業界スコープ

筆者の近況

平成28年も残り2週間となりました。
筆者も相変わらず忙しく早朝から夕方まで必死に覆面トラックを走らせて
お酒の配送に追われております。
かれこれ一ヶ月を過ぎましたが、次第に様々な問題に直面しているのは
事実でありますが、更新がままならない中、年末スペシャルの企画の
ために取材カーを走らせて休みもない状態で稼働しております。
誠明の業界ではこの時期は寮では芸能祭に追われておりますが、
終われば新年の百人一首大会の準備に大忙しの状態となります。
その一方で中学生は期末試験や中学3年生は反省会が終了後の夜間
学習に追われて寮内は大忙しの状態でありますが、25日のクリスマスを
過ぎれば待ちに待った冬季帰省に入ります。

世間も編集部も誠明の業界でも世の中は師走の激走劇が毎年のように
繰り返されておりますので、読者の皆様には事故・ケガもなく無事に
残り少ない平成28年をお過ごし頂ければと思っております。



2016/12/19(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

11月1日(2016年)

季節は秋から冬へ入ろうとしております。
急激に気温が下がり、編集部がある東京では今夜の16℃で、明日はさらに
最高気温が13℃という予報が出ており、日を増す毎に寒くなってきました。
本日は11月1日となりますが、相変わらず当編集部に対する公用回線での
違法閲覧攻撃と云う名の威力業務妨害が続いてはおりますが、皇室は喪の
最中だと云うのに皇室に対する不敬行為を見ておりますと呆れるばかりで
あります。
先月の総論でもお伝えしましたが、鳥取県では連日のように震度1~2の
余震が続くと共に寒さも加わっており、避難されている県民の皆様の健康が
気になるところであります。

今月も始まったばかりではありますが、読者の皆様におかれましては冬の
準備を行い、残り少ない平成28年を無事にお過ごし頂ければと思っております。



2016/11/01(火) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

10月1日(2016年)

本日は10月1日です。
昨日の総論でも書きましたが、9月の末だというのにエアコンが顔を出すと
書きましたが、本日はらしくカラッとした湿度で温度も落ち着いております。
本格的なの訪れを感じさせる天候です。
筆者はと云えば、先月の総論の通り、発症した頸椎症とヘルニアに悩ませ
られてはおりますが、が深くなるにつれ、冷えて来ますので、読者の皆様は
持病などにご注意頂き、を満喫して頂ければと思います。
今月一ヶ月、事故などもなく無事を祈りつつ、グルメなどをお楽しみ頂ければと
思います。


2016/10/01(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

8月1日(2016年)

本日は8月1日、夏に突入しました。

夏本番
Copyright © 2016 ACworks Co.,Ltd. All Rights Reserved. (この写真は借用品です)

誠明の業界では今年も夏季日課に突入しましたが、筆者も当時の事を
思い出しますと、長くてつらい時期ではありましたが、その中から勝ち取る
ものがあったような気がします。
この夏季日課を乗り切れば、お楽しみの夏季帰省という大きなイベントが
待っておりますので、誠明の業界の皆さんには無事に乗り切って頂きたい
かと思います。
今年は昨年に比べて気温が高い事が予想されておりますので、誠明の
業界関係者だけでなく、一般の方も読者の方も熱中症には充分ご注意を
頂きたいかと思います。
今月はスカッとスタートが出来ましたので、先月のような暗いニュースで
締めくくる事がなく、無事に夏を乗り切れればと思っております。


2016/08/01(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【続報】相模原市の障害者施設で連続殺傷事件が発生しました

速報でお伝えしました神奈川県相模原市の障害者施設の
神奈川県津久井やまゆり園での入所者連続殺傷事件ですが、
報道等でご存じだと思いますが、続報が入りましたのでお伝えします。

やまゆり園公開
犯行現場となった神奈川県津久井やまゆり園

犯行の模様
・西棟側より、ガラスを割り、建物内に侵入し、居室で寝ていた入所者の
 頸部を狙って次々と殺害(傷害)した。
・犯行時に駆けつけた職員をヒモのような物で縛って動けなくしていた。

という事ですが、この犯行の模様を聞いておりますと、2001年に発生した
大阪の小学校の事件
を連想させられる凶悪な犯行と云い、戦後の施設業界
で多数の死傷者を出す最大規模の惨事となりました。
救助に駆けつけた相模原市の消防の隊員の方によりますと、あまりにも凄惨な
状況に絶句させられたそうでありますが、人命を守るために、一生懸命に救援
・救急活動をされたそうであります。

加害者について
植松容疑者
植松 聖(26)容疑者

・犯行現場の施設で今年2月まで職員として勤務していた
・今年に入って相模原市から措置入院をさせられた
・脱法ドラッグやマリファナや大麻等の麻薬を使用していた
・刺青を入れていた
容疑者の植松聖について上記の事が報道されているのは事実であり、
犯行時に麻薬等を使っていたのかは定かではありませんが、障害者
施設の業界にも麻薬の影があった事を思い知らされたのは事実です。

これら報道等の情報をまとめてみましたが、今回の事件は施設業界における
職員による入所者への連続殺人という戦後最悪の事態となったのは事実です。
今回の事件はアメリカのNSC(国家安全保障会議)の報道官が声明を発表
する異例の事態となっており、世界中から注目されるなど大きな衝撃を
与えたのは事実であります。
そして国内でも地元の相模原市や障害者団体からも相次いで声明が
発表されておりますが、これまでにない施設での事件に筆者・編集部と
しましては未曽有の事件に胸を痛めております。

筆者・編集部としましては今回の事件について被害者の方に対しまして
お亡くなりになられた方々には哀悼の意とご冥福をお祈り申し上げます。
そして、おケガをされた方々には一日も早い回復をお祈り申し上げます。


2016/07/27(水) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »