業界スコープ

【平成29年 舎弟脅迫事件】荻原瞬の逮捕から1年

長野県佐久市チンピラでおなじみの荻原瞬が平成29年2月に暴力団仲間を
脅迫した容疑で平成29年7月23日警視庁昭島警察署に逮捕されてから
本日で1周年を迎えました。

荻原瞬平成29年 昨年7月の逮捕当時の荻原瞬(警視庁昭島警察署にて)

昨年の逮捕のニュースはテレビ・ネット・ラジオ・新聞等のメディアを始め、
雑誌系ニュースや当編集部の緊急記事が日本列島を駆けめぐったばかりで無く、
英訳されて海外ニュースとしても報じられ、日本国内だけでなく、世界中から
注目を浴びたのは事実であります。
筆者を始めとする被害者のサイドからは「やっと逮捕された」「やっと逮捕が実現した」
という被害者の怒りを感じたのも事実であります。
ですが、逮捕が実現したかと思えば、一ヶ月もしないうちに警視庁が処分保留で
釈放した事により、被害者はがっかりさせられたばかりでなく、佐久市の市民の
皆様からすれば町が再び治安悪化のベールに包まれたのと同じ事であり、
荻原瞬と仲間による悪事等に再び悩まされる事になったのは事実であります。
それどころか、連日のようにGoogleのサーチエンジンに対して荻原瞬にとって
都合の悪い記事等に対して未だに順位工作が行われているのも事実であり、
非常に問題があるのは事実であります。

荻原瞬本人の動きを見ておりますと、筆者を含む被害者に対して未だに謝罪の
言葉もなく、佐久市内を傍若無人に闊歩しているばかりでなく、違法行為に
ついての情報も出回っているのは事実であります。
この違法行為について筆者・編集部では昨年の警視庁との電話の中で捜査を
するべきであると云う事を話しましたが、長野県警は未だに考えを改めようと
していないのは事実です。
いい加減に長野県警は庁舎を建て替える前にどうして考えを刷新できなかったのか
という疑問があるのは事実です。
警視庁には長野県警を指導監督する立場でありますので、長野県警を正して
頂きたいという事と違法行為については速やかな逮捕をして頂きたいかと
思います。
長野県警は警視庁の指導を受け入れ、暴力団との癒着から立ち切り公平な
警察活動を行って頂きたいのは筆者だけでなく、そこに住む市民の皆様のため
でもありますので暴力団いない県を目指して頂きたいかと思います。

荻原瞬にはいい年をして暴力団構成員をしていても徳はありませんので、
被害者に謝罪をすると共に暴力団を脱退して更生するべきだと思います。
それこそが自分のため、妻のため、子どものためであるという事を含めて
考え直すべきだと思います。

佐久市の呆れたチンピラの逮捕劇から1年を迎えましたが、現状を打破する
ためにも当編集部では今後共に活動を続けていく方針には代わりありません。
1周年の日の特集でした。



荻原瞬悪のスライドショー




2018/07/23(月) | 長野県佐久市荻原瞬問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |