業界スコープ

筆者の近況

5月の連休もあっと言う間に終りましたが、筆者は相変わらず忙しく
お酒プロジェクトに追われております。

覆面フォワードFRR35正面
4月から稼働を開始した覆面トラック いすゞフォワード FRR35 平成16年式 搭載エンジン:6HL-1
走行の模様はコチラでどうぞ


中古車ではありますが、以前の覆面キャンターと比べて一度に積載できるパレット数が
7枚→10枚に増えゴキゲンではありますが、中古車故にここのところトラブルが頻発して
筆者の頭を悩ませております。

主な故障(重故障も含む)ですが

・クランクシャフトオイルシールからのオイル漏れ
・エアコンが冷房しかできない(ダンパーユニット故障)
・エンジンマウント不良による振動
・冷却水の逆流

                                となっております。
クランクシャフトは現在、応急処置として筆者が和光ケミカルのエンジンパワーシールド
添加して、漏れの量は少なくなってはいますが、少量で漏れております。
エアコンはダンパーユニットが故障しているため、ユニットを交換しなくてはなりませんが、
早朝の寒い時は非常手段としてカセットガスストーブを短時間付けて対応しております。
エンジンマウントは他の部分と併せて修理する事にします。
冷却水の逆流ですが、ラジエーターキャップの不良が疑われますので、昨日、いすゞ
キャップを注文し、本日届きましたが、驚愕の価格に驚かされたのも事実であります。

ラジエーターキャップいすゞ1214501380 驚愕の価格のラジエーターキャップ 6,340円(税別)

部品が揃いましたので本日、筆者が交換修理を行いましたが、昨日、いすゞのサービス
より聞いた情報によりますと、この車種のラジエーターキャップはリザーバータンクの入口が
注入口と兼用となっており、ラジエーター本体にはキャップがついていないヨーロッパの車と
同じ構造となっております。

水路
ヨーロッパ車と同じ構造の水路

ラジエーター ラジエーターにはキャップはありません。

漏れたLLCを2リットル補充しておきましたが、異常が起きた時に筆者がとっさにキャップ上部の
ボタンを押して圧力を抜いていた事もあり、このぐらいで済みましたが、気づかずにそのままに
していたら大量にLLCをまき散らす(容量で約21リットル 取扱説明書より)結果になったのは
云うまでもありませんでした。
ですが、水温が少し高い感じがしておりますので様子を見る事にしたいかと思いますが、
中古車にはこのようなリスクがあるのを承知の上で購入しておりますので、社長もこの事に
ついては納得して頂いております。
何せ、この車両を新車で作って購入すれば1,200万円以上しますので、大事にしなければと
思うこの頃であります。


読者の皆様にはいつもお待たせして申し訳ありませんが、舞台裏ではこのように忙しく
動き回っております。
今月も少しでも多く記事が書ければと思っておりますので、ご声援の程、よろしくお願い
申し上げる次第であります。






2019/05/13(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

筆者の近況

11月に入り、お酒プロジェクトと併せて車検プロジェクトも大きく動き出し、
筆者は多忙を究める状態と化しております。
今年度の車検プロジェクトでは取材カーのブッシュ交換と合わせて、
新しく仲間入りした軽取材カーの整備も加わり、バタバタしております。
この軽取材カーですが、元々新潟県で使われていた関係で整備を
始めたところ、あちこちに取材カーと同様にボルト類の塩カル固着が
見つかり、先日もスタビライザーリンクを交換する際にはディスク
グラインダーが出動する状態で苦労させられました。
そしてこの軽取材カーには大きな整備をしなければならない箇所が
多数あるばかりでなく、電気系統に故障も発生しており、問題山積の
状態であります。
そればかりでなく、児相問題でも動きがあり、以前から拉致訴訟情報を
お伝えしていた晃華学園を巡る裁判が先日、舞台を東京高裁に移して
争われる事になったばかりでなく、品川の虐待保護放棄殺害事件を
隠れ蓑にするかの如きに八王子児童相談所が新築移転した事が
判明するなど、筆者は頭を痛めている状態であります。
これらの詳細は別記事で別途お伝えしますが、様々な問題が山積した
中で交通整理もままならない状態が続いておりますが、何とかして
記事にしなければと思っております。

錯綜する筆者ですが、何とかしなければと思っておりますので
記事をお待ちの読者の皆様には申し訳ありませんが、もう少し
お時間を頂きたいかと思います。


2018/11/15(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

5月1日(2018年)

本日は5月1日です。
連休の最中での1日となりましたが、読者の皆様は思い思いの場所で連休
お楽しみになったり、実家の田植えを手伝ったり等で忙しい方もおられるかと
思いますが、筆者は相変わらずの連休返上状態で早朝からお酒プロジェクト
追われております。

覆面トラック積込み
早朝5:00より筆者はご覧のように覆面トラックにお酒を満載しております。

本日の1発目は約3.4t程積んで問屋から酒屋まで配達してから、空になったら
積み場に戻ってもう1回戦の合計で約5.6tとなりました。
連休中もこのように筆者は動き回っておりますが、読者の皆様には連休
お楽しみ頂ければと思います。


【 重 要 】緊急のお知らせ【 緊 急 】

以前から問題になっておりましたタカタ製エアバッグの欠陥問題について
国土交通省は本日よりリコールが未完了の車両の車検を拒否する措置を
講ずる事としました。

タカタエアバッグ未改修車車検不可告知-001  タカタエアバッグ未改修車車検不可告知-002
国土交通省からの告知チラシです。
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


読者の皆様におきましては連休中の最中の緊急のお知らせとなりますが、
お手持ちのお車がリコール対象車種かどうかについてのご確認をお願いします。
尚、国土交通省ではこの他にも警告ランプやブザーが鳴る故障を起こした車両の
車検を今年2月から拒否しておりますので、エアバッグ以外についても点検を
お願いします。
万一、異常がある、リコールが完了していない方は大至急、販売店等に連絡を
取り、修理を受けて下さい。

2018/05/01(火) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

筆者の近況

4月も下旬になってしまいましたが、筆者は相変わらず忙しい最中に
某氏の訴訟問題や国連の件も平行しながらお酒プロジェクト
追われる状態が続いておりました。
先程の記事の通り、昨日、一連の民事訴訟問題について裁判所から
和解勧告を受け、原告と被告は和解案を受け入れ、和解が成立しました。
筆者としましてはホッとしましたが、この忙しい最中に様々な事がありました。
裁判と平行しながらのお酒プロジェクトの進行と併せてお客様の某店の
軽トラックの荷台のヒンジが外れてしまい、日曜日に出張修理をしたり等の
作業に追われておりました。
裁判の件がなければ、覆面トラックのサイドバンパーの修理をする予定を
しており、材料も揃えておきましたが、超多忙の状態で実行が出来て
おりませんが、車検が5月と押し迫っておりますので、早急に修理
出来ればと思っております。

筆者は超多忙ではありますが、5月の連休も迫っておりますので、
読者の皆様には無事に乗り切って楽しい5月連休をお迎え頂ければと
思っております。


2018/04/25(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【ハロゲンわかればできます】覆面トラックのヘッドライトの修理を行いました

お客様のため、読者の皆様のため、編集部のため、筆者のためにお酒プロジェクト
相棒でもある覆面キャンターのヘッドランプの球が突如、切れてしまいました。

覆面キャンター正面
お酒プロジェクトで大活躍の相棒、覆面キャンター

そこで、交換電球のサイズや種類等を調べるために、筆者はキャブを上げてヘッドランプ
のカバーを開けて電球をはずしてみたところ、何と、HID(所謂、ディスチャージ)だったの
でした。

HIDランプ
切れたHIDランプ D2R 85V 35W (フィリップス製 7,500円<業販 参考価格>)

そこで、行きつけの車屋さんに問い合わせたところ、取り寄せで10,000円との事でした。
ですが、このままでは整備不良になってしまいますので、取り寄せを依頼しました。
今朝、部品が入りましたので、車屋さんに行ったところ、「筆者が交換してもいいよ」
との事でしたので、筆者が交換しました。
先日、取り外しをしておりましたので、約30分位で済みました。
やってみた感想ですが、前日に動画を見ておりましたので、理解できましたが、
ハロゲンランプ交換ができる方だったらスムーズにできると思いました。
ですが、コネクターの扱いがハロゲンと違いますので、参考にした動画をリンク
させていただきますので、一度、目を通して頂ければと思います。


純正HIDバルブ交換のやり方(空焚き・空焼きも詳しくやるよ!) タントオヤジ様作成
筆者も参考にさせて頂きました。作者の方には御礼申し上げます。


尚、HIDランプには作動時に高電圧がかかりますので、一般の方はベテランの
指導の元に行っていただき、無理だと思ったらお取引のある修理工場や
ディーラーに修理をご依頼頂く様、お願い申し上げます。
HIDランプは寿命の関係から、左右同時交換をおすすめします。

交換電球は業販等で2,500円代からありますので、お好みの容量の合ったものを
チョイスして読者の皆様にもぜひチャレンジして頂ければと思います。


2017/11/30(木) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »