業界スコープ

【半年がかりの大仕事】取材カーの車検が完了しました

昨日ですが、取材カー車検完了しました。
思い起こせば昨年8月からの長期プロジェクトで試行錯誤を繰り返し、様々な
必要な動画を見て勉強をしたり、部品やSSTを分割して購入したりの連続の
大仕事でした。
昨日は関東地方では大雪の中、最終仕上げと云うべき車検野田自動車
検査登録事務所にて行い、無事に車検が終了しました。

車検公開分
車検に合格した取材カーの平成30年度の車検

今回の車検では大規模な修理を行い、最終的には総額で13万円を越えるという
大規模ぶりでした。

車検最終費用j公開
部品・SST・車検を含めた明細書です。
総額で13万円を超えました。

作業写真それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

修理中の取材カー ナット切断 ベアリング抜き作業
左:フロントハブベアリング交換作業中 中:リアサスペンションボルト切断 右:リアハブベアリング取り外し中

ベアリング取り外し後 ベアリング挿入 ドライブシャフト洗浄
左:取り外し完了 中:リアハブベアリング挿入 右:ドライブシャフト洗浄

積載表示
積載量表示貼り替え



ですが、今回の車検は筆者にとりましては大事な一歩だったような気がします。
一個人が業者並に作業するという困難に立ち向かい成功を納めることの難しさを
目の当たりにしたのは事実であり、困難を乗り越えた達成感は比較するものが
ない感動を覚えたのは事実であります。
読者の皆様には今回の筆者の車検だけでなく、児相の拉致問題や施設の職員の
暴力や虐待等の問題を抱えている方も多くいらっしゃるかと思いますが、
この困難を乗り切るためにもチャレンジ精神を忘れずに邁進して頂ければと思います。
困難があれば、あるほど、チャレンジこそが、成功や勝利を招き入れることになります
ので読者の皆様には困難を乗り切って頂ければと思います。



2018/01/23(火) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

車検前の突貫工事(平成29年大規模修理)

昨夜から筆者は深夜まで突貫工事取材カーの修理に追われて
おりました。
作業が遅れていたドライブシャフトの分解を夜から深夜にかけて
編集部の事務所の6畳の部屋を作業場にして作業に追われていました。

ドライブシャフト洗浄
筆者が右側ドライブシャフトの分解洗浄を行っております。
この時の時刻は23時前でした。


気づけば時間は午前1時を過ぎており、軽く一杯飲んでから仮眠をして
朝から残りの作業に追われておりました。
そして、朝8時過ぎから22:00までかかってドライブシャフトブーツの交換と
ミッション+トランスファー+デフオイルの交換を行いました。
今回は検査の基準が厳しくなりましたので、道具を編集部に運び入れる
作業もあり、本当に苦労の連続だったかと思います。
明日の車検当日に間に合わせるための突貫工事でしたので、電話に出る
ヒマどころか、食事もできないで飛ばしているでした。
その苦労の甲斐もあり、何とか全ての作業を終了することができました。
これだけ大規模になってきますと、計画から準備と実行するまでには
膨大なプロセスがありますが、計画通りにはいかないのも事実であり、
年末年始もからみ、部品を発注してもすぐに入らないものも多く、
スケジュールの調整に一苦労させられたのは事実であります。

明日は車検当日となりますので、ここらでと云う事にしたいかと思います。
今回の大規模修理の最終仕上げの車検も無事に終了できればと思って
おります。


2018/01/21(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |