業界スコープ

【国連でウソついた】ウソ満載の日本政府の呆れた答弁

1月16・17日にスイスジュネーブのパレウィルソンビルにて開催されました
国連子どもの権利委員会の審査において、前代未聞のウソ答弁が
行われました。

ハゾヴァ委員は日本政府に対して

①6歳以下の子供の施設措置は、直ちにやめるべきではないのか?

②沢山の子供が親から引き離されている。引き離しが児相長の判断のみ
 によって行われているのはどうしてか?

③(児相の)2ヶ月の一時保護期間は長すぎるのではないか?

④緊急時の一時保護であっても、1~3日位のうちに(裁判所の)司法判断を
 受けるべきである。

⑤子供が家族から引き剥がされるとき、親や子供の意見は尊重されるのか?

⑥児相・児童養護施設にいる子どもと親の面接面会がどうして出来ないのか?

⑦児相の予算はどうやって決定されるのか。児相が親から引き剥がしてきた
 子供の数で予算が決まっているのではないか?


⑧親からの子供引き剥がしのインセンティブがある児相の
 予算システムになっているのではないか?


と、児相の現状について厳しい質問が行われました。
ところが17日の回答日に厚生労働省の児童福祉専門官である島玲志(しま れいじ)は

島拡大くり抜き
国連で堂々とウソの答弁を行った厚生労働省 児童福祉専門官 島 玲志

②、④、⑤の答弁として
児童を社会的養護に入れるかどうかに
ついては、子供と親の意見を聞き
もし親の意見と違う場合は家裁が判断する


と答えた上で

⑦~⑧の答弁として
予算は、児相が管轄する人口規模で予算が
定められている。
保護した子供の数によって決まるのではない。
但し、児童養護施設や里親は子供1人当たりで
予算が直接支給される


と云う答弁を行いました。
この回答を聞き、筆者は腸(はらわた)が煮えくり返る強い怒りを覚えたのは事実で
ありますが、よくもヌケヌケと児相の拉致ノルマを隠蔽し、施設では一人頭でいくら
だと言える島玲志の無神経なウソには呆れたのは云うまでもありません。
そして子どもを親から離す時に親子双方の意見を聞いた上で判断がつかない時は
裁判所の判断を仰ぐなんていうウソをついておりますが、実際にはどこからでも
突如拉致をして後から「お子さんを保護しました」という拉致を行っているのが
現状である現実をよくもヌケヌケと双方の意見を聞いているというウソつきぶりには
本当に呆れました。
これらの回答を聞いて筆者は厚生労働省は国連をナメてかかっているとしか
思えませんが、2月7日には最終審査の結果が出ますので、国連には日本政府
対して厳しい勧告を出して頂きたいかと思います。






2019/01/18(金) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

国連WEB TV 2019年審査日本編のリンク集です。

1月16・17日に行われました国連子どもの権利委員会での公式録画への
録画版へのリンクを作りました。
ライブを見逃してしまった方や英語が分からないまま視聴していた
という方はこちらをご覧頂くことで日本語で視聴できますのでご活用
頂ければと思っております。
尚、こちらのリンク動画は動画録画ツールには対応しておりませんので
録画をされたい方はオフィシャルサイトでお願いします。
これらの動画には国連側に著作権がありますので、個人の私的な資料
としてお使い頂く様、お願い申し上げます。

2019年16日審査(日本語版)

英語版と録画はこちらのオフィシャルでお願いします

2019年1月17日審査(日本語版)

英語版と録画はこちらのオフィシャルでお願いします

尚、オフィシャルサイトでご覧になる際に音声を切り換えたい方は
説明画面の赤い矢印が示している箇所にある

国連WEB_TV 音声切替タブ説明

音声切替タブをEniglishにすると英語でOrignalにすると日本語でお聞き頂く
事ができますのでご活用下さい。


2019/01/18(金) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

【16・17日開催】いよいよ国連本審査の始まりです

児相被害を撲滅する会が2017年に提出しました代替報告書と昨年提出しました
第2次代替報告書での報告も終わり、国連から先日、日本の様々な団体からの
代替報告書が公表され
ました。

国連に受理され公表された代替報告書
ご覧の通り、国連に代替報告書は受理され、国連の公式HPから公表されました。
ご協力頂きました児相被害者の皆様に感謝と御礼を申し上げます。


そして、いよいよ16・17日午後18:00よりスイスはジュネーブのパレウィルソン
ビルにて日本政府に対する国連子どもの権利委員会での本審査が開始されます。
既に会の会長はジュネーブにて本審査が開始に向けて待機しております。

2019国連審査バナー
国連審査告知バナーです。告知活動等にダウンロードしてご利用下さい。

今回の本審査は昨年2月のサブセッションの席において日本政府はロシアの
ハゾヴァ副委員長から日本は先進国であるにも関わらず子ども達を中世の
時代の如くに扱っているという非難の声と共に各国の委員からは非難の
声が相次いだ事もあり、本審査に於いては相当な厳しい審査と各国の
委員からは相当な風当たりが予想されております。
今回のジュネーブでの審査の模様は国連の公式WEB TVにて全世界に向けて
放映されます。

国連WEB TV 国連WEB TVの入口です

尚、タイムテープルは以下の通りですが、国連のサーバー設置場所がアメリカにある
関係で、アメリカニューヨークの時差6時間にジュネーブの8時間を無理やり14時間
プラスしてあり、画像の時刻はあまり正確ではありませんのでご注意下さい。

16日スケジュール  17日スケジュール

正確な開催日時は日本時間で
16日23:00~
17日18:00~

となっておりますのでご注意頂きます様、お願い申し上げます。
※正確な時間を求めるにはジュネーブと日本の時差をマイナス8時間して下さい。

児相被害者の皆様、読書の皆様には是非、国連での審査をWEB TVでご覧になり、
熱い声援を賜ります様、お願い申し上げます。



2019/01/14(月) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

あれから20年 ~ 阪神淡路大震災から20年 ~

平成7年1月17日午前5時46分頃、兵庫県淡路島周辺を震源とする兵庫県
南部地震(通称名・阪神淡路大震災)が発生しました。
当時の事を振り返りますと、筆者は茨城県土浦市にあった事務所の2階で
寝ておりました。
突然の揺れで地震だと思い、テレビのスイッチをONにしたところ、
大阪のNHKの報道センターが大きく揺れている場面を見ました。
そして、この地震がタダごとでない事に気づき、チャンネルを回したところ、
どの局も一斉報道状態(通称・ブチ抜き)であったことを知りました。
そして映し出される画像は地獄絵さながらであり、

傾いて倒壊したビル

柏井ビル倒壊の推移Img335 b.jpg Hanshin-Awaji earthquake 1995 Kashiwai-building 002
神戸市中央区の柏井ビル倒壊の推移Img335 b. Licensed under GFDL via Wikipedia.


倒壊した高速道路

Hanshin Expressway Nada b059.jpg
"Hanshin Expressway Nada b059" by 神戸市.
Licensed under CC BY 2.1 jp via ウィキメディア・コモンズ.
場所は阪神高速(灘区)です。


柱などが折れて押しつぶされたJRの駅舎

Rokkomichi Sta j-k1.jpg
"Rokkomichi Sta j-k1" by 神戸市. Licensed under CC BY 2.1 jp via
ウィキメディア・コモンズ
.


等の映像が次々に映し出され現地の惨状を目の当たりにしたのは事実であります。
そして、この神戸市灘区には筆者の自衛隊時代のメンバーが一名おり、
この震災後から連絡が未だに取れず、安否を心配している状態が20年を経過
した今も続いているのも事実です。
この大震災から今年で20年を迎えましたが、この震災のあと、様々な問題点も
浮上し、生活の上では欠かせないカセットガスコンロのボンベの形式の統一等も
行われるなどの見直しのきっかけになったのも事実です。
そして、被災後の救助等に多くの一般市民の皆様がご尽力されたのも事実であり、
関西地区ならではの仲間意識の強さもあり、少しづつ力強く復興へ進んだのも
事実であります。
ですが、その一方で家屋の下敷きになったり、火災に巻き込まれる等して
お亡くなりになられた方の事を考えますと、筆者としましては今でも胸が痛く
なるのも事実です。

今年で震災発生から20年を迎えましたが、お亡くなりになられた方に対して
哀悼の意を申し上げますと共にさらなる被災地の発展を祈り、
ご挨拶とさせて頂きます。

                           平成27年1月17日

                                   業界スコープ編集部
                                   業界レーダー編集部
                                     編集長 業界のフォーカスマン




2015/01/17(土) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |