業界スコープ

鹿児島県口永良部島の避難が一部解除されました

今年5月29日に鹿児島県口永良部島(くちのえらぶじま)新岳
噴火し、島民全員が避難する事態となりました。
昨日、25日、一部地区を除き、島の避難指示が解除され、
島民の皆様が島に戻れる事になりました。


ANN You Tubeオフィシャルサイトより

ですが、今回の避難指示解除は島の全域ではなく、一部地区では解除されて
おりませんが、報道などを見ておりますと、島民の皆様が行き来出来るように
なりましたので新年会等が開けると島民の方が喜んでおられた等の報道もあり、
お正月を前に無事に帰島ができた事は大きな前進の一歩でもあります。
ですが、島民の皆様には帰島後の生活再建や漁業等の事業再開等の復興や
新岳の再噴火への備えなどの準備等も必要であり、これから先の事について
考えなくてはならないのは事実です。

筆者・編集部としまして今回の帰島について島民の皆様が安心して生活が
できる島として復興することをお祈り申し上げます。

                               2015年12月26日

                                   業界スコープ編集部
                                   業界レーダー編集部
                                    編集長 業界のフォーカスマン



2015/12/26(土) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

鹿児島県口永良部島で爆発的噴火が発生しました

本日午前9時59分頃、鹿児島県口永良部島(くちのえらぶじま)新岳
おいて突如、爆発的な噴火が発生しました。
マスコミ等の報道によりますと、同島では昨年8月にも噴火があり、
噴火警戒レベルを3とした上で警戒していた矢先の出来事でした。


噴火発生時の映像 ANNオフィシャルからのリンク

この噴火発生のため、気象庁では噴火警戒レベルをマックスの5の避難に
引き上げました。
噴火警戒レベルが5の避難になった事から屋久島町では島民全員に対して
島外避難の指示を発しました。
島民の皆様はこの町役場の指示に従い、現在、屋久島に避難しましたが、
噴火の際火砕流に72歳の男性が1名巻き込まれましたが、幸い軽傷の
火傷をしているとの事で役場の防災ヘリで病院に搬送されました。
警察や役場の情報等によりますと、島民及び警察や消防や気象関係者も
含め全員が島外に避難した事を確認したとの事です。

気象庁では午前11時に記者会見を開き、「今後とも本日と同様な噴火が
起きる可能性もあるので、引き続き警戒が必要」と談話を発表しました。


これらの情報ソース源は
NHK報道
ANN報道
Yahooニュース
気象庁記者会見
からの情報です。

------------------------------------------------------------

昨年の長野県の御嶽山に続いて、本日、鹿児島県口永良部島において
突如、噴火が発生しました。
報道等のまとめの通り、島民の皆様も含め行政・防災・気象関係の皆様も
含めて島外避難という事態になりましたが、離島等で島民等が全員避難と
いう事態は昭和61年11月の伊豆大島や平成12年6月の三宅島以来の
出来事であります。

筆者・編集部としましては、島民の皆様や関係者に対しましてこの度の
噴火・避難につきましてお見舞いを申し上げますと共に、噴火が収まり、
島民の皆様の生活が元通りに復興することをお祈り申し上げます。



                                 2015年5月29日

                                  業界スコープ編集部
                                  業界レーダー編集部
                                  公用回線ウォッチャー

                                   編集長 業界のフォーカスマン


2015/05/29(金) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |