業界スコープ

ディスクグラインダーを代替しました

昨年、東京から移転する寸前に19年以上使っておりましたディスクグラインダー
<通称名サンダー>が故障してしまい、徳島に移転後に代替しました。
この機械は筆者すれば非常に仕事をする上ではなくてはならないものであり、
特に地方にいますと頻繁に使う道具の一つとなっております。

破損したサンダー  破損したカバー
移転直後で予算が無く、ホームセンターの激安品で代替した結果、半年経たずに壊れました。
写真左:回転部のカバー側面からのグリス漏れ 写真右:保護カバーが脱落し、破損


なぜかと言いますと、地方にお住まいの方はお分かりだと思いますが様々な
修理や制作等の作業を自分でする事が非常に多く、生活から仕事に至るまでの
場所で様々な電動工具やエンジン工具が動いているのは事実です。
その中でドリル、ディスクグラインダー、丸のこ等は三種の神器ならぬ三種の
必須工具と言われており、筆者・編集部の場合、茨城時代の経験もあり、
東京でもすでに溶接機や高速切断機などを保有するまでになっていたのは
事実ですが、これらの工具は時には工事現場等に持ち込んでの使用も多く、
今回は正しく徳島県内の某農業水路トンネル内の工事現場でコンクリートの
壁を清掃するためにケレン作業を(皮スキや電動工具等で汚れやサビ等を取る作業の事を
言います)
するためにケレンカップというアタッチメントをディスクグラインダー
装着して使用しておりましたが、作業中に保護カバーが脱落して飛ぶわ、
回転部の側面からはグリスは漏れるわ、振動がひどい等の症状が起き、
いつ止まるかわからないような状態になりました。

そこで今回、筆者・編集部では少々高価ではありましたが、以前、中古で購入
した高速切断機
と同じメーカーのハイコーキ(旧日立工機)製のものに代替する
ことにしました。

新サンダーハイコーキFG10SB3
ディスクグラインダー ハイコーキFG10SB3
東京都職員による窃盗対策として画像を一部加工しております。


業務用製品のメーカーの物だけあって、購入時にはさまざまな箇所を入念に
チェックしてから選択することにはなりましたが、保護カバーの作りを見ても
しっかり出来ており、これなら当面はしっかり稼働してくれればと思って
おります。
今回故障したディスクグラインダーは捨てるのではなく、もう一度チェックして
整備をした上で予備機としておこうと思っております。
短期間での故障で高い買い物につきましたが、今回は値段の価値と信頼性
について考えさせられたのは事実でありますが、安い物には安いなりの理由が
ある事を今回は考えさせられたのは事実です。
「良い仕事は良い道具から」という言葉の意味も思い知らされましたので
読者の皆様にはこのように「安物買いの銭失い」とならないようにお願い
したいかと思います。



2021/01/17(日) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

コロナ感染緊急事態地域が増える模様です

先程、報道を見ておりましたら緊急事態宣言の地域が関東1都2県から
大阪京都などの関西圏でも地域を追加する要請が政府に出されました。
これらの動きからして地域の拡大が増える可能性が増えてきましたので
報道等の情報にご注意頂きたいかと思います。
こういった時に限ってデマが出回りやすいので、情報は正確なものなのかを
見極めた上で正確な情報に基づいて行動するようにお願い申し上げます。



2021/01/08(金) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

2度目の緊急事態宣言が発令されました。

本日夕方ですが、東京埼玉千葉で2度目の緊急事態宣言が発令されました。
昨年4月に続き2度目となりますが、この前後をして東京では2000人を超える
感染が発表され、このコロナの感染爆発には驚きを隠せないのは事実です。
ですが、この菅政権はここまで拡大するまでGOTOだの感染を広める事
しかしていなかったのは事実であり、日本医師会も散々警告をしているにも
関わらず、聞き入れようともせずに今日まで放置した事は許すわけには
いきません。
一部で昨年のトイレットペーパーが無くなるなどのデマも出回っておりますが
製品は日本国内で製造しており、在庫も十分にありますので、買い占め等を
行わない事とデマに振り回されないようにお願いいたします。
正確な報道等に注意し、コロナに感染しないように行動をするようにお願い
申し上げる次第です。




2021/01/07(木) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

1月4日(2021年)

本日は1月4日、御用始めの日です。
今年は昨年に続いて一連のコロナウィルスが終息しない最中での
年始となりましたが、昨年暮れには東京では1000人を超える感染が
発表されるなど、暗い話題が続いております。
この最中で筆者は昨年から続く事務所の移転作業の片づけ等に
追われており、7日にはネット回線の移動工事等もあり、バタバタして
いるのが原状です。
読者の皆様にはコロナに負けずに新しい年をお迎え頂ければと思って
おります。



2021/01/04(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

謹賀新年(2021年)

新年挨拶2021年

新年、あけましておめでとうございます。
今年一年が読者の皆様にとってよい年になることを祈っております。

                         令和3年元旦

                            業界スコープ編集部
                            業界レーダー編集部
                            公用回線ウォッチャー

                             編集長 業界のフォーカスマン

2021/01/01(金) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

年末のご挨拶(2020年)

本日は12月31日、大晦日です。
本年度も最終日とはなりましたが、今年一年を振り返りますと、激動の一年
だったかと思います。
世の中も一連コロナウィルスによって世界中が恐怖のどん底に入った事に
よって日本国内でも大きな変化があったのも事実です。
国内を見ておりますと、共同親権問題が大きな動きを起こし、国際社会から
非難を浴び、7月にはEUでの非難決議が可決される等の動きもあり、10月
には兵庫県明石市での児相による拉致がマスコミにクローズアップされた
事から誤認保護という名で児相の拉致問題にも大きな動きもありました。
この事を受けてか12月に入り施設内虐待の実態をめぐる調査結果が
公表(といっても小出しにしか過ぎませんが)されたのも事実です。
このように共同親権も児相問題もどちらの派であっても主役はお子さま
であることには変わりなく、これからもどちらの派であってもお互いに
助け合い来年もこれらの問題について共闘し、問題の解決について
進む必要があるのは云うまでもありません。
この最中、当編集部では2月のオレンジパレードに参加したりの活動を
進めるなど後方支援メディアとしての活動を続けております。

当編集部の大きな動きとしては4月末に事務所を東京から徳島への移転を
発端として大きな動きがありました。
それは施設の業界が未だに変わっていないという実態を目の当たりにさせ
られたのも事実です。
その現れが9月にお伝えした施設内での職員の飲酒問題で読者の方から
衝撃的な実態を知らせる写真が当編集部に寄せられ、当編集部のツイッター
コーナーでは連日の議論が行われていたのも事実であり、何年経っても
変わらない業界の実態には呆れたのは事実です。
この騒ぎの最中に又しても編集部の事務所では下水道の手抜き工事による
下水落下という事故が発生し、昨日移転が完了しました。


昨日の移転の模様。作業員3人で約3時間弱かかりました。

片づけも残っておりますが、本日は年末の大仕事に追われている最中で
この記事を書いておりますが、今回の再移転には本当に疲れました。

このように世界も日本国内も当編集部も激動の一年であっと言う間に一年が
終わったような気がします。
来年は読者の皆様にとって良い年になる事を祈り、年末ご挨拶とさせて
頂きます。
一年間、ご愛読頂き、ありがとうございました。
来年も皆様のご発展を祈り、年末ご挨拶とさせて頂きます。

                            2020年12月31日

                              業界スコープ編集部
                               編集長 業界のフォーカスマン





2020/12/31(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

メリークリスマス(2020年)

EqE7y-OUYAUS0Q2.jpg

本日は12月25日クリスマスです。
例年ですと、24日の配信になりますが、今年は一連のコロナウィルス
問題から徳島移転後初ですが、質素なクリスマスとなりました。
本日の筆者は30日の移転に向けて住民票の異動と運転免許の住所の
書き換え等の手続きに奔走することになりました。
これにプラスして恒例の取材カーの車検も年内28日に香川県で行う事も決まり、
整備等もしなければならない状態となっており、タイトな年末となっております。
このように忙しい最中ではありますが、読者の皆様にはコロナに負けずに
楽しいクリスマスをお過ごし頂ければと思っております。
ただいま、コロナウィルスの第3波が猛威を振るっておりますので、皆様には
感染予防を徹底し、新しい年を迎えて頂ければと思っております。

2020/12/25(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

事務所移転のお知らせ

年末のお忙しい最中のお知らせとなりますが、先日の記事で当編集部
事務所下水設備に重大な瑕疵によって1Fの住民の方のお宅に下水
落下させた事故が発生した事をお伝えしましたが、先日、筆者及び不動産
会社との協議に基づき移転日が決定しました事をお知らせ申し上げると
共に読者の皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳なく思っております。

今回の移転ですが、補償に基づく棟内の2Fから3Fへの移動となりますが、
年末の押し迫った最中に行われる事から他住民の皆様には大変ご迷惑を
おかけすることになり、申し訳なく思っております。
ご迷惑を最小限度にするためにも今回は前回に引き続きサカイ引越センター
様のご協力の元に行わせて頂き、万全な作業で行わせて頂きたいかと
思います。

  移転日:令和2年12月30日午前9:00より

尚、今回の移転作業におきましては、住所や電話などに変更はございませんが、
引き続きご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。


                             令和2年12月21日

                                    業界スコープ編集部
                                    業界レーダー編集部
                                    公用回線ウォッチャー
                                     編集長 業界のフォーカスマン



2020/12/21(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

12月1日(2020年)

本日は12月1日令和2年も残すところ30日のところまで来ました。
今年はコロナウィルスの問題と併せて当編集部にとりましては
激動の一年だったかと思います。
読者の皆様におかれましても、師走の始まりですので錯綜する事が
多くなりますが事故やけがや病気に気をつけて無事に新年が迎えられる
事をお祈りいたします。


2020/12/01(火) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2020年11月)

本日は11月30日、本日で11月も終わろうとしております。
今月は短い間に様々な事が起こりましたが何とか終わろうとしております。
今月一ヶ月を振り返ってみる事にしたいかと思います。

児相・共同親権問題
恒例の児相による拉致強化月間でした
毎年の恒例行事のように児相による拉致強化月間が行われました。
今年はEUでの議決や共同親権団体の動きも活発化する一方で連日の
ように当編集部のツイッターコーナーには児相の拉致問題や共同親権の
話が連日寄せられており、児相による拉致や国連勧告無視等による悲劇な
状況が続いているのも事実であります。
この児相の拉致や子どもたちが受ける被害をこれ以上増やさないために
JCRECと連携して児相による拉致強化月間についてのキャンペーンを行いました。

父子分断を行うミツカンに対する抗議キャンペーンを展開しました。
マスコミ等でご存じの方が多いかと思いますが大手企業ミツカンの創業者一家の
親族であります中埜(なかの)大輔さんのお子さんを会社組織を挙げての父子分断問題
について当編集部のツイッターコーナーにおいて抗議キャンペーンを展開しました。
このツイートはかなりの反響があった事から先程、抗議キャーペーンの動画を
当編集部のYouTubeコーナーにおいて公開させて頂きました。


中埜大輔さんのツイッターサイトはコチラにございます。
当編集部ではご覧の動画の通り、抗議のためミツカン製品を廃棄させて頂きました。


読者の皆様にお願いですが、このような反社会的な行為を行っております
ミツカンに対する抗議としまして不買とご家庭の在庫の廃棄とスーパー等の
販売店に対してミツカン製品の撤去を求める声をお客様相談室やお店の
投書において撤去の要望をお願い申し上げます。


筆者・編集部
事務所の再移転問題が浮上しました
記事でもお伝えしました通り、今年4月30日に移転をしたばかりの事務所の
下水設備の重大な瑕疵をめぐって先日不動産会社との話し合いが持たれ、
最終的な合意として事務所を棟内3階へ移転することになりました。
ただいま、移動を行うための準備に追われておりますが、12月中には移動を
開始できればと思っております。
詳細が分かり次第お知らせいたします。

取材カーの接触事故が発生しました
16日の事ですが、編集部の取材カーがコンビニの駐車場においてミニバンと
接触する事故が発生しました。
今回は筆者がバックする際に確認を怠り、下がり過ぎたために発生したもので
筆者側に非があります。
相手側様にはご迷惑をおかけし申し訳なく思っております。
修理に関しましては万全の体勢で保険会社と共にさせて頂きますので
よろしくお願い申し上げます。

当編集部事務所で筆者に対して住民の自粛警察女性が暴言を吐きました
25日の18:30分頃、突然、事務所の呼びのブザーが鳴りました。
ちょうどその頃は食事中で何の事かと思い、玄関に出ますと住民の女性が自転車
置き場に赤いスクーターが置かれている事に関する訳のわからない話を始め
ましたが、要するに自分の置く場所(場所の指定はありません)にバイクを置かれた
からお宅のかと聞いて来ましたが、当編集部ではバイクは所有しておらず、取材
カーしかありませんので違うと言ったところ、二言目には「ここは老人が多いから
部屋の中でもマスクをしろ」と言わんばかりの暴言を吐かれました。
カチンときた筆者は速攻で不動産会社に「ここには自粛警察がいるのか!?」と
吐かれた暴言について通報をさせて頂きました。
そして、翌26日昼に不動産会社から電話があり、朝礼にてこの件を報告した
ところ、社内でかなりの問題になっているという話を聞きました。
まさか、こんな所にも自粛警察がいるとはビックリさせられたのは事実ですが、
今後、当編集部や筆者に対してこのような暴言や嫌がらせなどの自粛警察
行為をするのであれば法的処置と併せて本サイトにおいて実名を含む情報を
全て公開させて頂きますのでご注意頂きたいかと思います。
※この事は不動産会社の担当者にも通告してあります。
ただでさえ、徳島県は緊急事態宣言の際に高速道路の出口で県が職員を
配置して監視した事で自粛警察による投石や誹謗中傷や県外ナンバー車
への煽り運転等が問題になり評判を落としておりますので徳島県民の皆様
には考えを改めて頂きたいかと思います。


今月は短い時間に様々な事が起き、筆者はてんてこ舞いな毎日でしたが、
来月は12月、師走になりますので読者の皆様には事故やケガなど無く
無事に乗り切って頂き、楽しい年末年始をお楽しみ頂ければと思っております。





2020/11/30(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »