業界スコープ

【事故に注意!】年末年始の錯綜の最中での出来事

今年も終ろうとしておりますが、更新もままならない状態で連日21:00を
過ぎる日々が続いております。

フル満載
連日のように覆面トラックにはお酒がフル満載の状態が続いております。

10月の消費税の増税後消費が低迷する最中の12月ですが、例年の通りに
覆面トラックには写真の通りにお酒がフル満載の状態が続いており、昨日の
夜積みでは1社の取引先の2次問屋さんが7PL(パレット)分の注文を入れた
ために1車貸し切りと云ってもいい事態となっております。
この覆面トラックには最大で10PLまで荷物の搭載ができますが、今回のような
ほぼ貸し切りというのは前代未聞であり、過去の例がなく、筆者もビックリして
いるのも事実です。

これだけ忙しい最中ですが、今年の年末の錯綜は同時に筆者にも様々な
問題が起きたのも事実です。
それは、事故なのです。

フォーク衝突 12月2日、フォークを運転中に駐車中のトラックと衝突

2日の事ですが、筆者がフォークリフトを後退させた時に駐車中のトラック
衝突する事故が起きました。
幸いな事に相手が問題の人物以外の人でしたのでトラブルもなく無事に
話しを進めることができましたが、フォークリフトの運転を運転する際は
周りの確認をしっかりと、狭い場所で無理にカウンターリフトを使わない
ようにしたいかと思います。

このように安全には気をつけなければと考えている最中に又しても
21日にも事故が発生しました。
それは某酒店の駐車場において電気設備の配線を観音の上部で引っかけた
事に気づかず覆面トラックを発車し、DV電線を切断したばかりでなく、
ポールを2つ(うち1本は打損)破損するという事故が発生しました。

電線 12月21日、電線を引きちぎって破損した電柱

根元で折れた電柱
不幸中の幸いな事に電柱が灯油小屋に引っかかる形で止まりましたが、
電柱が根元から折れました。


この問題の電線ですが、事故前からお客様と共に注意しましょうと云う
話しを筆者とお店のご主人との間で話しており、お互いに気をつけて
いましたが、当日は風もあり、筆者が観音を開けた際に何らかの形で
電線が風の力で観音の上部に乗っかってしまい、気づかなかった筆者が
そのまま観音を閉めた事が原因です。
今週の月曜日に電線の部分については安全の問題から修理がされましたが、
灯油小屋の破損した屋根の修理は年明けになりそうですが、先日、電気屋
さんと大工さんが現場のお店に来ましたので筆者からもお詫びをして
おきました。


今回の一連の事故につきましては被害者の会社やお店様や関係方面の方々
にご迷惑をおかけし、申し訳なく思っております。
この紙上においても深くお詫び申し上げます。


今回は事故が続いてしまい、筆者は本当に頭を抱える事態となっておりますが、
今年も残すところ 2日となりましたが、お仕事をされておられます方は
錯綜時の事故には十分ご注意頂きたいかと思います。



2019/12/29(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

取材カーの大規模修理について

読者の皆様のため、筆者・編集部のために駆け回る取材カーですが、
新車から数えて来年で14年になろうとしているばかりでなく、走行距離も
18万3000Kmを突破している事から走行のメカニズムにもガタが出始めて
おります。
ですが、当編集部は個人の零細運営ですのでポンっと古くなったから新車
というわけにはいきませんし、業者に修理を依頼すれば、今回のレベルですと
軽く15万円を越えるのは見えておりますので、筆者が修理をすることにしました。

修理の内容
フロントハブベアリング交換
リアハブベアリング交換
フロントボールジョイントブーツ交換


フロントロアアーム説明 フロント車軸部分(右側分解図) フロントナックル部品図


リア車軸部分 リア車軸部分(右側分解図) リアナックル部品図


今回の修理費用総額で一番費用がかかっております。写真の部分を分解して
ハブベアリングとロアアームのブーツを交換します。

フロントフェンダープロテクター交換

プロテクター フロントフェンダー

右フェンダー内のアンダーカバーが走行中に外れて擦れて穴が開いて
しまいましたので新品と交換します。

左ヘッドランプ交換
車検でテスター屋さんから指摘されていた裏側の部品の割れを中古ASSYにて
交換修理します。

積載重量表示ステッカーの貼り替え
法令で表示が義務づけられている最大積載量の表示ステッカーが破れて
しまいましたので貼り替えを行います。

フードクランプ交換
フードを支える棒を格納する際に固定するクランプが割れてしまいましたので
交換します(今回で2回目)


これらの修理と併せて今回の年末の大規模修理では消耗品やオイル等の
交換を行いますが、明細は以下の通りであります。

材料明細

この明細は今回修理を行う箇所の部品や定期交換が必要なオイルなどの
明細ですが、修理箇所は合計しますと7箇所に及びます。
部品だけでも4万円近くなっておりますが、その他に工具消耗品車検等を加算
しますと総額で約8万円近くなりますが、車検をパスするためには必要な箇所
ですので実施することにしました。
年末の忙しい最中にこの大規模な修理作業を行う事になりますが、筆者としましては
何とかこなしていきたいかと思っておりますので読者の皆様には多大なるご声援を
賜ります様、よろしくお願い申し上げる次第であります。

ただいま、材料が各地から届きつつありますが、本日の筆者は材料の手配だけで
なく、消耗品の調達に行ってきましたが、先程、編集部に戻ってきてこの記事を
書いておりますが、今回の大規模修理は筆者も初めての事ですので、実行するに
当たり、さらに多くの学習をしなければなりませんが、来年1月の車検までには
完成させたいかと思います。
作業の模様は、作業と撮影が出来次第、お伝えしますので、ご期待頂ければと
思います。





2017/12/03(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |