業界スコープ

【老朽化】編集部のワープロソフトを新型に切り換えました

長らく当編集部ではメイン文書作成に使っておりましたワープロソフトを
やっとの思いで代替更新しました。

OASYS画面1 コピー 2000年から当編集部で活躍し続けてきた富士通OASYS V8

どうして当編集部ではこれだけ長く古いソフトであっても使い続けて来たのかと
云いますと、操作性が良く、文字の編集が他のソフトに無い機能が搭載されて
いることを過去の記事でも書きましたが、それだけでなく、筆者の人生にとって
誠明の業界から卒業して社会に出て最初に仕事を始めた時からの愛着もあり、
機種やソフトを変えながら今日まで来たのは事実であります。
このPC版のOASYSはWindows95が世の中に出てから専用機であるOASYS100Jから
乗りかえ、歴代のバージョンを使っておりましたが、V4.0とV4.1のソフトの
安定性が悪かった事もあり、V8.0以降バージョンアップを見送っておりました。
しかし、現存のV8.0は日本語辞書であるOAK(OASYSかな変換)の出来が良く、
2000年から数えて今年で18年を迎えましたが、Windowsも10に代わった事に
合わせてOAKと一部のソフトがケンカをする時があり、時代の流れには勝てなく、
今回筆者・編集部では最新のV10代替をすることにしました。

OASYS V10画面
新型ワープロソフト 富士通OASYS V10画面

今回の代替で、かな漢字辞書はJapanistと云うソフトに変更になりましたが、
従来のOAKの機能や蓄積された辞書データもを継続して使えますので準備に
手間が掛かりませんでしたが、新しいソフトと云うこともあり、この文面を書いて
いる際にも誤植を機械がしてしまっている箇所が何度かありましたが、
使い込めば改善してしていくのではと思っております。
そして筆者・編集部としましては、各メーカーがワープロ事業から撤退している
中で手堅くPCソフトで残し続けていますメーカーである富士通の心意気を感じた
のは事実であります。

筆者・編集部では今後の方針としまして老朽化したソフトの代替を進めて
まいります。
そして読者の皆様にお役に立てる記事で邁進してまいりますので
今後ともよろしくお願い申し上げます。


2018/02/23(金) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

筆者の近況

北朝鮮によるミサイル発射事件後から筆者は更新もできずに都内を忙しく
駆けずり回る事態となっております。
この忙しい最中に編集部や世間では目まぐるしい動きをしておりますが、
お役人という名の付く幼稚園児以下の輩は白昼から堂々と公用回線で
連日のように威力業務妨害行為を繰り返しておりますが、この忙しい
最中にうれしいお知らせですが、15年ぶりに筆者は新たに資格を
取得することになりました。
今回は刈払機の運転の資格です。

刈払機
新たな資格 刈払機運転

建設不動産総合研修センター 教習機関 : 一般社団法人建設不動産総合研修センター

どうしてかと云いますと、筆者の事業の場合、建設系が絡んでおり、いつでも
迅速に対応するためには避けて通ることができない項目として「資格」という
ものが必要になっております。
これらの資格は近年のコンプライアンスの問題から無資格で行いますと、
法令等によって罰せられる場合があり、仕事はあるのに資格がないために
実行できないことは経済の面からしても大きな損失となるのです。
これらに対応するためにも筆者としましては今年度の方針として資格を取得
しようと云う方針を立てました。
今回お世話になりました教習機関ですが、時代を反映してかインターネットを
活用して特別教育などの資格が取得できる学校と云うことでしたので受講を
受けましたが、この方法ですと、資格取得のために仕事を休む必要もなく、
稼働しながらできることは大きな利点かと思います。

この資格取得の最中に編集部ではPCがクラッシュする事件も起きました。
ある日のことですが、編集部のPCに入っておりますlinuxOSのアップデートを
行った後にブートローダーが破損し、PCが起動できなくなるというトラブルが
頻発しました。
そこで、筆者はWindowsのアップデートと併せて新しいlinuxOSを導入することに
しました。

Windows10.jpg マイクロソフトWindows10

Fedora23ws.jpg Fedora23ワークステーション

今回、OSをすべて新調しましたが、全て無料でアップデートができたことは
セキュリティの観点からしますと、非常に良いことであり、信頼性の向上も
図れるわけですから一石二鳥であります。
そして今回のアップデートは従来のインストールと比べますと、非常に双方
共に高速であり、筆者としましては助かりました。
そしてWindows10では従来からのソフトも稼働しますので非常に助かって
おりますが、何せ、OASYSもEidcolorにしても10年オーバー選手が稼働
することを確認しておりますが、そろそろ筆者としましては新しいソフトに
転換する時期が来ているのは事実ですので、頃合いを見てソフトの更新を
行う事にしたいかと思います。

この忙しい最中に不穏な情報も入電しております。
それはと云いますと、昨年3月に発生した長野県佐久市での犬レジFacebook
事件の共犯加害者が結婚と出産を同時にFacebookにおいて発表した事で
あります。

撮影妨害1 平成24年11月4日に発生した覆面トラック事件の加害者


レジ犬画像 昨年3月に発生した犬レジFacebook事件

筆者としましては事件の事を謝罪もせすに結婚や出産と云うのですから
「ふ・ざ・け・る・な」の一言でしかないのは云うまでもありませんが、
いい加減に過去を清算して頂きたいのは事実であります。
そして、結婚した相手も一部で一連のチンピラ絡み事件の加害者という
情報もあり、仮に現実であれば佐久市の治安はますます悪化し、住民の
皆様が安心して暮らせなくなるのは云うまでもありません。

そして、昨年もお伝えしましたが、神奈川県川崎市にあります有料老人
施設のS・アミーユ川崎幸町での老人虐待と併せて3名の方の不審死が
起き、警察が捜査をおこなっておりましたが、15日に神奈川県警本部と
幸署はこれらの不審死は事故ではなく、殺人であった事が判明し、
元職員が殺人容疑で逮捕されるという事件もありました。

今井容疑者
今井隼人容疑者(23)

報道によりますと今井容疑者は警察の供述において
・ストレスがたまった
・介護がめんどうだ
等とする供述をしているそうでありますが、罪もない老人を3名も殺害
する理由にはならず、筆者・編集部としましては身勝手としか云い
ようがないのは事実であります。
それだけでなく、今井容疑者は入所する老人のお金も窃取し、自分の
ミエを張っていたという事も報道されており、今井容疑者の傍若無人
ぶりにはあきれるばかりであります。

謝罪文 株式会社メッセージの謝罪文

そして上記にあります株式会社メッセージの謝罪文は典型的なことしか
記載されておらず、先日の軽井沢で発生したバス事故の社長の謝罪文と
比べても呆れたのは云うまでもありません。
尊い命を奪った株式会社メッセージの社長は典型的な文章ではなく、
遺族に対して謝罪と保障をするべきかと思います。


近況を書いてみましたが、明日も忙しく都内を駆けずり回らなければなり
ませんが、平成28年はどうなってしまうのかと思ったのは事実です。
読者の皆様には明るい話題で平成28年をお過ごし頂ければと思います。





2016/02/21(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |