2021/07/01(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2021年6月)

本日は6月30日、6月も本日で終わろうとしております。
梅雨の季節ですが、筆者は必死に徳島だけでなく、土曜日は愛媛に行く人
状態になっており、四国内を駆けずり回る日々でした。
今月は先月に引き続き取材カーの修理も重なり、バタバタしており、先日は念願
だった徳島市の昭和湯様に廃棄オイルを寄付をさせて頂くなど編集部の渉外活動も
行っております。
そして、社会を見渡せば相変わらずのコロナウィルスの騒動は続いており、先日は
東京で700人を越える新規感染者が出ているにも関わらず菅政権はオリンピックの
強行開催を行おうとしておりますが、未だにワクチンの接種が追いついていない
のも事実であり、このまま来月23日を目前に大規模なクラスターは避けられない
状況であるのは事実です。
菅総理は、国民の意見に耳を傾けてオリンピックの開催を中止するべきだと
思います。

児相や施設では相変わらず傍若無人に子どもを拉致して施設内暴力と虐待の被害者を
増やしているのは事実ですが、ここに来て児相職員によるわいせつ事件が立て続けに
発覚しているのは事実です。
こういった原因の背景には「使い捨て職員」の募集の実態について知っておく事が大事
かと思っております。
つい先日ですが、学校の先生のわいせつ等の処分を受けた者を再び教壇に立たせない
という法案が通りましたが、ここに来て児童相談所がわいせつ教師の逃げ場として
使われているのは事実であり札幌市児童相談所のホモわいせつ事件事例のように
わいせつで処分された職員が児相に行き、事件を起こして実刑判決を受けた事例もあり、
児相や施設の動向には十分気をつける必要があるのではと思います。

今月は忙しいうちに終わりましたが、来月からは7月です。
梅雨はまだ続きますが、梅雨末期の大雨には十分ご注意頂き、楽しく安全な夏を
お迎え頂ければと思っております。



2021/06/30(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

取材カーが20万Kmを達成と廃棄オイルを徳島市昭和湯様に寄付しました



先日ですが、当編集部の取材カーの走行距離が20万Kmを達成しました。
場所は徳島阿波踊り空港入口の交差点でした。
現在の取材カーは平成22年1月に導入し、11年6ヶ月になりますが、読者の皆様のため、
編集部のため、筆者のために大活躍を続けておりますが、最近は、セルモーターとオルタ
ネーターの故障がタテ続けに発生しましたが、年数と距離を考えまして足回りのオーバー
ホールを検討しているのは事実です。
現在、様々な作業を予定しており、材料や工具等を準備しております。
この車ですが、すでに絶版車入りしており(5MT+4WD+1,800ccエンジン)代替車が無い
という事と物を大事にする考えも合せて今後とも直しながら乗り続けるつもりであります
のでご声援の程、お願い申し上げます。


そして、本日は普段からのオイル交換等のメンテナンスで発生しております廃棄オイル
徳島市の銭湯の昭和湯様に寄付をさせて頂きました。
実を言いますと、当編集部が東京にあった頃は大きな処理業者に覆面トラックの分と
合せて引き取りを依頼しておりましたが、事務所が徳島へ移転した事により、
廃棄オイルをどのように処分をするかについて対応に追われておりました。
業者を探していたところ、偶然ですが、徳島市の銭湯様が廃棄オイルを求めている
との記事をネット上で見つけ、ツイッターを開設されているとの事でアクセスし、
当編集部ではオイルがたまったら寄付をさせて頂きますとの約束を取り交わして
おりました。

昭和湯店舗
昭和湯
徳島県徳島市津田本町3丁目3−23
(電)088-662-0379
入浴料 大人400円 小学生150円 未就学児70円
公式Facebook:https://www.facebook.com/1010showayu/
公式Twitter:https://twitter.com/1010showayu

廃棄オイル寄付されたい方は行く前に必ずお店に電話を入れてください。休業等で受け入れが
できない場合があります。
食用油やクーラントやフルード等の異物等が混入した廃棄オイルは引き取れない場合がありますので
ご注意下さい。


昭和湯様では皆様からご寄付を頂いた廃油をお店である銭湯のボイラーの燃料として活用
しており、皆様のお風呂を支えております。

廃オイル缶 当編集部が寄付した廃棄オイルの缶です。

こちらの銭湯様は公定価格の銭湯<都府県知事が価格を設定>で入浴料金も
リーズナブルですので読者の皆様には一度お越し頂いてお楽しみいただき、
廃油を寄付して頂けますと、お店も訪れるお客様ためにもなりますのでよろしく
お願い申し上げます。



2021/06/20(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »