業界スコープ

【高額な修理費用】DPFはリビルドでお得に交換しましょう

先日の記事覆面トラックいすゞフォワードDPF交換で部品代だけで85万円
という高額な見積もりに対して筆者が探しに探して格安リビルドDPF販売業者を
見つけました。
4t車であるフォワード用で20万円を切る低額ぶりでありますが、なぜか社長は会社の
出入りのモータースも加えて合い見積もり的な事をしておりましたが、最終的には
筆者が探した業者の物を採用する事になりました。

交換後のDPF
交換されたリビルドDPF。価格は広告の値段より1万円アップの15.8万円(税別)ですが、
排気ガスの入口のススを捕集するハニカム(通称・蜂の巣)を新品に交換してあります。


今回のリビルドDPFは岡山県倉敷市にある業者が販売する商品ですが、
広告からして周囲の再生業者に比べて技術力もあり、某メーカーの直営サービス部門が
手に負えなくなり、同社に泣きを入れた
という事も掲載されておりますが、車種によっては
人間の外科手術と同様にDPFを切断(開腹手術)して洗浄し、溶接で組み上げると云う
他社にはない手法までを用いて徹底的な再生(リビルド化)を行っております。
ここまでの事をしながら低価格を実現している事に筆者も社長もビックリさせられたのは
事実であります。

以前から当サイトではこのやっかいで高額なDPFの不調問題を取り上げて来ましたが、
このように低価格のリビルド品が出現した事はDPF付きのディーゼル車を所有する
個人から法人の皆様にはうれしい朗報であるのは事実であります。
そしてこのリビルドDPFには最長で7ヶ月という長期保証も付いておりますので
安心もプラスされており非常にお買い得だと思います。
今回の修理ではこのリビルドDPFを使用しましたので、最終的な修理費用は交換用の
リビルドDPF(いすゞ用)を含めて総額で20万~30万円ぐらいになるかと思います。
当編集部では交換後の様子を運用しながら見守る事にしたいかと思います。

DPFの高額交換修理にお悩みの方、会社様にはぜひおすすめしたいかと思います。

2019/07/10(水) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |