業界スコープ

【キーレス水没】取材カーのキーレスを修理しました

生活している上で誰もがやってしまうミスとして洗濯の際に
カギ
財布
携帯電話
車やバイクのキーレスリモコン

を誤って洗濯してしまったという経験があるかと思います。
今回は筆者が取材カーのカギを誤って洗濯してしまったために、キーレス
故障してしまいました。

水没キー 水没したキーレスキー

困った筆者はディーラーでどのようにすればいいのかという話と見積もりを
頂きましたが、修理費用はなんと1万円という見積もりでした。
ですが、ディーラーから耳寄りな情報として、基盤とゴムカバーは交換できる
事を(部品は約5,000円~)聞きましたので中古のドナーキーがあれば直せる
ことが判明しましたので例の如く、某オークションで検索したところ、数百円~
ありましたので落札した上で修理をすることにしました。

オークションで仕入れたキー オークションで仕入れたドナーキー 価格1,000円

修理方法
まず、水没したキー、ドナーキー双方を精密ドライバーを使って
ネジを外して分解します。

分解したキー
分解するとこんな感じです。

ドナーキーから基盤とゴムを入れ換えます。
基盤とボタン電池の接点を軽く磨き、電池を新品と交換します。
取材カーの交換電池はCR-1620でした。

水没基盤 水没した基盤


修理したキーのフタを締めてネジを締めてキー側の修理は完了です。

これだけではキーレスは作動しませんので、設定作業を行います。
この設定方法は、メーカーや車種で異なっておりますので、インターネットで
検索して探し出します。
検索例・・・・・トヨタ カローラ キーレス設定←メーカー+車種+キーレス設定
        スズキ キーレス設定←メーカー+キーレス設定

ただ、見つけにくいものや、OEM(横流し)車種がある場合や年式や車種等の
違いで方法が異なる場合がありますので、複数の手段を探して下さい。
ちなみに取材カーのメーカー(日産)の場合でも3種類ありましたので
3つの手段を探しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------
重要な注意事項
インテリジェントキーやイモビキーの場合は、メーカーの専用工具(コンサル等)が
必要になりますので、ディーラーや修理工場に設定を依頼して下さい。(有料)
-------------------------------------------------------------------------------------------

取材カーの設定は以下の通りでした。
この設定ですが、ディーラなどに依頼すると、4,000~の費用がかかります。

エンジン始動

①全てのドアを閉め、運転席に座り、ドアをロックノブでロックする

②キーの抜き差しを10秒以内に6回(入れて抜く1動作)行うと、
 ドアロックが開放されます。

③開放されたら3秒以内にドアロックノブでロックし、キーを
 差し込んでACCの位置にする

④ドアロックを開放して、運転席ドアを開ける(旧リモコンの登録を消去)

⑤ ①~③の動作を行う

⑥ ③にあるドアロックをした状態でリモコンスイッチのどちらかを押す
   成功すると、ドアロックが開放されます

⑦運転席のドアを開けて設定完了

⑧動作確認を行い、終了


今回、1万円の修理費用が部品と電池を合わせて1,300円でできるとは思っても
いなかったのは事実でありますが、お洗濯等の前にカギ等がポケットなどに
入っていないことをご確認頂きたいのは当然のことではありますが、こういった
アクシデントはいつ誰がしてしまうのかは分かりません。
読者の皆様には、万一に備えて予備のキーリモコンをご用意されてはいかがでしょうか。
備えあれば憂いなしですのでおすすめします。


2015/12/03(木) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

取材カーのパワステホース交換をしました

読者の皆様のため、筆者のため、編集部のために走り回る取材カーですが、
17万Kmを突破したことに併せて交換修理が頻発する状態となっております。
今回はパワステホースを交換しました。

ひび割れ
無数のヒビが入りオイルが漏れ出しているパワステホース

このパワステホースですが、ゴムで出来ており、経年変化と熱や水等に晒され
年数と共に劣化するのは致し方ないのですが、このままでは車検で引っかかる
項目ですので、筆者が交換を行うことにしました。

部品
交換ホースセット一式<ホースASSY ボルト 銅ワッシャー> 価格¥20,000(純正部品)

パワステフルード 純正パワステフルード 価格¥1,200

今回は複雑な作業だったためあまり多く写真を撮ることができませんでしたが、
方々のパワステオイル交換の記事を参考に全て抜き取りました。

フルード抜き
チューブを利用して上側のカップから全て抜き出しました。

ホース本体のブラケットがエンジン中央の奥側にあるため、筆者はエンジンに
よじ登ってボルトをゆるめたり、右前輪を外してスペースを作り、知恵の輪状態で
ホースを外しました。

外したホース
外したパワステホース

外したからには新しいホースを組み込まなくてはなりませんので、
外したルートを参考にロープで新しいホースを引き上げ、知恵の輪
状態で取り付けました。
ホース引き上げ
                           新品ホース入れ前


この作業で一番難しい箇所は、パワステポンプとの接続が非常に
難しくて中々ネジがはまらないために前後の銅ワッシャーがずれて
しまい、取り付けに難航しました。

交換後、パワステフルードを入れてエア抜きとなりますが、
予習をしておりましたのでスムーズにいきました。

今回の作業は狭くて奥まった箇所での作業でしたので、3時間近く
かかりましたが、経年劣化は避けて通ることはできません。
ですが、この記事の後には大きな作業を予定しておりますので、
車検時期の1月までには何とかしなければと思っております。


2015/11/23(月) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |