業界スコープ

【自作】簡易アーク溶接機を制作しました

先日の取材カーの大規模修理の際にハブベアリング着脱工具のボルトを
誤って壊してしまいましたので、筆者が簡易アーク溶接にて修理を行い
ましたが、その後、YouTubeで大人気の某氏が様々な物を制作して発表
しているのを見ているうちに筆者の心に「作りたい」と云う衝動にかられて
しまいました。


ただ今、firefoxのIOS版でリンク動画がご覧頂けない不具合が発生しております。
大変お手数をかけ申し訳ございませんが、リンク画面が表示されない方は
こちらをクリックorタップしてご覧下さい。
尚、IOS付属のブラウザsafariでは正常にご覧頂ける事を確認しております。


修理完了のボルト 修理が完了したハブベアリング着脱工具のボルト

今回、筆者・編集部では今回の修理を機に、溶接での修理が増える事が
予想される事から新たに簡易アーク溶接機の制作をする事にしました。

溶接コード

充電器SC1200とバッテリー接続コード 新たに新調した溶接コードとバッテリー充電器等

制作費用明細


使用方法ですが、
1.アースを対象物にグリップで接続する

2.バッテリーを直列3個接続し、ナットを閉め込む(直列つなぎ)
バッテリー接続の模様 写真をクリックすると、接続の詳細がご覧頂けます。


3.+と-のそれぞれのバッテリー端子にソケットを接続する

4.溶接棒をガスバーナーで軽く炙り、溶接棒を乾燥させる
ガスバーナーRZ820 新富士バーナー製 RZ-820(パワーガス装着)
ここが非常に大事です。アークスタートが良くなります。

5.溶接棒をホルダーに取り付けて溶接を開始する

という手順になりますが、パイプ等で溶接電流が強くて穴が開く場合は
バッテリーを2個にしたり、溶接棒の太さを変える等して調節してみて下さい。
筆者も完成後に覆面トラックのミラーステーの修理を行ってみましたが、
溶接棒を炙っていなかったため、アークスタートが悪かっただけでなく、パワーが
強く、パイプに穴が開きましたので24Vに落とす等の苦戦を強いられましたが、
十分に修理をする事ができました。

今回の制作において、バッテリーと間に接続ソケットを取り付けたのかと云い
ますと、大量に長時間溶接をしなければならない場合に建機レンタル会社から
レンタルした溶接機(バッテリー式 エンジン式 AC式)を接続できる様にして
おきました。
この事により、短時間は編集部のバッテリーで長時間はレンタル溶接機での
使い分けが出来ますので大変便利であります。
溶接の試験では、1.4mmの溶接棒を使用しておりますが、聞くところによりますと、
2~2.6mmの溶接棒が使用可能(バッテリー次第)との事ですので、活躍の場が
広く、応用が効きますので非常に便利になりました。

そして今回、新たに新型の充電器も導入しました。
今までの充電器はご存じの通り、2011年の震災の非常電源を確保するために
旧式の物を使っておりましたが、バッテリーが3台と増え、充電する際の電流が
足りなくなりましたので、全自動式の大容量の物を用意しました。
これにより、12Aの電流が取れるようになりましたので、大型トラックのバッテリー
でも充電が可能ですので、将来的にはバッテリーの大型化も可能かと思います。


便利な簡易アーク溶接ですが、読者の皆様が行う場合、労働安全衛生法第59条に
指定されている有害危険業務に該当する作業に指定されており、非常に危険が
伴いますので、自己責任において行って頂きたいかと思います。
筆者の場合、アーク溶接特別教育と低圧電気取り扱い(FULL版)の資格を所持して
おりますが、読者の皆様が行う場合は、必ず上記の資格を取得した上で、ベテランの
指導の元に行ってください。

細かい注意事項はこちらをご覧下さい。

読者の皆様には安全に作業をして頂ければと思っております。
ご安全に! でお願いします。




read more...

2018/03/25(日) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |