業界スコープ

【続報】相模原市の障害者施設で連続殺傷事件が発生しました

速報でお伝えしました神奈川県相模原市の障害者施設の
神奈川県津久井やまゆり園での入所者連続殺傷事件ですが、
報道等でご存じだと思いますが、続報が入りましたのでお伝えします。

やまゆり園公開
犯行現場となった神奈川県津久井やまゆり園

犯行の模様
・西棟側より、ガラスを割り、建物内に侵入し、居室で寝ていた入所者の
 頸部を狙って次々と殺害(傷害)した。
・犯行時に駆けつけた職員をヒモのような物で縛って動けなくしていた。

という事ですが、この犯行の模様を聞いておりますと、2001年に発生した
大阪の小学校の事件
を連想させられる凶悪な犯行と云い、戦後の施設業界
で多数の死傷者を出す最大規模の惨事となりました。
救助に駆けつけた相模原市の消防の隊員の方によりますと、あまりにも凄惨な
状況に絶句させられたそうでありますが、人命を守るために、一生懸命に救援
・救急活動をされたそうであります。

加害者について
植松容疑者
植松 聖(26)容疑者

・犯行現場の施設で今年2月まで職員として勤務していた
・今年に入って相模原市から措置入院をさせられた
・脱法ドラッグやマリファナや大麻等の麻薬を使用していた
・刺青を入れていた
容疑者の植松聖について上記の事が報道されているのは事実であり、
犯行時に麻薬等を使っていたのかは定かではありませんが、障害者
施設の業界にも麻薬の影があった事を思い知らされたのは事実です。

これら報道等の情報をまとめてみましたが、今回の事件は施設業界における
職員による入所者への連続殺人という戦後最悪の事態となったのは事実です。
今回の事件はアメリカのNSC(国家安全保障会議)の報道官が声明を発表
する異例の事態となっており、世界中から注目されるなど大きな衝撃を
与えたのは事実であります。
そして国内でも地元の相模原市や障害者団体からも相次いで声明が
発表されておりますが、これまでにない施設での事件に筆者・編集部と
しましては未曽有の事件に胸を痛めております。

筆者・編集部としましては今回の事件について被害者の方に対しまして
お亡くなりになられた方々には哀悼の意とご冥福をお祈り申し上げます。
そして、おケガをされた方々には一日も早い回復をお祈り申し上げます。


2016/07/27(水) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

【速報】相模原市の障害者施設で連続殺傷事件が発生しました

本日、26日午前2時半頃、神奈川県相模原市にあります障害者施設
津久井やまゆり園において「刃物を持った男が施設に侵入した」と
110番通報があり、警察が急行する事件が発生しました。
通報を受けて調査した神奈川県警によると、少なくとも15人の死亡を
確認されました。
相模原市消防局によると、医師が心肺停止状態だった4人の死亡を確認し、
死者は警察発表を含めて計19人に増え、26人が負傷しました。
負傷者のうち20人は重傷だそうです。

悲惨な事件の速報が入りましたのでお知らせしましたが、
情報によると、犯人はこの施設の元職員だという情報もあります。
詳細が確認でき次第、お伝えします。


2016/07/26(火) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

【絶対許さん! 市長は即刻辞任せよ】相模原市児童相談所問題で虚偽報告が発覚しました

昨日もお伝えしました神奈川県相模原市児童相談所職員による一連の違法全裸
捜査事件ですが、児相が相模原市に対して虚偽報告をしていたを訂正し、報道を
通じて公表した事によって発覚しました。
 
お詫び広報
   一連の事件について謝罪を伝える相模原市の広報HP

報道によりますと、相模原市児童相談所での一連の違法全裸捜査事件について
相模原市が作成した事件概要において被害少女9名を違法全裸捜査をする際に、
女性職員2名が水泳に使う巻きタオルを使用したと報告しておりました。

お詫び文相模原市が公表した
             gaiyou-001.jpg一連の事件の概要を伝える
                                   gaiyou-002.jpgPDF文章
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


ところが、相模原市児童相談所では今回の事件が少しでも小さくなるようにするために
市の事件概要の文書において少女9名の違法全裸捜査の際にはご覧の写真にあります

巻きタオル不思議裸
市の概要文書では巻きタオル                        実際は全裸

水泳等で使う巻きタオルを使用して他に見えないようにしていたとありますが、
実際はと云いますと全裸だったのであります。
この事をことを隠蔽するために相模原市児童相談所は市に虚偽報告を行い、公式
だぞと言わんばかりに市のHPにおいて巻きタオルを使っていたというウソをついた
PDFファイルを公用サーバーから配信して事件の詳細を公表しておりました。
ところが、本日になって、相模原市はこの虚偽報告があった事と被害者の数の訂正を
行った事を報道を通じて公表したことから、大々的に報道される事態となりました。
報道を見ておりますと、相模原市児童相談所の今回の事件を受けて児相と市役所には
14日以後、報道を見た視聴者から多数の抗議や犯行職員の懲戒免職等の処分を求め
る抗議電話やメール等が殺到している事が報じられておりました。

筆者としましては今までの不祥事報道史上、類を見ない規模ではありますが、ウソを
ついて事実を歪曲して波風がおさまるまで隠れて逃げようとする相模原市児童相談所
デタラメ公務ぶりを見ておりますと、非常に腹立たしいの一言でしかないのは事実です。
そして、相模原市の職員は職員になった日の宣誓の事を忘れたのか!?って云いたく
なるのは事実でありますが、国家公務員が今回のような事件を起こせば間違いなく
刑法が定める特別公務員暴行陵逆に問われる事件であり、懲戒免職と懲役が待って
いるのは事実であります。
これだけの事件を起こした相模原市は事実関係を再調査し、完全な報告書を公表し、
被害者全員に謝罪と賠償とアフターを行った上で、現市長は責任を取って辞任し、
出直しの選挙を行い、加害職員の氏名を公表した上で懲戒免職にし、児相の職員を
全員入れ換えて、違法拉致や施設入所させた児童を家庭に戻し、出直して頂きたい
かと思います。





2015/12/17(木) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

神奈川県相模原市児童相談所職員による少年・少女への全裸での所持品検査という人権侵害が行われた事が発覚しました

[相模原市児童相談所] ブログ村キーワード

業界レーダーの記事やマスコミの報道でご存じの方も多いかと思いますが、
神奈川県相模原市の児童相談所の一時保護所において8月、所内での
苦情や要望を書く用紙が1枚紛失した事を巡って職員3名が
・7歳から15歳の少女8名を脱衣所において全裸にして
・8歳から15歳の少年9名についても下着姿にして

所持品検査という違法行為を行っていた事が明らかになり、保護者に
対して謝罪をするという事件が発覚しました。

相模原市児童相談所
少年少女全裸にして違法な捜査を行った相模原市児童相談所
この写真は公務所のサーバーからのリンクです。


この事件を巡って14日、相模原市児童相談所は記者会見を開いて謝罪する
事態となりました。

今回のこの報道を筆者は見ましたが、書類でもない用紙という紙きれ一枚が
紛失と職員が騒ぐのであれば警察等の機関に対して紛失や盗難の届け出をし、
警察が捜査等をすればいいものを職員が法令を無視し、警察等の行うべき
捜査や裁判所の許可令状もなしに職権を乱用して少年少女に対して違法な
所持品検査を行った事は日本の法秩序を破壊するものであり、法治国家への
挑戦としか言いようがありません。
ただでさえ、児童相談所を巡っては、司法捜査権もなく、保護者による虐待などの
調査もロクにせず調査を行ったとでっち上げて一般家庭から子供の拉致を行った
上で一時保護所に子供を収容し、施設内暴力・虐待被害者を増やし続けているのは
周知のことですが、この事件を通じて児童相談所と施設内での職員による暴力と
虐待の問題と併せて人権蹂躙を行っている実態が明らかになったのは云うまでも
ありません。
今年に入ってからNNNのニュース番組でありますnews everyにおいてこれら児童
相談所の一時保護所での人権問題についての特集が組まれたことから業界レーダー
では番組放映後に特集を組んでこれらの問題を指摘していたのは事実であります。

今回の事件を巡って一部の報道ではこの相模原市児童相談所の一時保護所では
「児童同志で名前を聞いてはいけない」「児童同志で話してもいけない」「用紙等の紙は
職員が厳重に管理」という刑務所でも考えられないルールがあった事も報じられて
おり、相模原市の児童相談所の一時保護所では業界レーダーの特集でも指摘した
NNNの特集で登場した東京の新宿子供家庭総合センターの実態にプラスした驚愕の
事も行われており、改めて児童相談所の一時保護所の職員には施設の職員と同様に
子供の人権をまるで虫ケラ同然に扱い、児童の人権を蹂躙する施設でしかないのは
事実です。


往生際の悪い事に相模原市は今回の事件について職員の処分は行わないと報道で
発表しておりますが、これだけの触法犯罪というべき行為を行った職員の処分を行わ
ないのは身内に甘いお役人の甘い考えでしかなく、世間が許すはずがないのは
云うまでもありません。
筆者・当編集部としましてはこのような職員に対して甘く、少年少女の人権を蹂躙
した職員を処分することすらできない神奈川県相模原市の市長である加山俊夫
相模原市市民の皆様はもとより、神奈川県民の皆様や、日本国民の皆様を馬鹿に
しているとしか言いようがありません。
筆者・当編集部としては神奈川県相模原市の市長である加山俊夫を日本国憲法
第15条に基づいて罷免しますので、市長という公職から即刻、辞任して頂きたい
かと思います。


 神奈川県  相模原市  市長  加山俊夫
相模原市児童相談所
神奈川県相模原市 市長 加山俊夫

相 模 原 市 児 童 相 談 所 で 発 生 し た
少年少女に対する違法
全裸捜査事件の
責 任 を 取 っ て
 即 刻 、 辞 任 せ よ !



ご注意
この写真は公務所のサーバーからのリンクです。
公務所のサーバから発信されておりますので公務中の公務員には
肖像権とプライバシーは判例に基づき存在しません。
判例訴訟番号等:昭和36年 東京地方裁判所  (ワ)  第1882号 損害賠償請求事件




2015/12/16(水) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |