業界スコープ

【手抜き発覚】編集部事務所を棟内で移転することになりました

今年4月30日に当編集部は東京都から徳島県へ移転を行い、すでに半年が
過ぎようとしている最中に突然不動産会社から一本の電話が入りました。
「お宅から1階の部屋に排水が落下して天井や壁などが損傷した」旨を
知らせる電話でした。

洗濯機  ユニットバス
フルリフォームできれいに見えますがトンでもないことになりました。

この話を聞いて、筆者は唖然としたのは云うまでもありませんが、この物件は
フルリフォームをしたばかりであり、筆者が入るまでは誰も入居しておらず
ビックリさせられたのは事実です。
まずは、という事でその日の夕方、筆者は菓子折りを持って下の階の住人に
今回の下水落下についての謝罪を行いました。
相手方様は独身の老人の方で足が悪いという事でしたので本当に申し訳ない
気持ちになりましたが、住人の方は「ゆっくり直しましょう 」の旨のお話でしたので
幸いでしたが、本日は筆者の誕生日だというのに午前中から不動産会社と下水修理
業者と下の階の住人の方と筆者で話し合いを持った上で現象の確認をしました。
この話の中で不動産会社の方からとんでもない事実を聞かされたのであります。

手抜き概要-01
おぞましき手抜き工事の実態です。上からの展開図はコチラからどうぞ

図にあります、共同排水管とユニットバスと洗面台と洗濯機をつなぐ枝管と
共同下水配管が接着剤を使ったトンでもな手抜き工事によって配管されて
いる事実が判明しました。
この話を聞いて筆者は驚愕の衝撃を受けました。
それだけでなく、他の部屋では排水管が勾配をつけないでそのまま床に
転がしてある(所謂、転がし配管)という手抜き工事も発覚しました。
このフルリフォームを施工した大阪の業者だという事も聞かされました。
実を言いますとこの物件は元公営住宅(国管理)上がりのマンションですので
設計等は元公営住宅という事で丈夫な構造ですが、フルリフォームされた
安心な住まいかと思っていたのですが、今回の件には愕然とさせられたのは
事実であります。
本日の結果ですが、修理するにはユニットバスを壊す等の大規模な修理が
必要との判断から棟内で移転をすることになりました。
やっと落ち着いたかと思えば今回の騒ぎですので、筆者としましては不動産
会社に対して、代替の部屋については排水設備を点検して安心できる状態に
して頂きたいという事を申し入れました。

現在ですが、代替措置として洗濯機とお風呂は2つ手前の部屋に仮移動して
行っておりますが、部屋の行き来で寒い廊下を通らなくてはならず、不便ですが、
今後の交渉や引越等も含めて不動産会社と話し合いをさせて頂きたいかと
思っております。
読者の皆様には大変ご迷惑をおかけし、申し訳なく思っております。
情報があり次第お伝えいたしますので、よろしくお願い申し上げます。



2020/11/20(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【季節は関係ありません】タイヤのバーストにはご注意下さい

先日の事ですが、コンビニに駐車し、仮眠を取っていた時の事ですが、
眠気眼の状態でパーンという音が聞こえたのですが、起きて買い物をしようと
降りたところ、タイヤがパンクしているのを発見しました。
ジャッキで持ち上げている最中に筆者は恐ろしい事実に気づく事になろうとは
思ってもいませんでした。

バースト側面から

側面ではパンクしているように見えますが、トレッド面を見ると

バースト破裂面
バースト(破裂)しておりました!<まだ、溝の深さは十分にあるではないか!?

この原状に筆者は驚きました。ですが、今回は停車中に発生しましたので大事に
至らなかったのが不幸中の幸いでしたが、走行時に発生すればホイールまで
損傷を受け(新品ホイール<40300-71L70> 9,914円税込+新品タイヤ約11,000円税込+工賃)
約2万円強の大出費になるところでしたが、ホイールに損傷が無かった事から徳島
県内で中古タイヤを探したところ、徳島市にある中古タイヤ業者を見つけ出して
交換となりました。
今回の交換費用はオール込み(タイヤ+バルブ+着脱+バランス+廃棄+消費税)5,500円で
済みました。
バーストは空気圧が低かったり、夏のような暑さ等の諸悪条件が揃うといつ起きるか
わからない悪魔の故障というべき現象ですので、読者の皆様におかれましては
溝の深さは元より、空気圧については1月に一度はガソリンの給油時に点検を
お願いしたいかと思います。(わからない・できない方はスタンドの店員に声をかけて下さい)
今回は右後輪でこの事が起きましたが、車種や場所によってはフェンダーや
エアロパーツ等に損傷が及ぶと高額修理になりますので、くれぐれもタイヤの
点検だけは行うようにして頂きたいかと思います。




2020/11/14(土) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

11月1日

本日は11月1日令和2年も残すところ2ヶ月となりました。
先程まで、児相拉致強化月間もあり、新作のビデオを制作しておりました。
今年は共同親権問題とクロスする形で大きな動きがある最中ではありますが
依然として児相による拉致には十分ご注意頂きたいかと思います。


新作の拉致強化月間注意喚起ビデオです。

徳島県も先日から段々寒くなってきており、ついに石油ファンヒーターを引っ張り出して
しまいましたが、建物が鉄筋コンクリートになった事もあり、以前は2台も稼働する
状態でしたが、1台作動させるだけで事務所全体が温かくなりますので、今年の冬は
経済運転でいけそうな気がします。
このように冬が段々近づいておりますので読者の皆様には冬の準備を始めて頂き、
快適な冬をお迎え頂ければと思っております。
残すところ2ヶ月ですが、体調管理にはご注意頂き年末の師走を無事に乗り切り、
新しい年をお迎え頂ければと思っております。



2020/11/01(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2020年10月)

秋も深まり、冬の音も近くなってきました。
今月は某氏の件で駆けずり回る時間にかなりかかっていた
ような気がします。
本日は10月の最終日となり、今月はリメンバー田無デーもあり、
非常に忙しかったような気がします。
明日からは11月に入りますが、令和2年も怒濤の中で残り2ヶ月と
なりましたので年末年始へ向けての準備をして頂き、事故もなく無事に
年末をお過ごし頂ければと思っております。




2020/10/31(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【使い捨て職員】児相の職員の専門性が育たない実態

先日の事なのですが、当編集部のツイッターコーナーにおいて掲載した
1つの記事が短時間にアクセス数が1,000回を超えました。

RAFAA235010202010231309504425281765980240147654-01.jpg
ハローワークにおける任期制という名の使い捨て職員募集の求人票です。
画像は東京都の例です。
ハローワークのHPで検索すれば全国で使い捨て職員の募集を見ることができます。


この求人票を見ておりますと3年単位での非正規職員の募集であり、明らかに
使い捨てを目的としている事がお分かり頂けるかと思います。
これら専門教育も受けていない素人を配置することで各方面で問題を起こす
事例が多数報告されており、3年に満たない期間で専門性を延ばすことは
不可能でしかありません。
正規職員であれば、施設に逃げたりしますが、非正規の使い捨て職員
何かがあればすぐにクビを切ればよく、「退職しました」の一言で逃げる事で
証拠隠滅に利用することができると云うトカゲのしっぽでしかないのも事実で
あり、児相の職員の中身は「元施設の職員+使い捨て職員+他部署
から飛ばされた素人の集まり
」でしかないのは事実であります。
ある方の話によりますと、使い捨て職員がデタラメ+違法公務をしたり、
子どもが施設を退所後に300Km以上離れた転居先に押しかけて来たり、
名前を個人情報だと言って隠蔽している者がいると云うのですから何も教育が
されていないのは事実であり、無責任な事しかしていないのも事実です。

専門性を育てるというのであれば、このような使い捨て職員の募集と他部署
や施設からの使い回し職員を使うのではなく、専門の教育機関を作り、専門
教育を受けた職員を配置し、配置された職員を施設との行き来を禁止し、国連
から指摘されている拉致報奨金と拉致ノルマを廃止しない限り専門性は育た
ないのは事実であります。
全国の都道府県はいますぐ、使い捨て職員の募集をやめるべきだと思います。


2020/10/25(日) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

リメンバー田無 田無での暴力事件を忘れるな2020

本日あの忌ま忌ましい昭和63年10月17日に発生した東京都立誠明学園
職員スーパー問題職員YAによる田無での暴力事件が発生した日です。
本日で事件発生から32年を迎えました。

田無の自宅

本日現在も加害者であるスーパー問題職員YAと東京都は未だに謝罪の一言も
無く逃げ回っており、被害者を苦しめているのは事実であります。
昨年のキャンペーン以後、共同親権団体と児相被害団体の動きが活発になり、
日本維新の会などの政党が動き出したかと思うと大手のミツカン製品不買運動
にも発展したばかりでなくドイツ・イタリア・フランス・イギリスでは日本への渡航
について渡航注意勧告が発せられる事態になっております。
そればかりか、EU(ヨーロッパ連合)では非難決議が行われる等国際社会から
非難を浴びる事態となっております。
その一方で国内では児相拉致を巡って小平児相が2度目の訴訟を東京地裁に
提訴されたり、四国の某県の児童自立支援施設から焼酎のビンが発見されたり、
国立きぬ川学院で生徒が1名自殺したり等児相と施設は相変わらずやりたい
放題の実態が次々と明らかになっているのは事実であります。
その状況の中で本日のリメンバー田無デーを迎えたわけではありますが、未だに
東京都は逃げ回っている事を見ておりますと筆者・編集部としましては許すわけ
にはいきません。
32年逃げ回っても日増しに卒業アルバムの損害は1日ごとに増えているのも
事実であり、過去の試算からして本日現在で1億円を超えているのは事実で
あり、筆者を悩ませているのは事実であります。

こういった最中でのリメンバー田無デーを迎えるに当たって今年度のアピールを
発表させて頂きたいかと思います。

逃げれば逃げるだけ損害賠償は日々増える
東京都は卒業アルバムの損害を償え!


東京都はスーパー問題職員YAの退職金を返納させろ!

日本政府は国連勧告にしたがって施設内暴力と虐待を
根絶せよ!


リメンバー田無田無での暴力事件を忘れるな2020年のアピールと
させて頂きます。


当編集部では今後も施設内暴力と虐待と児相の不当な拉致について戦う方針
でありますので、今後もご声援を賜ります様、よろしくお願い申し上げます。



2020/10/17(土) | スーパー問題職員YA | トラックバック(0) | コメント(0)

10月1日(2020年)

本日は10月1日、秋も段々深まってきております。
4月末に事務所を東京から徳島へ移しましたが筆者の周りでは某氏の
お金をめぐる騒ぎと病気の事を巡ってのやりとりに追われております。
その一方で筆者のプロジェクト計画が二転三転しており、頭を悩ます
事が続いております。
読者の皆様にはおいしい秋をお楽しみ頂ければと思っております。
先日も筆者は編集部の事務所でストックのカレーを作りましたが
うまくできました。



そろそろ、冬も近づいており、日に日に気温も下がってきておりますので
健康には十分ご注意いただき、、読者の皆様にはおいしい秋を
コロナに負けずに安全にエンジョイして頂ければと思っております。


2020/10/01(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2020年9月)

今月は様々な動きがあり、本当に疲れました。
その忙しい最中に四国地方の児童自立支援施設のゴミから焼酎のビンが
発見されて写真が読者様より寄せられたり等のスクープも発生し、昭和の時代の
悪い伝統が令和になった今でも続いているという事実も判明しました。
その一方で共同親権団体によるオレンジパレードが大阪で開催されたり、
新聞等のメディアにも取り上げられる等大きな動きがありました。
この最中でも児相による拉致問題は共同親権問題にも影を落としているのも
事実であり、相変わらず、日本全国で問題になっているのも事実であります。
これらの動きの中で筆者も大きな動きがあり、詳細は今現在は書けませんが
着々と進めているのも事実であります。
明日は10月、秋も深まってきますので、コロナに気をつけておいしい秋を
お楽しみ頂ければと思っております。



2020/09/30(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【全国に蔓延する職員の悪しき伝統】職員の施設内での飲酒の実態

先日の事ですが、四国地方の読者の方から衝撃的な写真が編集部に
寄せられ、筆者は未だにか云う実態を見せつけられました。

syoko.jpg
四国地方の某児童自立支援施設のごみ捨て場から発見された焼酎のビン(720ml)
この焼酎の製造者は石川県の酒造会社との事です。


この写真は四国地方の某児童自立支援施設のごみ捨て場内に
捨てられていた焼酎のビンです。誰がどう考えても焼酎は料理に
使うために使ったとは云えず飲むためのものでしかありません。
この証拠写真からして明らかに職員が施設内で飲酒を行っている
決定的な証拠です。
当該施設の職員は交替制ですから勤務中に飲酒が横行している
としか云いようがありません。
この事ですが、筆者が昭和63年に誠明学園のスーパー問題職員YAを
都庁に告発した際にも職員の飲酒問題を指摘
しておりますが、平成に入っても
B4の江角義男やハイパー問題職員AS等の飲酒が問題になっていたのは事実
でありますが、職員の勤務中の飲酒がこのように四国地方でも発見された事実
からして全国の児童自立支援施設の業界では悪しき昭和の伝統が令和の時代
にまで受け継がれている実態を見ますと非常に呆れたのは事実であります。

児童自立支援施設の業界は昭和の時代からの悪しき昭和の伝統から脱却
するべきであり、未だに続く職員による暴力と虐待によって子どもたちが
トラウマやPTSDや後遺症に悩まされている事を考えるべきであり、業界内の
クリーン化と併せて謝罪と補償とアフターを行うべきであります。
そして国は国連の勧告を受け入れて職員による暴力と虐待を行った職員を
処罰する法律を作るべきであります。

呆れた四国地方の某児童自立支援施設の職員の飲酒問題でした。



2020/09/12(土) | 児童自立支援施設/少年院/刑務所の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

9月1日(2020年)

本日は9月1日の入り口と共に関東大震災の日でもあります。
今年度の編集部では4月末に東京から徳島へ移転しましたが、関西に近く、
95年の阪神淡路大震災も発生したエリアの範囲内です。
そして徳島だから安全かと思ったら大間違いで南海トラフ地震が予想されている
エリアに入っておりますので油断できないのは事実です。
本日全国各地で様々な防災に関する訓練が行われたかと思います。
いつ起こるかわからない大きな地震には読者の皆様には十分ご注意頂きたい
かと思います。
季節もに入り、先月は安倍総理の辞任に関する問題も報じられ忙しい状態
が続いておりましたが、読者の皆様にはおいしいを満喫していただければと
思っております。


2020/09/01(火) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »