業界スコープ

取材カーのオルタネーターを交換しました

先月の下旬頃から取材カーのバッテリーが上がりやすくなる現象が
起き、バッテリーを交換して様子を診ておりましたが、一向に改善せず
補充電を事務所で繰り返す等頭を痛めておりましたが、新車から18年を
経過しており、走行距離も20万Kmに迫る事もあり、リビルド品でオルタ
ネーターを交換することにしました。

施工前2 エンジンルームの様子です。

施工前 今回はオルタネーターの交換です。

この部分ですが、前回のエアコン修理の最終回でベルトの調整がうまくできて
いなかったために千葉県君津市でベルトが切れて自走不能になり、レッカーで
東京のディーラーで緊急修理を受けた箇所
をさわりますので今回は入念に
確認を行いながら行います。

まずは取り外しにかかります。写真にある赤いキャップを外してB端子の
ナットを外してコネクターも引き抜きます。

コネクタ類外し

次に後輪に歯止めをかけて右前輪をジャッキアップして外し、エンジンと
タイヤの側面のカバーを外してテンショナーのプーリーのナットをゆるめて
からオルタネーターとエアコンのコンプレッサーの間にある調整ナットを
ゆるめてからテンショナープーリーとテンショナー本体を外します。

テンショナー
このボルトは非常に回しにくいです。おまけに8mmと
小さいので使える工具が限られます。


ベルトを外したらオルタネーター本体を外します。
上のボルト2箇所とエンジンに止まっているアース線と下側のボルト2本を
外しますが、特に右下側のボルトは容易に外せそうに見えますが、
とんでもない箇所に遮熱板があり、ロングのスパナか下から潜って回すなどの
工夫が必要です。
今回はあらかじめ購入してあったスピンナーハンドルがありましたのでソケットを
つけて何とかゆるめました。
そして、オルタネーター本体を外す際にはバールを準備しておいて下さい。
けっこうキツく入っていますのでご注意下さい。

新旧比較
写真の上側が取り外したもので写真の下がリビルト品です。

今回はリビルド品で東京の会社に注文したところ、何と翌日の午前中には
届くという超高速配送にはびっくりしました。この部品ですが、兵庫県尼崎市に
本社を構える専門メーカーさん
から直接発送されていた事もあり、あっと言う間
に届きました。

取り付けは逆の手順で行い、無事に終了しました。
前回の失敗箇所もきちんと調整を行いましたので、エンジンをかけて点検をし、
電圧測定も行いました。
交換前より電圧がスムーズに出ていましたので、同梱されていた送り状で
コア返却を行うのと試運転もかねて運送会社の営業所に行きました。

施工完了

しかし、返却後に買い物をしていた際に又もや悲劇に襲われるとは思っても
いませんでした。
バッテリーが上がったのです。そして保険会社のレッカーのお世話になり、
事務所へ戻るハメになりました。
そして保険会社からは特約に基づいて修理期間中の代車のレンタカーが
提供されましたので不動産会社に期間中隣の駐車スペースに置く事に
ついて承諾をいただきました。
保険会社の特約で提供されたレンタカー トヨタタンク 保険会社提供のレンタカー

この後も続きがありますが、後日、改めて書く事にしたいかと思います。







2021/05/02(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

5月1日(2021年)

本日は5月1日、連休の始まりとなります。
本年度の連休は昨年に引き続き新型コロナウィルスが蔓延し、
緊急事態宣言が発令される最中での連休となりますので、引き続き
新型コロナウィルスの感染にはご注意頂き、外出も控えて頂ければと
思っております。
本日の編集部では昨日の総論にもありました、取材カーの修理を行う
事になっております。
何とか修理がうまくいけばと思っておりますが、頭の痛い連休になりそうな
気がしておりますが、読者の皆様には安全で楽しい連休をお過ごし頂ければと
思っております。




2021/05/01(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2021年4月)

本日は4月30日、4月も終わろうとしております。
今月は年度始めと重なり、恒例の人事異動もあり、そのどさくさに
以前から問題の多い児相で知られる八王子児相の所長の前川広宇見が
古巣の誠明学園に園長として戻り、誠明の業界を江角義男と同然に
震撼させる動きもあり、施設内暴力と虐待に拍車がかからなければと
思うこのごろです。
そして、先月の末ですが、名古屋地裁ではマンションの日照権をめぐる
裁判において「子どもの権利条約を遵守しなければならない」旨の画期的な
判決が
出ており、今後の国際法や条約が絡む裁判において大きな
動きが期待されます。

今月の当編集部では春を迎え、本日で移転から1周年を迎えました。
この1周年を迎えるに当たって企画を考えていましたが、困った事に取材カーが
故障する事態になっており、部品手配に追われたり準備などでバタバタする
事になるとは思ってもいませんでした。
幸いな事に明日から5月連休になりますので、修理をすることにしますが、
しばらくはバタバタしそうな気がします。

明日からは5月の連休に入りますが、筆者・編集部では先程の話にも
出てきましたが取材カーの修理に入ります。
読者の皆様には引き続き、新型コロナへの対応をして頂き、楽しい連休を
安全にお過ごし頂ければと思っております。




2021/04/30(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【これは便利】中古圧力鍋を導入しました

連日のコロナ禍の中で大阪で連日のように感染者が1000人を越えると
云う良くない話が続いておりますが、この暗い状況を吹き飛ばすべく、
中古ではありますが圧力鍋を導入しました。

Eyl6_adVcAE-ksY.jpg
リケン圧力鍋 6L仕様
このメーカーは他社と合併した上で圧力鍋の生産を中止しております。


売買時 売買時の模様です。今回の出品者は福岡県の方でした。

筆者・編集部では以前から欲しいなぁと思っておりましたがホームセンターの
商品だとサイズ小さすぎるという事とYouTube上での家庭用小型圧力鍋の容量が
小さく材料を入れた時にガサが容量をオーバーしやすく危険な動画を見ており
ましたので容量オーバー等の安全対策と大量にカレーのストックを作る関係から
4L以上の中型クラスの物を以前から探しておりました。

※昔からフォークリフトやショベルなどの重機は安全の面から大きな方が良いと言われております。
諺(ことわざ)。<大は小を兼ねる>


希望する容量の機種になりますと、価格が一気に2~4万円と値段が跳ね上がり
高価であることからオークションからフリマまで首を長くして探していたところ
フリマサイトにて程度の良い中古品が驚きの価格で出ておりましたので購入する
事にしました。
届いた商品を改めて確認したところ、状態も非常に良く、パッキン等も痛んで
いませんでしたので、試験として水1Lとこんぶを入れて試験した結果、良好でした
のでさっそく肉じゃがを作ってみました。

Eym41rNUUAAChnE.jpg 試作第一号のにくじゃが(筆者作)

結果は良好で沸騰しておもりの回転が安定したところで弱火で3分煮たところで
火を消して圧力が下がるまで置くだけで調理のほとんどが終了し、ふたを外して
から仕上げるだけで済みますのでスピーディーであるばかりかガスも節約できる
だけでなく、煮物をする上でやっかいなにんじんなどの固い野菜等も柔らかく
なっておりおいしく頂けました。

先日も実験としてガラスープの試作をしましたが、よくあるレシピ集の通りに20分の
圧力をかけて試験をしましたが、ダシがあまり出ておらず、元ラーメン店の店主さんの
動画
の通りに1時間煮たところでダシが出てきていましたので長時間煮る際は
ガス料金節約のため<当編集部事務所はLPガスです>カセットガスコンロとの併用を
おすすめいたします。
あと、お手入れの際には必ず蒸気が抜けるおもりや通路の点検と事故防止のため、
お使いになる前に必ず取り扱い説明書をよく読んで理解してからお使い下さい。

コロナ禍の中でご家庭で調理をする機会が多いかと思いますが、おいしく節約も
できる圧力鍋を使った料理をご堪能頂ければと思っております。




2021/04/18(日) | Kitchen Studio | トラックバック(0) | コメント(0)

4月1日(2021年)

本日は4月 1日です。新年度の始まりとなります。
コロナ禍の中での新年度を迎える事になりましたが、相変わらずコロナの
感染の拡大は止まるどころか、急増する事態となっております。
大阪では本日の感染者数が616人と猛威を奮っている状態となっております。
それだけでなく、本日はもう一つ困った事も起きております。
それはと云いますと、足立児相時代に拉致で訴訟を提起された曰くのある
誠明学園B5出身の前川広宇見が八王子児相から誠明学園の園長になった
という事です。
八王子児相で散々拉致問題で悪名高い人物を誠明学園の園長に据える事は
以前お話しました江角義男のように訴訟が提起されたり、恐怖政治的な
学園の運営が行われる懸念があるからなのです。
頭痛の種が一つ増えたのは事実ですが、今後とも当編集部としましては
監視を強めて参りたいかと思っております。

読者の皆様におかれましては引き続き新型コロナの感染にはご注意頂き、
無事に5月の連休が迎えられる事を祈っております。


2021/04/01(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2021年3月)

本日は3月31日、年度末最後の日となりました。
世間を見渡しますと大阪ではコロナ感染者が600人に達する騒ぎと
なっております。
今月は激動の中で終わった感じがしております。
今月を振り返ってみたいかと思います。

新型コロナ関連
徳島県鳴門市の病院でWクラスターが発生しました
25日の事ですが、徳島県鳴門市にあります南海病院(精神)と山上病院(老人)で
Wクラスターが発生しました。
どうしてこのような事が起きたかと云いますと、職員の夫婦がそれぞれの病院に
勤務していた事が明らかになっておりますが、どちらが先に感染したのかに
ついては報道では明らかになっておりませんが、恐ろしい事が起きた事には
変わりありません。

沖縄・東京・大阪・仙台では感染者数が激増しております
本日大阪では、コロナ感染者数が600人に迫る状態になりました。
緊急事態宣言を解除してから爆発的に増えているという最中でこの発表には
驚きと衝撃を覚えたのは云うまでもありませんが、読者の皆様におきましては
引き続きコロナの動向にご注意頂きたいかと思います。


写植業界
2つの衝撃が業界内を駆けめぐりました
1月18日の事ですが、長年東西を経営者同士で対立を繰り広げてきた写研と
モリサワですが、何と写研の書体をモリサワと共同で開発と販売を行う事
発表するという衝撃の出来事が起きました。
この2社ですが、元々は一緒に写植機器や文字盤等を共同で作っていましたが、
経営トップが対立して犬猿の仲のごときに訴訟合戦を繰り返してきた歴史があります。
そして写研ですが、自分のところのシステムを固持して高額の機器ばかり出したり、
新しい事をしようとしても社長がブレーキをかける等の時代錯誤な体勢を続けていた
結果、シェアを落とし、売り物でもある書体を一般に出さなかったために近年では
道路標識等がモリサワや独自デザインに変わるなどジリ貧状態が続いていたのは
事実です。
ですが、写研の社長が交代した事によって3月18日に公式HPを発表までになりました。
これらの動きを受け、筆者だけでなく数多くの出版印刷業界に大きな動きになった
のは云うまでもありませんが、発売される事を楽しみにしたいかと思います。


施設問題
施設内暴力と虐待被害者への応援キャンペーンを展開しました
埼玉県の養護施設を出た後にホームレスを経験されました尾中祐樹さんについて
応援キャンペーンをツイッターにおいて展開しました。
尾中さんは埼玉県熊谷市にある養護施設雀幸園において筆者と同じく施設内
暴力や虐待を経験し、現在この養護施設での被害について訴訟を準備して
おります。



一部で誹謗中傷や嫌がらせをする者がおり、対策に追われているのも事実ですが、
施設のジャンルが違っても被害者という部分では変わりありませんので今後共
応援を続ける事はご本人だけでなく、筆者も含め施設内暴力・虐待被害者の
立場として応援して参りたいかと思っております。


筆者・編集部
あっと言う間の3月でした
今月はあっと言う間に終わったような気がします。この短い時間の中でご覧の通り、
様々な動きがありました。
その中で児相問題や共同親権問題や施設内暴力・虐待問題等も大きな動きを
していたのは事実です。
来月は新年度4月となりますが、コロナの蔓延が続いておりますので引き続き
ご注意頂きたいかと思います。


今月はこのように短い時間で様々な動きがありましたが、明日は4月の新年度
になりますが、一連のコロナの感染問題の最中でありますが、読者の皆様には
今後ともご注意頂きたいかと思っております。





2021/03/31(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

あれから10年(2011年3月11日東北地方太平洋沖地震)

本日は2021年3月11日、2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震
からまもなく9分程で(14時46分)10年の節目を迎えます。
先日のニュースで女性一人の身元が10年を前にして判明してご遺族の元に戻られ
たというニュースがある一方で福島県第一原発の爆発によって今尚残る放射能の
ためにご自宅に戻れない方もいらっしゃる状況であります。
筆者・編集部としまして、10年の節目を迎えるに当たって、お亡くなりになられました
方に対しまして哀悼の意を捧げると共にご冥福を改めてお祈り申し上げます。

この当時ですが、筆者は越谷のレイクタウンで仕事をしておりました。
今でも思い出しますと、未曾有の災害に接し、「これからどうなるんだろうか」という
不安を抱いていたことを覚えております。
それから10年の今、新型コロナウィルスの世界的流行で2つ目の未曾有の事態に
追われるという状態で重苦しい状況が続いておりますが、筆者・編集部としましては
今後とも、皆様にお役に立てる記事で応援して参りますのでご愛顧の程をお願い
申し上げます。

                                 2021年3月11日

                                  業界スコープ編集部
                                  業界レーダー編集部
                                   編集長 業界のフォーカスマン




2021/03/11(木) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

3月6日(2021年)

本日は3月6日、筆者が誠明学園入所した日から今年で37年目を
迎えました。
時代は令和になりましたが、相変わらず誠明学園だけでなく、他の
施設でも相変わらず施設内暴力と虐待は続いております。
昨年3月のオレンジパレード以後、共同親権問題と併せて児相と
施設の問題がクローズアップされており、7月にはEU議会で非難決議と
先日、宇都宮地裁では一時保護や施設での児童と保護者を面会させない
のは違法であると認定した上で併せて栃木県は保護者に対して賠償金
15万円の支払いを命じる判決が出たり、養護施設を出た青年の若年
ホームレス問題と養護施設にいた頃の職員による虐待等についての動画が
YouTubeで公開され、大きな反響を呼んだのは事実です。
このように世間では大きな変革が起きている最中で児童自立支援
施設の業界では昭和の時代の悪い伝統が続いているのは事実で
あり、昨年9月には四国地方の某児童自立支援施設のごみ捨て場
から焼酎のビンが発見されるなど、相変わらず職員のやりたい放題
が施設内で蔓延しているのは事実であります。
この最中で本日で誠明学園入所してから37年目の日を迎え、
業界は昭和の時代のままというのは呆れるばかりでしかないのは
事実であります。

当編集部としましては今後も「施設内暴力・虐待追放」をスローガンと
して掲げて戦って参りますので読者の皆様におかれましては、
当編集部・筆者にご声援を賜ります様、お願い申し上げます。


                        2021年3月6日

                        業界スコープ編集部
                         編集長 業界のフォーカスマン




2021/03/06(土) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

3月1日(2021年)

本日は3月1日、年度末の始まりです。
誠明の業界にしても社会にしても卒業や転勤等で忙しくなる季節です。
今年は昨年と同様に一連のコロナの影響もあり、普段と違った様相と
なっており、先月から東京を始め関東地方では未だに緊急事態宣言が
解除されておらず、緊迫した状況月付いております。
関西圏では本日から緊急事態宣言は解除されておりますが引き続き
コロナの感染にはご注意頂きたいかと思います。
筆者も請け負っている仕事がクライマックスを迎えようとしており、本日は
コンクリート流しに追われる一日でした。
どこでも忙しい状態が続きますが、事故等もなく無事に年度末を
乗り切って頂ければと思っております。



2021/03/01(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2021年2月)

一番寒い時期で一番一年の間で短い一ヶ月の2月でしたがあっと
言う間に月末となりました。
今月は17日に徳島でも積雪がありましたが道路には積もらずホッと
しましたが初めての2月の四国の天気を経験したのも事実です。
今月一ヶ月を振り返って見ることにしたいかと思います。


地震災害
福島を震源とする大きな地震が発生しました
13日の事ですが福島県を震源とする震度6の地震が深夜に発生しました。
今回の震源は内陸だったため、津波等の被害はありませんでしたが、
広範囲で就寝の時間(寝込み)に発生した地震としては過去の例が
無いものでした。
ですが、一時は停電も発生し、塀が崩れる、新幹線が止まる等の被害が
発生し、自衛隊の給水車が出動するなど被害が出たのも事実です。
改めて被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。


筆者・編集部
自粛警察女が筆者に暴言を吐き、警官が出動しました
昨年11月25日に発生しました自粛警察女による筆者への暴言が4日にも
発生した事から徳島県警の警官3名が出動する騒ぎになりました。
それ以後ですが、おとなしくなった様ですが、またいつ暴言を吐くか頭を
痛めております。
以前の東京でもキ○ガイ住民が6年に渡って様々な事件を起こして筆者が
血便が出るストレスに悩まされ、徳島に移転してやっと安心に静かに過ご
せるかと思いきや老害キ○ガイ女2名によって全てを台無しにされた事は
本当に頭痛の種であり、精神衛生上非常に宜しくない話でしかありません。
不動産会社にはこのキ○ガイ住民を退去させて頂きたいかと思います。

画像編集ソフトをアップデートしました
当編集部はもとより、かつて土浦市で会社を経営していた時代に購入した画像
編集ソフトが当編集部のシステム更新によってエミュレーターソフトが動作しない
等の問題でPhotoshopが使えない状態が続いておりましたが、ある問題から
月額リース形式でアップデートすることになりました。
納入後、さっそくですが、試しに合成写真を一つ作ってみました
以前のソフトには無かった磁石選択ツールが装備され、生産性も向上し、
写真の余計な背景等を取り除くのが高精度で簡単に選択できますので
非常にラクになりました。
当編集部ではこのソフトを活用していきたいかと思います。


今月は、短い時間の中で様々な問題が起きましたが、来月は3月の年度末が
始まりますので、事故等には十分気をつけて無事に乗り切って頂ければと
思っております。



2021/02/28(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »