業界スコープ

【異常気象/筆者を殺す気か!?】2度目の熱中症に襲われました

先月の記事で熱中症について書きましたが、今年の夏は殺人の夏と呼べる
位の異常気象で連日、気温が34℃と異常な状態が続いております。
世間では「水分を摂れ」「塩分を摂れ」と云う事で筆者も前回の件以後、
水分と塩分の他に対策として覆面トラックに扇風機を設置したり、非常の際に
備えての経口補水液と食塩を常備したりの準備を行っておりました。

扇風機登場 覆面トラックに設置したバッテリー扇風機

ですが、対策も虚しく、体調が悪い状態が続き、広島長崎の原爆の日と
終戦記念日の記事の執筆もままならない状態が続いており、悩まされて
いる最中に体調を崩し、本日、暴露クリニックで再度、診察を受けるハメに
なりました。

暴露クリニック
今年度の熱中症で二度もお世話になるハメに
なった暴露クリニック


診断の結果、またもや熱中症と云う診断が下され、点滴をするハメになりました。

点滴中
暴露クリニックで再度の点滴を受ける筆者

前回を反省し、対策を講じたにも関わらずこのような結果になった筆者としましては
非常に頭が痛い問題であり、筆者としましては地球に殺意を感じたのは事実ですが、
自然の環境がこれだけ温暖化しているのは事実ですので、さらなる対策を講じなければ
と思っております。

暑い夏は続いております。誠明の業界では夏期日課が続いており、世間ではお盆を
過ぎてホッとしているかと思いますが、まだまだ油断はできませんので、読者の皆様
には引き続き、熱中症に対する厳重な対策をお願いしたいかと思います。
ちょっとでも体調がおかしいと思ったら無理をせずに医師の診断をお受けになる事を
おすすめします。

地球に殺されてたまるかと誓う、筆者の近況をお伝えしました。



2018/08/17(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |