業界スコープ

ただ今作業中です(デンヨー BDW-170MS 電池交換)

コントローラー上部

お酒プロジェクトの忙しい最中に、筆者はコツコツと先日導入しました溶接機の電池の
整備を行っております。
整備の結果ですが、長年の使用で電池の劣化が確認され、交換が必要となりました。

旧バッテリー 劣化が確認された旧バッテリ


コントローラー部の電池ボックス コントローラーも重いわけです。ここにも電池が直列で3つも格納されておりました。

コントローラー部が40Kgと重い原因は写真の通りでありますが、この部分にも
バッテリーが格納されており、重量の約半分近くを占めていた事がわかりました。
そして、分割された下側には6個の電池が直列と並列を併用して(12V×3の直列
2セットを並列で2列)接続されており、合計で36Vで3列の並列接続という事に
なります。
これでは、機械の上げ下げを人間一人の手で行うのは並大抵なことではない事が
お分かり頂けるかと思います。(エンジン式に比べればトータルでは軽量な部類です)
当編集部はアパートの一室であり、マンションのようにエレベーターなんていう便利な
ものはありませんのでホイストで揚重(ようじゅう)せざるを得ないのは事実です。
揚重するための治具(じぐ)を制作するためにもこの溶接機の働きがなければ実現
できませんので重要なウェイトを占めているのは事実であります。
そして当編集部がバッテリー式の溶接機を導入せざるを得なかった理由は編集部の
電力の関係で(単相2線 30A)200V電源が使えないと云う事情もあります。
ですが、この機械に搭載されておりますバッテリーは産業用ディープサイクルバッテリー
で国産の純正品の価格(12PF17)は1つで約15,000円と高額ななため、今回は輸入品の
バッテリーで代替を進める事にしました。

LONGWP20_12.jpg
台湾KUNG LONG社製WP20-12 驚きの価格で日本国内製の約半額以下です。
バッテリーの交換費用は9本全て交換で約3万4000円程(税込)です。(国産品は9本で約135,000円~です)
しかも、RU等の安全規格に適合しており、機関の認証マークを製品に表示する事を許可されている
グローバルな海外メーカーであります。


今回のバッテリー購入ですが、一部が発熱していると云う事で福岡県の会社から購入
しましたが、注文から到着までに1週間近く(輸送の事情を考慮しても)時間がかかり
すぎるため、他社を探していたところ、福岡の会社より納入が早く価格が安いだけで
なく送料も無料にしてもらえる千葉県の会社に発注したところ、納期が翌日と早いため、
残りの3つを(最低動作補償のため)同社にリピートオーダーで発注しました。

片バンク待機中 片側バンクが新バッテリーの到着のために待機しております。

新しい電池の到着 新しい電池が千葉から到着しました。

バッテリー到着後、初回充電をしてみたところ、コネクターをずらさないと充電が出来ない
不具合も発見されましたので、本日、メーカーであるデンヨーに問い合わせたところ
「あり得ない」と云う回答を頂きました。

問題が発生した接続コネクタ 問題が発生したコネクタ(アメリカ アンダーソン社製)

このコネクターですが、長年の使用や移動等の振動等で端子が磨耗して接触不良を
起こしていると思われますので、後日、部品交換を行う予定であります。

中古機械であっても中古車であっても不具合の発生は所有者の責任でもありますので
後日、部品を取り寄せて交換したいかと思います。








2018/06/18(月) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |