業界スコープ

晃華学園事件控訴審情報

晃華学園事件の判決が先日、東京地裁で言い渡されました。
判決として被害児童に対する体罰について原告側児童に対して
損害賠償を命じる判決となりましたが、原告側・被告側が判決を
不服として、東京高等裁判所に対して控訴をしました。
控訴に至るまでの詳しい説明は別途記事でお伝えしますが、控訴審
日程が決定しましたのでお知らせ致します。

第1回控訴審
日   時:11月28日 午後15:00
場   所:東京高等裁判所 809号法廷

尚、東京高等裁判所は東京地裁と同じ場所にありますので、裁判所内に入る際に
警備の関係でボディチェックがありますのでご協力をお願い申し上げます。


被   告:学校法人晃華学園、他

急なお知らせで申し訳ございませんが、読者の皆様には傍聴席からの
熱い応援をお願い申し上げます。
尚、この情報は原告の方から寄せられたものです。
拉致裁判等の記事の掲載をご希望の方は編集部までお知らせ頂ければ
無償にて掲載させて頂きますのでお知らせ頂ければ幸いに存じます。
よろしくお願い申し上げます。



2018/11/19(月) | 児相拉致裁判情報 | トラックバック(0) | コメント(0)

筆者の近況

11月に入り、お酒プロジェクトと併せて車検プロジェクトも大きく動き出し、
筆者は多忙を究める状態と化しております。
今年度の車検プロジェクトでは取材カーのブッシュ交換と合わせて、
新しく仲間入りした軽取材カーの整備も加わり、バタバタしております。
この軽取材カーですが、元々新潟県で使われていた関係で整備を
始めたところ、あちこちに取材カーと同様にボルト類の塩カル固着が
見つかり、先日もスタビライザーリンクを交換する際にはディスク
グラインダーが出動する状態で苦労させられました。
そしてこの軽取材カーには大きな整備をしなければならない箇所が
多数あるばかりでなく、電気系統に故障も発生しており、問題山積の
状態であります。
そればかりでなく、児相問題でも動きがあり、以前から拉致訴訟情報を
お伝えしていた晃華学園を巡る裁判が先日、舞台を東京高裁に移して
争われる事になったばかりでなく、品川の虐待保護放棄殺害事件を
隠れ蓑にするかの如きに八王子児童相談所が新築移転した事が
判明するなど、筆者は頭を痛めている状態であります。
これらの詳細は別記事で別途お伝えしますが、様々な問題が山積した
中で交通整理もままならない状態が続いておりますが、何とかして
記事にしなければと思っております。

錯綜する筆者ですが、何とかしなければと思っておりますので
記事をお待ちの読者の皆様には申し訳ありませんが、もう少し
お時間を頂きたいかと思います。


2018/11/15(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |