業界スコープ

自作油圧5tプレス機を設計してみました。

今年の車検プロジェクトでは昨年同様にロアブッシュ一式の交換という大規模な修理を
行うに当たって自作プレス機を制作する事になりました。
設計をする必要に迫られた背景に昨年の車検プロジェクトでホイールベアリングの交換
際にねじ式のSSTを使いましたが、かなりの力を必要とする事から力と時間がかかりました。
今年の車検プロジェクトではブッシングをかなりの数を圧入する必要があり、ねじ式の
工具では時間がかかることから、今年は迅速化を図るべく、自作5tプレス機を制作する
事にしました。

  CAD画面
  当編集部ではdynamicdrawを使用して普段からフリップ等の作成を行っております。
  今回は尺度はいい加減ですが、筆者が簡易CADとして使ってみました。


プレス機ですが購入すれば、1万円以上し、送料もバカになりません。
当編集部には6月に溶接機を導入し、今月は高速切断機も導入し、制作の道具は揃って
いる事から自作した方が安上がりと云うことで思い切って設計をしてみました。
これらの図面を書くに当たっての知識は誠明の業界で2年の時に職補の時間に卓球部の
顧問の先生でもあり、木工の先生でもありましたタ〇ア〇から教わった手書き図面引きの
知識と筆者が持つコンピューターの知識を併せて今回の図面を書き上げました。

自作5tプレス設計図
完成した5tプレス機の設計図面(クリックすると、大きくなります)
これらの画像はCube PDFを使用してJPG形式のファイルに
変換しました。
こちらもフリーソフトですが、高機能+高性能なプリンタードライバです。


設計図もできましたので、この図面を元に制作にかかりたいかと思います。
忙しくなりましたが、年内に修理を終わらせることが出来ればと思います。



2018/09/29(土) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |