業界スコープ

【増トン登場】年末の覆面トラックは大忙しです

先日の記事でもお伝えしましたが、お酒プロジェクトが大忙しの状態で
ある事をお伝えしましたが、連日のように覆面トラックの荷台にはお酒
満載され、一日に2回転する状況が続いております。

荷台を開く前
初登場、覆面増トン三菱ふそうキャンター PDG-FE83 平成19年
搭載エンジン:4M50(150PS) TM:5MT 走行:41万キロ


最大積載量
この覆面トラックの最大積載量は4tです

増トン車とは2t系や4t系の車輛をベースにタイヤサイズやサスペンションやフレームや
デフ等のメカに積載重量強化改造を施して積み込める重量を増やした車輛の事を云います。
つまり、今回の増トン車は2t車をベースに最大積載量を拡大し、最大積載量は4tとなって
おります。
つまり、この覆面トラックは2t車2台分の重量のある荷物を1台で積むことができますので、
お酒だけでなく、コンビニのジュースや印刷物や機械やスクラップなどの重量のあるものの
運搬を得意としております。
今回の覆面トラックキャンターにはフレームの補強やサスペンションやデフ等のメカ
だけでなく、ブレーキアシストも装備され、タイヤサイズも4t車と同じ17.5インチのタイヤが
装着されております。

荷台を開いた場面
荷台のシートを外すと、お酒が満載されております(約8件分)

この覆面トラックですが、以前に紹介した箱車の平ボディー仕様ですが、経年変化を
見ることになったのは事実であります。
この形式の新車当時の記事でも取り上げましたDPF不調もあり、エンジンの異常を
知らせるランプ(エンジンチェック)点灯があり、先日、DPFの洗浄を行いましたが、
未だに不調状態であり、後日、DPFを交換することになっております。
この事ですが、DPF初期のどこのメーカーでも起きていることですが、来年で新車から
10年を迎える車輛の多くで不具合が発生しているという情報もありますので、
ユーザーの皆様には早めの整備とオイル交換とDPFの洗浄をお薦めします。

こういった最中ですが、年末年始の筆者は覆面トラックお酒プロジェクトで大忙しの
状態であり、なかなか記事が書けない状態が続いておりますが、何とか乗り切りたい
と思っております。

読者の皆様には記事をお待たせして申し訳ございませんが、一段落つくまでは
ご辛抱の程、よろしくお願い申し上げます。


2016/12/21(水) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

忙しい師走(2016年)

12月も10日を過ぎ、師走の激走が続いております。
筆者もご多分に漏れず連日のように覆面トラックで早朝の4時から
埼玉県内を激走する忙しぶりであります。
今回のお酒プロジェクトでは完全な立ち上げから始まっており、???の
箇所が多く、元請けさんと共に連日頭を悩ましながら進めているのが
現状であります。
一日に20件近いお酒屋さんを回っておりますが、中にはクセ者もおり、
対応に悩まされてはおりますが、ある一件のクセ者と云われております
店舗がどういうことか乗ってきそうな状態になりつつあるのも事実です。
この忙しい状態が続き、当サイトの更新がなかなかできない状態であり、
ある取材やその他活動も止まった状態になっております。
その最中ですが、北海道では異例の大雪という情報も寄せられており、
冬の到来を感じておりますが、先月の関東での積雪もありますので、
読者の皆様にはいつ積雪があっても対応できる準備をお願いすると
共に師走の時期での交通事故も増えておりますので、安全には
充分ご注意頂き、この年末を乗り切って頂きたいかと思います。

本日の筆者は朝から品川区の某所に講習に行った後に覆面トラック
荷台のシートが風で暴れるため、防風板の設置を行いました。
編集部からは往年のアメリカ製工具と発電機を引っ張り出しての作業
でしたが、コンパネを切ったところで2つある電池が切れてしまい、作業が
途中で終了となりましたが、電池を5月に交換した後あまり使っていなかった
事も(使用前に再充電はしておりました)あり、電池がなじんでいなかったのではと
思いました。

KC2000FK.jpg
当編集部のアメリカ製工具 ブラックアンドデッカー社製 KC-2000FK
この工具は某社の羽田空港第二ターミナル建設工事の際に大活躍した
思い出の詰まった工具です。
13年物ですが、未だに純正電池の供給とメーカーのアフターも受けられます。


ですが、このアメリカ製工具は平成15年に土浦のホームセンターで購入し、
電池を何度か交換しながら今日まで来ておりますが、大きな故障もせずに
稼働しており、年数が経ってもアフターがある外国勢に日本のメーカーには
物を大事にするという事を考えて頂きたいと思ったのは事実です。

話が大きくそれてしまいましたが、師走の忙しさがどこでも続いておりますが、
読者の皆様にはこの忙しい年末を事故・ケガなどなく、無事に乗り切って
新しい年を迎えられる事を願っております。




2016/12/11(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |