業界スコープ

編集部に新PCを一挙に2台代替しました

4月 30日に移転後、編集部のPCが移動の衝撃などに耐えられなかった
ことから(運搬は助手席のシートの上です)故障してしまった事と、先程の
記事にもあります事件や回線の問題も重なり、編集部の業務がストップ
する事態となり、打開策として先日、ようやくPC代替しました。

コンソールjpg

windows.jpg
代替したPC HP社 エリート8300シリーズ (筆者撮影)
詳細などはこちらにございます。


今回、編集部では一挙に2台ものPCを導入しました。通常ですと国内メーカーが
多いのですが、今回は米国HP(ヒューレットパッカード)社のPCです。
HP社と云いますとご存じの方もおられるかと思いますがUNIXのワークステーション
などの業務用が有名ですが、近年は米国コンパック社と共にPCなどの機器の
生産も行っております。
このPCには購入の段階で1台は8GB仕様でもう1台はメモリを増設し、16GB
仕様としてあります。
なぜかと云いますと、当編集部では近年YouTubeコーナーで公開しております
動画の制作に当たってPower Directorを使っておりますが、編集に際して
大量のメモリ容量が必要であり、以前から公開しております3分程度の動画の
リッピング(出力)をするだけで20分も時間を要しており力不足であり、近年の
高性能化に追いつけない事と故障をきっかけとしての代替となりました。
そして2台に増やした理由は万一片方が故障した場合に代替機が来るまでに
時間を要することと、四国方面では代替機の入手が困難であり、大阪などに
買い求めに行った場合、鳴門大橋の往復通行料金だけでETCを使っても
6,000円を超える事からバックアップという意味合いもあります。

今回思い切ってPCを代替をし、先日、仮設の回線も入り、後日、光回線
契約も済ませ工事待ち状態ではありますがたまっている仕事を片づけたい
かと思っております。




2020/06/14(日) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |