業界スコープ

【重要保安箇所】取材カーのリアブレーキシューを交換しました(その4)

先程の工程では各部品を洗浄しましたが、今度は組み立て工程に
入ります。
ここから先は先程のその2で撮影した写真と分解前の左側を参考に
進めていく事になります。

組み立て工程
交換部品DJシューセット
用意した交換用シュー タクティー製(トヨタグループ)

最近、車両の製造メーカーでない他社の自動車メーカーが製造メーカーに
代わって部品を製造販売することが起きております。
ベストフィックス(いすゞ系)やピットワーク(日産系)やドライブジョイ(トヨタ系)
というブランド名が展開されておりますが、今回の交換部品は車両製造
メーカー純正ではなく、トヨタ自動車の系列会社が製造販売しております
タクティー社が展開するドライブジョイブランドの部品を用意しました。
これらの部品は価格が製造メーカーの純正部品に比べて価格が半額以下
とお求めやすいだけでなく、性能や品質についても自動車製造メーカー
品質であり純正と変わりありません。
今回はこの部品を使って進めたいかと思います。

部品の取り付けについての重要な注意
ドラムブレーキのシューには左右で方向性があります。
シューの方向表示

写真の部品にトレーリングと書かれております。
その意味はと云いますと、カタログの諸元欄のブレーキについて
リーディングトレーリング」構造であり、それぞれのシューの特徴を
生かしたブレーキシステムであり、価格も安いことから多くの車で
使われております。
組みかたですが、
右後輪
(左)リーディング (右)トレーリング

左後輪
(左)トレーリング (右)リーディング
の構成で組み立て組み立てを行います。

サイドブレーキ分解
サイドブレーキ分解前表

写真にあります左側のトレーリングシューからリテーナーリングを取り外して
トグルレバーを取り外します。
このリテーナーリングは本来ですと再使用不可ですが、再使用しますので
きれいにマイナスドライバーやラジオペンチ等で外して下さい。

サイドブレーキ分解前裏
写真にあります突出している部品はアジャスターを
回す部品です。
この部分についていますスプリングは外さないで下さい。


リテーナーが外れましたら、ワッシャーの紛失に注意して洗浄工程に
あります方法にて洗浄を行って下さい。

サイドブレーキ組み立て前
洗浄が終わりましたら新品のリーディングシューにサイドブレーキを
トグルレバー ⇒ ワッシャー ⇒ リテーナーリングの順に組み
付けて下さい。

組み付けが終わりましたら、シューの取り付け方向と部品が
揃っているかを確認します。

組み立て前部品確認
シューの方向
右後輪
(左)リーディング (右)トレーリング

左後輪
(左)トレーリング (右)リーディング

各部品は揃っているか

確認後、組み付けに入ります。
グリス塗布

まず、バックプレートにブレーキグリースを写真にあります指定箇所に塗布します。
アジャスターのネジ部分にもブレーキグリースを塗布します。

アジャスターグリス塗布箇所

アジャスターにブレーキグリスを塗布しましたら、ネジと合体し、全てねじ込みます。
この際に出てきたグリスは拭き取って下さい。

サイドブレーキワイヤーにスプリングを差し込み、洗浄と組み付けを行ったリーディン
グシュー下部にありますサイドブレーキワイヤーの先端をバネをかしめた状態で
差し込みます。

サイドブレーキ外し前

組み付け時、写真にありますサイドブレーキワイヤーの組み付けにご注意下さい。

シューホールドピン ⇒ スプリング ⇒ リテーナーの順でリーディングシューを
固定します。

アジャスターをリーディングシューに差し込み、ギアの部分がかみ合っていることを
確認したら、上バネと下バネを取り付けます。
トレーリングシューに上下のバネの片方を引っかけながらホイールシリンダーと
下のピン部分にとアジャスターにかみ合わせながら取り付けます。
この工程が作業の中で一番難しい箇所であり、力業と知恵の輪並の技が必要
ですのでご注意下さい。
この際にホイールシリンダーのカップに傷をつけるリスクが大きいので、トレーリング
シューを引っ張る際に注意が必要です。

取り付けが完了したらシューホールドピン ⇒ スプリング ⇒ リテーナーの順で
トレーリングシューを固定します。

作業完了

組み立てが完了しました。
左側も同様の工程で完了させて下さい。

左右の組み立てが終了しましたら、左右それぞれのドラムを取り付け、タイヤのネジで
ドラムを押さえて下さい。

このままではサイドブレーキが効かない状態ですので、アジャスターの調整
行います。

サイドブレーキを20回以上掛けたり、離したりを繰り返して下さい。
この作業を行いますと、後部から「カチカチ」という音がしますので、音がしなくなるまで
繰り返して下さい。

サイドブレーキを開放して車輪を回してみて下さい。
少し、シューとドラムがこすれる音がすればOKですが、緩いと思う場合はサイドブレーキを
何度も引きます。
それでもの場合は、ドラムを外してアジャスタを均等に回数を決めて広げてみて下さい。
これらの調整が完了しましたら、サイドブレーキを引き、タイヤを戻し、復旧すれば完了です。

臨時整備記録
取材カーの臨時分解整備記録(整備手帳より)

整備手帳の臨時整備欄に「R L/Rブレーキシュー〇を書いて中に×」「走行距離」「日付」
「実施者」のところに交換された人のお名前と(自家)と書き込んで下さい。

今回は、筆者が全てを行いましたが、結構難しかったのは事実でありますが、
苦労のかいも合ってブレーキのキーキー音が止まりました。
読者の皆様には時折、ブレーキの清掃とグリスアップは重要な事ですので
必ず行って頂きたいと思いました。
ですが、取材カーにはまだ修理箇所がありますので、車検までに完了させたい
かと思います。


戻る


2015/10/27(火) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

64式小銃の分解と組立(平成3年)

先日の記事で行進の練習について触れましたが、今回は64式小銃分解
組立になります。
この64式7.62mm小銃は戦闘訓練や行進訓練だけでなく、各種儀式にも
用いるばかりではなく、有事の際には国民の皆様を守るための重要な
武器であります。
自衛隊では日頃から有事の時や訓練などで実弾を発射することがあり、
日頃からの備えの一貫として小銃分解と清掃を行っております。
今回は小銃の基本的な分解と組立の訓練を行っております。

銃分解整備修正
64式小銃分解と組立の訓練中の模様。
写真の真ん中が筆者です。


この64式小銃ですが、自衛官だけでなく、軍事マニアなどの方は
ご存知かと思いますが、戦後生まれの平和な小銃ではありますが、
部品点数の多さがよく話題になっておりますが、この基本分解には
試験もあり、それぞれを3分以内にできるかも試されるのです。
筆者も写真の通り訓練に参加しておりますが、最終的には3分ギリギリで
最終の試験には合格しました。
そしてこの分解整備ですが、自衛隊の内規では実弾や空包などを発射した
後は3日間連続で整備することが定められており、一苦労であったのは
事実でありますが、助教の教官である23班のA班長(3曹)は班員である
NI2士のポケットに使用済の手入れ用パッチ(布製)を入れろと冗談を
飛ばした事をきっかけに中隊の中でNI2士のあだ名は「ゴミ箱」という
あだ名で呼ばれるようになった事を覚えております。

この小銃分解の後、筆者は実弾を発射する訓練に参加することに
なったのは言うまでもありませんでした。


2014/09/07(日) | 仕事/公務編 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |