業界スコープ

【恐るべし塩カル】エンジン形式と番号の消滅にご注意を

4月も早いもので中旬に入ろうとしておりますが、相変わらず気温の乱高下は
続いており、筆者を悩ませておりますが、温かくなった事もあり、久々に整備で
もしようかと思っている読者の方もあられるかと思います。
冬場の雪を走行した、積雪地域にお住まいの方は点検整備と同時に、
「車台番号」「エンジン形式」「エンジン番号の点検も併せて
お願いしたいかと思います。

エンジン形式と番号打刻位置
エンジン形式とエンジン番号がある場所右上の写真は番号部分を拡大したものです。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


実を云いますと、編集部の取材カーは新車登録から5年間長野県で稼働していた
経歴もあり、年数の変化と共に痛んだり、サビたりの箇所が多いのですが、
某サイトで取材カーと同じ形式の車両のエンジン形式が塩カルと経年変化と併せて
サビでが消失するという話が出ておりましたので点検をしたところ、肝心の番号が
読み取れなくなる寸前の状態になっておりました。
そこで、筆者はワイヤーブラシで清掃を試してみたところ、無事に番号を発掘する
事に成功しましたので、サビ防止のためにいつものローバルを薄く塗っておきました。

どうして、これらの事が大事かと云いますと、車検の際に、同一性の確認の項目の
中にエンジンの形式が合っているのかという項目があり、もし、読み取れない状態
になりますと、検査官の命令で車検とは別にエンジンの形式を職権打刻しなければ
ならなくなります。
それだけでなく、トラックや一部の車種ではフレームに車台番号を打刻しているもの
もあり、車台番号を喪失しますと、メーカーから製造証明書を取り寄せる準備や手間や
日数も必要となり大きな手間がかかります。それだけでなく、警察に職務質問等を
受けた際に盗難車や不正改造等と間違えられる恐れや車両を売却した際に査定価格
から最大で30%も減額されて損をする場合がありますので春の点検の際にはこれらの
項目も入れての点検をお願いします。

尚、日産QGシリーズ(13.15.18)と三菱3Bシリーズ(82.83等)は原動機の職権打刻
常連という事が運輸支局等で言われておりますのでご注意頂きたいかと思います。


2019/04/07(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |