業界スコープ

鳥取県の障害者施設で長年に渡る監禁虐待が発覚しました

鳥取県鳥取市にあります障害者施設の鳥取県立鹿野かちみ園で、
入所者の知的障害のある40〜60代の女性入所者3人に対して
3~20年に渡って1日に6~14時間半に渡って部屋等に監禁していた
ことが15日明らかになりました。

鳥取県立鹿野かちみ園 
入所者女性3名を長時間且つ、3~20年に渡って部屋に閉じ込めて施錠し違法監禁していた
鳥取県立鹿野かちみ園

報道等によりますと県立鹿野かちみ園に入所する女性3名が異食や
ケンカ等があり、家族の同意を得た上で部屋等に長時間長期に渡って
監禁をしていたと説明しております。
問題の発覚は5月10に鳥取県県東部福祉保健事務所(鳥取市)に通報が
あり、障害者虐待防止法に基づき鳥取市と共同で調査しておりましたが、
同法に反する長期に渡る監禁は虐待に当たるとして公表しました。
報道で県厚生事業団の山本光範理事長は「利用者と保護者の方に多大な
不安と迷惑をかけ、おわび申し上げます」と謝罪した上で再発防止のため
職員研修を実施すると発表しました。

この事件について日本知的障害者福祉協会の会長橘文也氏は報道に
対して「<監禁について>家族の同意を得ても正当化できず、障害者本人の
基本的人権は守らねばならない。障害者の支援に難しい問題が生じた際には、
施設内で問題を抱え込まず他機関と連携して解決するべき」と述べました



鳥取県立鹿野かちみ園において入所者女性3名に対して3~20年に渡り、
家族から同意は得ていたものの長期・長時間に渡って部屋に閉じ込めた
上で施錠を行い、違法監禁を行っていたことが15日に発覚しました。
この違法な監禁については法的効力もなく、違法な状態で長時間・長期に
渡って監禁が行われていたのですから筆者・編集部としましてはこの驚愕の
事実を知り、唖然とさせられたのは事実であります。
施設での合法的な拘束は知事の認定による精神病院への強制入院や
児童自立支援施設での合法拘束(国立武蔵野学院の強制寮が有名。家庭裁判所の許可
が必要)
や刑事処罰の規定で鑑別所や少年院や刑務所以外しか
許されていないにも関わらず障害者施設で法的根拠に基づかない監禁
行為を行う事は違法行為であり人権侵害でしかないのは事実であります。
ですが、今回の事件の発覚を受け、施設における違法な監禁行為が
どうして20年もの間誰にも指摘をされずに今日まで来ていた事実を
考えますと、入所者の人権は虫ケラ同然にしか考えない短絡的な
発想になってしまうのか不思議でしかありません。

筆者・当編集部としましては鳥取県及び鳥取県厚生事業団に対して
これらの人権侵害について被害女性3名に対して謝罪をすると共に
こういった人権侵害が起きない体制づくりをして頂ければと思って
おります。



2016/06/15(水) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

あれから20年 ~ 阪神淡路大震災から20年 ~

平成7年1月17日午前5時46分頃、兵庫県淡路島周辺を震源とする兵庫県
南部地震(通称名・阪神淡路大震災)が発生しました。
当時の事を振り返りますと、筆者は茨城県土浦市にあった事務所の2階で
寝ておりました。
突然の揺れで地震だと思い、テレビのスイッチをONにしたところ、
大阪のNHKの報道センターが大きく揺れている場面を見ました。
そして、この地震がタダごとでない事に気づき、チャンネルを回したところ、
どの局も一斉報道状態(通称・ブチ抜き)であったことを知りました。
そして映し出される画像は地獄絵さながらであり、

傾いて倒壊したビル

柏井ビル倒壊の推移Img335 b.jpg Hanshin-Awaji earthquake 1995 Kashiwai-building 002
神戸市中央区の柏井ビル倒壊の推移Img335 b. Licensed under GFDL via Wikipedia.


倒壊した高速道路

Hanshin Expressway Nada b059.jpg
"Hanshin Expressway Nada b059" by 神戸市.
Licensed under CC BY 2.1 jp via ウィキメディア・コモンズ.
場所は阪神高速(灘区)です。


柱などが折れて押しつぶされたJRの駅舎

Rokkomichi Sta j-k1.jpg
"Rokkomichi Sta j-k1" by 神戸市. Licensed under CC BY 2.1 jp via
ウィキメディア・コモンズ
.


等の映像が次々に映し出され現地の惨状を目の当たりにしたのは事実であります。
そして、この神戸市灘区には筆者の自衛隊時代のメンバーが一名おり、
この震災後から連絡が未だに取れず、安否を心配している状態が20年を経過
した今も続いているのも事実です。
この大震災から今年で20年を迎えましたが、この震災のあと、様々な問題点も
浮上し、生活の上では欠かせないカセットガスコンロのボンベの形式の統一等も
行われるなどの見直しのきっかけになったのも事実です。
そして、被災後の救助等に多くの一般市民の皆様がご尽力されたのも事実であり、
関西地区ならではの仲間意識の強さもあり、少しづつ力強く復興へ進んだのも
事実であります。
ですが、その一方で家屋の下敷きになったり、火災に巻き込まれる等して
お亡くなりになられた方の事を考えますと、筆者としましては今でも胸が痛く
なるのも事実です。

今年で震災発生から20年を迎えましたが、お亡くなりになられた方に対して
哀悼の意を申し上げますと共にさらなる被災地の発展を祈り、
ご挨拶とさせて頂きます。

                           平成27年1月17日

                                   業界スコープ編集部
                                   業界レーダー編集部
                                     編集長 業界のフォーカスマン




2015/01/17(土) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |