業界スコープ

筆者の近況

11月に入り、お酒プロジェクトと併せて車検プロジェクトも大きく動き出し、
筆者は多忙を究める状態と化しております。
今年度の車検プロジェクトでは取材カーのブッシュ交換と合わせて、
新しく仲間入りした軽取材カーの整備も加わり、バタバタしております。
この軽取材カーですが、元々新潟県で使われていた関係で整備を
始めたところ、あちこちに取材カーと同様にボルト類の塩カル固着が
見つかり、先日もスタビライザーリンクを交換する際にはディスク
グラインダーが出動する状態で苦労させられました。
そしてこの軽取材カーには大きな整備をしなければならない箇所が
多数あるばかりでなく、電気系統に故障も発生しており、問題山積の
状態であります。
そればかりでなく、児相問題でも動きがあり、以前から拉致訴訟情報を
お伝えしていた晃華学園を巡る裁判が先日、舞台を東京高裁に移して
争われる事になったばかりでなく、品川の虐待保護放棄殺害事件を
隠れ蓑にするかの如きに八王子児童相談所が新築移転した事が
判明するなど、筆者は頭を痛めている状態であります。
これらの詳細は別記事で別途お伝えしますが、様々な問題が山積した
中で交通整理もままならない状態が続いておりますが、何とかして
記事にしなければと思っております。

錯綜する筆者ですが、何とかしなければと思っておりますので
記事をお待ちの読者の皆様には申し訳ありませんが、もう少し
お時間を頂きたいかと思います。


2018/11/15(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

自作油圧5tプレス機を設計してみました。

今年の車検プロジェクトでは昨年同様にロアブッシュ一式の交換という大規模な修理を
行うに当たって自作プレス機を制作する事になりました。
設計をする必要に迫られた背景に昨年の車検プロジェクトでホイールベアリングの交換
際にねじ式のSSTを使いましたが、かなりの力を必要とする事から力と時間がかかりました。
今年の車検プロジェクトではブッシングをかなりの数を圧入する必要があり、ねじ式の
工具では時間がかかることから、今年は迅速化を図るべく、自作5tプレス機を制作する
事にしました。

  CAD画面
  当編集部ではdynamicdrawを使用して普段からフリップ等の作成を行っております。
  今回は尺度はいい加減ですが、筆者が簡易CADとして使ってみました。


プレス機ですが購入すれば、1万円以上し、送料もバカになりません。
当編集部には6月に溶接機を導入し、今月は高速切断機も導入し、制作の道具は揃って
いる事から自作した方が安上がりと云うことで思い切って設計をしてみました。
これらの図面を書くに当たっての知識は誠明の業界で2年の時に職補の時間に卓球部の
顧問の先生でもあり、木工の先生でもありましたタ〇ア〇から教わった手書き図面引きの
知識と筆者が持つコンピューターの知識を併せて今回の図面を書き上げました。

自作5tプレス設計図
完成した5tプレス機の設計図面(クリックすると、大きくなります)
これらの画像はCube PDFを使用してJPG形式のファイルに
変換しました。
こちらもフリーソフトですが、高機能+高性能なプリンタードライバです。


設計図もできましたので、この図面を元に制作にかかりたいかと思います。
忙しくなりましたが、年内に修理を終わらせることが出来ればと思います。



2018/09/29(土) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |