業界スコープ

3月6日(2020年)

本日は3月6日昭和59年に筆者が誠明学園に入った日です。
あれから今年で36年を迎えましたが、誠明の業界も然り、変わる事も
無く昭和の時代の悪い伝統を引きずり令和の時代に入ったのも事実です。
未だに加害職員達は時効などをタテに逃げ回り、子どもたちに与えた
多大な損害とトラウマとPTSDや強制避妊問題も棚上げ状態であるのは
云うまでもありません。

世間を見渡せば昨年2月には国連子どもの権利委員会から厳しい
勧告を受けたり、ハーグ条約の不履行を原因としてドイツ等の
各国からは東京オリンピックを前にして日本への渡航者に対する
渡航注意勧告が発せられたのも事実です。
そしてハーグ条約問題を基に共同親権問題についても国内では
大きな動きを見せているのも事実です。
そして児相による拉致の問題は職員の不祥事を増やし、わいせつ等の
被害を被るお子様が増えており、このまま児相や施設を増やす事は
最終的には過去のスイスと同様に巨額賠償を招来し、国。都道府県、
区市町村を財政再生団体入りさせる事になるのも事実であります。

この他にも養子縁組を悪用した子どもの人身売買を合法化しようと
する悪徳NPOもおり、結婚して子どもを作る事が被害者を増やすと
云う皮肉な結果からして子ども作らない、海外で子どもを作るという
動きも一部で始まっているのも事実であり、日本の政府には素直に
国連勧告を受け入れ、被害児童に対する適切な謝罪と補償とアフターを
行い、加害職員が行った行為について時効を撤廃して逮捕し、処罰を
するべきであると筆者は思っております。

これらの問題が騒がれている最中にマスコミの報道でご存じの
コロナウィルス問題と昭和48年のオイルショックを彷彿させるトイレット
ペーパーやマスク等の買い占め騒ぎの中で36年という時間を迎えた
筆者ではありますが、今後とも施設内暴力と虐待の追放と被害者に
対する補償とアフターの実施を目指して邁進する次第でありますので、
読者の皆様には今後ともご声援を賜りますようお願い申し上げる次第で
あります。


                        2020年3月6日

                       業界スコープ編集部
                        編集長 業界のフォーカスマン


2020/03/06(金) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |