業界スコープ

取材カーのエアコンを修理しました(その10 最終編)

やっとの事で取材カーエアコン修理が終わりましたが、たまっている
仕事を片づけるべく、千葉県の君津市へ取材に行きました。
君津インターが近づくにつれ、取材カーからは普段聞かない異音が
しておりました。
それだけでなく、ベルト泣きまでする始末ですので、コンビニの駐車場で
点検を行った結果、ベルトが緩んでいることが判明しましたので締めつけて
様子を見ていたところ、突如、バーンと云う音がしました。
そうです、交換したばかりのVベルトが切れてしまったのであります。
筆者はこの様子を見て、レッカー移動を決断し、保険会社にレッカーの要請
と共にディーラーに入庫させる事にしました。
連絡後、40分程でレッカーが到着し、車はレッカーで筆者は列車で東京まで
戻るハメになりました。
当初修理の完了が連休後になるとの事でしたので、覆面トラックを引っ張り
出してディーラーに向かったところ、その日の夕方に完了するとの事でしたので
安心しました。
そしてディーラーから引き渡されるときに、ナットの締めつけが緩かったという事を
指摘されました。
締めつけには今後気をつけなくてはと思いました。


今回は超ロング記事となりましたが、最終的には大出費となりました。
内訳は以下の通りです。
合計費用明細
足が出ました。
ですが、今回は初めての事が多かったのは事実です。
失敗は成功の元ですので今回は高い授業料という事になりましたが、時にはこういった事も
ありますので、読者の皆様におかれましては失敗を恐れずにチャレンジして頂ければと
思っております。

read more...

2017/07/30(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |