業界スコープ

キ〇ガイ屋敷解体から1年後の現在

かつて、この地にありましたキ〇ガイ屋敷ですが、解体から1年を経過しました。
写真は解体完了から1年を経過した現地の模様であります。

  1年前、この地にあった一連の キ〇ガイ側の建物 騒動の舞台だったキ〇ガイ屋敷


   完成1あれから1年経過して
          ↓

編集部側から
土地が造成され、駐車車両が入居できる状態になった元キ〇ガイ屋敷跡地の現在の様子。

道路側から1 道路から編集部を見た様子


道路側ポール フェンスを保護するために黄色のポールが立ちました

大家宅から 大家さん宅から見た模様

それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
東京都職員による筆者宅への襲撃対策及び近隣のプライバシー保護のため、
写真に修正を施してあります。


このキ〇ガイ屋敷の解体が完了した後ですが、しばらくは空き地の状態で
ありましたが、頻繁にキ〇ガイ元住民がこの土地に出入りし、ゴミ捨て場を
いじっているところを近隣の住民が目撃しており、近隣の方がに不安に
なっているというお話を筆者が近隣の方から聞かされたこともあったのか
駐車場を造成する計画に合わせたのかは不明ではありますが、解体を
免れていたブロック製のゴミ捨て場が通路を造成する際に取り壊されました。
挙げ句に果てには編集部の隣の棟の住んでいない部屋の前でキ〇ガイ
元住民が寝ていたことを巡って他住民の方から警察に通報し、警官隊が
出動するなどの騒ぎがありました。
さらに筆者に対しても絡むなどキ〇ガイ元住民のしつこさには筆者だけで
なく、他住民も悩まされたのも事実であります。
こういった事も重なったのか事情はわかりませんが、8月に入ってから
急遽、ご覧の様にキ〇ガイ屋敷駐車場に姿を変えることになりました。

この駐車場への変身というべき作業の過程で、又もや編集部にとっては生命線
でもあります光ケーブル移設を大家さんの要請で余儀なくされたのも事実
であります。
幸いなことに、通路を造成した際に大家さんの依頼で東京電力が小柱を建てて
くれましたので、移設工事を筆者がKDDIに発注し、本日、工事が行われました。

工事人電柱作業中
電柱に昇って編集部の光ケーブル移設作業を行うKDDIの工事人。
工事人のプライバシー保護のため、写真に修正を施してあります。


工事人建物側
編集部の建物にはしごを掛けて光ケーブル移設作業を行うKDDIの工事人。
工事人のプライバシー保護と東京都職員による筆者宅への襲撃対策のため、
写真に修正を施してあります。


ご覧のように職人が2名で見え、テキパキと仕事をこなし、2時間前後で終了
しました。
工事が完了し、書類に署名と捺印をして終了しました。

工事完了報告書 工事完了報告書

一連のキ〇ガイ屋敷を巡る工事は完全に終了しましたが、筆者にしてみれば
これでやっと静かに編集作業ができるようになりましたが、昨年7月から始まった
キ〇ガイ屋敷解体から始まり、2度に渡る編集部の光ケーブル移設など、
筆者にしてみればキ〇ガイ屋敷を巡る一連の動きを見ておりますと、本当に
長かった1年だと思いました。
読者の皆様には、一連のキ〇ガイ元住民を巡る騒動などでご迷惑をかけたかと
思いますが、キ〇ガイ元住民との長い戦いもこれで終息に向かう事を願わんばかり
ではありますが、編集部としましては、これを以てが全て終息して欲しいのも
事実であります。


2011/08/28(日) | かつての迷惑住民 | トラックバック(0) | コメント(0)

キ〇ガイ屋敷解体(後段・最終回)

中段でお伝えした通り、キ〇ガイ屋敷の解体工事は急ピッチで進んで
おりますが、キ〇ガイ住民が借地借家法をタテに居すわったことから
遅れを取り戻すべく連休も返上して工事が行われております。
今回の記事でキ〇ガイ屋敷解体は最終回になりますが、完全に更地に
なるまでのドキュメントをお伝えしたいかと思います。

7/19
先日、解体元請け会社からの要請に基づき、筆者が電話会社に依頼した
筆者宅の光ケーブルの移動が電話会社によって行われました。

高所作業車  移設作業中
編集部前に登場した電話会社の高所作業車  編集部の光ケーブル移設作業中の様子です。
それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


職人さんの貴重な休日を奪ったキ〇ガイ住民を許すわけにはいきません。
どこまでしぶとく居すわるのか筆者をはじめとして他入居者や近隣住民を
イラつかせ8日も居すわって解体工事を遅らせたのも事実です。
遅れを取り戻すべく解体屋さんは祭日を返上して急ピッチで作業を進めて
おります。
解体屋さんは怒りを堪えながら、はさみでこのようにキ〇ガイ屋敷をはさんで
油圧の力でどんどん壊して行きます。


迫力の解体シーン
バックホーによる迫力ある解体シーンです。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


キ〇ガイ屋敷はどんどんこのようにバックホーの迫力ある
油圧パワーとオペさんの熟練の技をもってどんどん壊されて行きます。

2F壊し 2F壊し3 2F壊し2
それぞれのサムネールをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

筆者は解体の様子をカメラを片手に見守っておりました。
改めて編集部で写真をPCに取り込んで画像編集をしておりましたが、
この写真には職人技がこもっていたような気がしてなりませんでした。

職人技
バックホーのはさみで角材をはさんで2Fの壁を壊しております。
筆者は職人技を感じました。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


午前中の作業をもってキ〇ガイ屋敷の2F部分は完全に消滅し、
残すは1Fの壁のみとなりました。
お昼を挟んで午後から1Fの残りの壁を解体が始まりました。

1F壁解体1 1F壁解体2
それぞれのサムネールをクリックすると、大きな画像でご覧頂けす。

作業は順調に進み、夕方までにはキ〇ガイ屋敷はガレキの山と化しました。

ガレ場1

ガレ場2
ご覧のようにキ〇ガイ屋敷はガレ場と化しました。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


7/20?21
2日に渡ってゴミをダンプにて搬出し、片づけが行われ、キ〇ガイ屋敷は
建物の基礎の部分を残すのみとなりました。

基礎
ご覧のようにキ〇ガイ屋敷は基礎部分を残すまでになりました。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


キ〇ガイ住民の部屋のトイレがあった部分からは異臭がしていたのも事実であり、
解体業者の方も苦労されたかと思います。
もう少しでキ〇ガイ屋敷はこの地から完全消滅します。

7/22
キ〇ガイ屋敷の基礎がコンクリートクラッシャーなどを用いて解体が
始まりました。

コンクリートクラッシャー
コンクリート破壊の秘密兵器とも言うべきコンクリートクラッシャー
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


基礎解体と平行して第2棟の内装解体も始まりました。

7/23

キ〇ガイ屋敷消滅
キ〇ガイ屋敷部分が完全に消滅しました。工事は残りの棟を壊す段階に入りました
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


キ〇ガイ屋敷の残りの基礎が抜かれて搬出されて整地が行われ、キ〇ガイ屋敷は
この地から完全に消滅しました。
そしてキ〇ガイ屋敷側の養生が撤去されました。

7/24?8/4

砂利敷設
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

キ〇ガイ屋敷側の地面に砂利を入れた整地が行われました。
同時に足場が別棟の隣家境界部分へ移動とされました。
別棟の雨戸やサッシが撤去され、内部の解体が始まり、残りの別棟の解体に
入ります。
プロセスはキ〇ガイ屋敷と同じですので省略をさせて頂きますが、別棟は
倍のスピードで進行され、あっと言う間に終わりました。
その間に筆者は本業のスキをぬって労働問題の相談を受けたり、地上デジタル
放送受信設備の工事等で大忙しの状態でありました。
そして、最終日を迎えることになりました。

8/5
工事が完了し、バックホーと資材や機材などが搬出され、キ〇ガイ屋敷と別棟は
この地から完全に消滅し、更地になりました。

完成1

完成2  完成3
それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


お盆スペシャル超ロング記事になってしまいましたが、この度の解体工事は
キ〇ガイ住民による長年に渡る迷惑行為に筆者及び他入居者及び近隣住民は
数々の事件などで悩まされ続けてきました。
この長い6年間の戦いを締めくくる意味もありまして、当編集部では
総力を挙げて特集を組みました。
お客様においても長年キ〇ガイ住民が共有駐車スペースに駐車した際に
絡まれたり、階段の下にあります窓からジーッと見られて気持ち悪い等の
苦情やその他ご指摘を受けたのは事実であります。
なかなか進まない苦情処理や警察の動きなどにイラつかされたのも事実です。
先の見えない長い6年間であったと思います。
筆者もキ〇ガイ住民のストレスから血便が出る位に苦しんできたのも事実で
あり、警察が出動した回数は6回という異例の事態であったのも事実です。
今回、キ〇ガイ屋敷の解体に関わられた暴露工務店様を始めとしまして
関係者の方にはご迷惑がかかる事もあったかと思いますが、無事に工事が
終了されたことには感謝を申し上げます。
尚、今回の解体工事に当たりかなりの枚数の写真を撮影と使用をさせて
頂きましたが、今後の事もありますので肖像権やプライバシーに配慮した
関係で見苦しい部分がかなりあるかと思いますが、これら事情をお汲み取り
頂きます様お願い申し上げます。
もし、お気づきの点などがございましたら、編集部までご一報頂きます様、
よろしくお願い申し上げます。


                       2010年8月13日

                         業界スコープ編集部
                         業界レーダー編集部
                 管理人・編集長 業界のフォーカスマン

2010/08/13(金) | かつての迷惑住民 | トラックバック(0) | コメント(0)

特集 キ〇ガイ屋敷解体(中段)

キ〇ガイ屋敷の解体工事も中段に入りました。
前回の特集の後、近所の方から「地面に包丁を刺して塩が盛ってあった」という
とんでもない話が編集部に寄せられてきました。
お清めなのか、恨みなのかはわかりませんが薄気味悪い話ではありますが、
キ〇ガイ屋敷の解体工事はかなり急ピッチで進んでおります。
月曜日からの流れをドキュメントでお伝えします。

7月12日
水道切断
編集部前の道路を掘削して復旧をしている模様です。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


水道切断2
復旧が完了し、アスファルトが戻されております。
それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


筆者が昼頃編集部に立ち寄ったところ、道路を車両通行止めにして道路を掘削し、
建物から道路までの水道管を切断する工事が行われておりました。
雨も降っており、外も作業をしていますので外部の作業ができませんので
解体業者の方は内装の壁の解体を行っておりました。

部屋仕切り壁解体

部屋仕切り壁解体2
それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

キ〇ガイ部屋の様子 キ〇ガイ部屋の様子2
サムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

東京電力の手によって「引き込み線」「各部屋のメーター」「ブレーカー」の撤去が
行われました。

引き込み線撤去 メーター撤去 ブレーカー撤去
サムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

夕方には壁の一部がバックホーにて壊し始まりました。

壊し始め
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


7月13日
いよいよ大壊しがはじまりました。
バックホーのエンジンが吠え、キ〇ガイ屋敷をはさみでつまんでどんどん
壊していきます。
この工事と平行してNTTの電話線と光接続箱が撤去されました。
これを以てキ〇ガイ屋敷の解体工事は本格化していきます。
ですが、編集部には元請け会社より、編集部の命でもあります光ケーブルの
移動の依頼が元請け業者より寄せられました。
夕方までに1Fと2F部分が壊し終わりました。

大壊し2
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


7月14日
昨日の大壊しが進み、現場に何と!? 4tダンプ車が入りました。
筆者もびっくりしました。よくここに4t車を入れたなぁと関心して
しまいました。
実を言いますと、この編集部の前の道路は非常に狭く、筆者の2tロングトラック
(全長約6.4m)が入りますと道幅を占領し、出る時に変な位置に電柱があるために
バックミラーを畳まないと接触することと、大家さんの家の塀に接触するか位に
狭いのです。
そこで現場に来ていた若親方に聞いてみたところ、「裏側から入れた」と
おっしゃっておりました。
さらにバックホーも同じ手段で入れたとのことでした。

4tダンプ 4tダンプ2
キ〇ガイ住民の部屋を壊し、ゴミを片づけて建物の基礎を少し取ったことで4tダンプが入れる様に
なりました。
サムネールをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


解体が進むにつれてとんでもない事実も判明しました。
何と建物内部に階段が出現したのです。

階段出現
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

階段内部
階段を内部から撮影したものです。先に見えるドアはトイレです。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


筆者はびっくりしました。今まで4.5畳の1Kの風呂なししかなかったと思っていたら、
上下の2部屋を階段でつなげて一つの家にしていたわけでありますから衝撃を受けた
のも事実であります。
説明図
イラストをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
Copyright 2010 業界スコープ編集部 制作ツール:Edicolor Ver6.5(別名:電算写植機)


この日、筆者は昨日依頼を受けていた編集部の光ケーブルの移設を電話会社に
依頼し、7月19日に工事を行う事が決まりました。
そして電話にて、元請けさんの立ち会いもお願いしました。


7月15日?16日
解体工事が急ピッチで進んでおります。

大壊し3
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

You Tube動画(キ〇ガイ屋敷解体)

携帯でご覧の方はこちらからどうぞ

解体工事は順調に進み、残り1部屋となりました。


7月17日
今日は筆者は本業が休みですので、少しばかり多めに写真を撮ることができました。
残りの1部屋の解体が行われております。

最後の一部屋
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

チップ屋
ダンプに積まれたこのゴミは解体業者の業界用語で通称チップ屋と呼ばれております。
積み込み途中ではありますが、建物の面積の割りには少ないような気がします。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


ほぼ3/4近くまで解体が進んでおります。
もうちょっとでキ〇ガイ屋敷はこの地から消滅することになります。
筆者はもとより他入居者も周辺住民の皆様もキ〇ガイ住民の呪縛から解き放たれ、
年中キ〇ガイ住民のことを巡って警察が出入りすることもなく静かな生活が戻るまで
あとわずかになりました。
目指すは、完全に更地になるまででありますが、残りの1棟もありますので、取材や
執筆などに少々お時間を頂くことになりますが、更地になる最後までお送りしますので
ご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

2010/07/17(土) | かつての迷惑住民 | トラックバック(0) | コメント(0)

特集 キ〇ガイ屋敷解体(前段)

先日からお伝えしております、筆者宅の別棟におりました数々の問題を
起こして筆者や他入居者や近隣住民に迷惑行為を繰り返してきたキ〇ガイ
住民が借地借家法をタテに退去日以降も居すわったため、工事に遅れが
出ておりますが、7月8日夕方にやっと退去しました。
筆者や他入居者や近隣住民の長年心待ちにしていたキ〇ガイ住民の退去が
実現し、最後の仕上げとして解体工事が行われる運びとなりました。
それと同時に年中警察が出入りするアパートの汚名も返上できそうです。
めったにお目にかかれない建物解体の模様を3回に分けて特集したいかと
思います。

キ〇ガイの部屋前 コピー
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

7月7日

足場と養生シート

養生内側

建物に足場が組まれると同時に養生シートが貼られました。

ガスメーター撤去
それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

ガスの供給がこの日をもって終了し、LPガスボンベとレギュレーターが
業者の手によって撤去されました。
ですが、この日もキ〇ガイ住民は堂々と居すわっておりました。

郵便ポストが隣の棟の階段の前に移動されました。

ポスト移動
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

7月8日
各部屋の畳やサッシやドアが撤去されました。
この日の夕方キ〇ガイ住民はやっと退去しました。
解体屋さんの話によりますと、今回の工事でいろいろな方から
キ〇ガイ住民の話を聞かされてちょっと困惑していたのも事実で
あります。
それと同時に解体専用のバックホーが現場に搬入されました。

バックホー
解体仕様のバックホー(日立建機製)
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


7月9日?10日
他の部屋と平行してキ〇ガイ住民がいた部屋の解体が始まりました。
異臭がスゴかったです。

外側 玄関 

室内1
  室内2
それぞれのサムネールをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

特にトイレの異臭は半端じゃなかったは事実です。
以前、脚立騒動の際にすごい匂いがしていたのでキ〇ガイ住民の部屋は臭い
ことを筆者は知っておりましたが、作業をされた解体業者の方も大変だった
のではと思います。

隣の棟のベランダの柱を切断して2tダンプを入れてゴミなどが次々と
搬出されていきます。

ゴミ搬出
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

筆者も建物解体の経験がありますが、ベランダの手すりなどを搬出
しやすいように切断してあり、機能的で手際の良さを感じました。
これぞ職人技と思いました。見ていてホレボレしてしまいました。


ここまで前段の作業の様子をご紹介しましたが、ゴミやその他撤去
されていない箇所もありますが、次回の話はいよいよ目玉の解体に
入ります。
取材が出来次第お送りします。

2010/07/11(日) | かつての迷惑住民 | トラックバック(0) | コメント(0)

【緊急告知】キ〇ガイ住民の住む棟が解体されることになりました

告知書
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
編集部に投函されていた解体工事を告知するチラシ。解体業者のプライバシー保護のため、
画像の一部に加工を行っております。


編集部から読者の皆様に大切なお知らせです。
ご覧の「解体工事のお知らせ」にあります通り、この度キ〇ガイ住民が
住む棟と合わせて編集部の前の2棟のアパートが解体されることになりました。
今まで読者の皆様にはキ〇ガイ住民による迷惑行為についてご迷惑とご心配を
おかけしており、筆者・編集部としましても申し訳なく思う日々が長年続いて
おりました。
7月1日より解体工事が始まりますので、取り急ぎお知らせすることになりました。
解体工事期間中は騒音や振動やホコリ等で皆様にご迷惑をおかけすることに
なりますが、ご来訪頂きますお客様にはご迷惑のないように解体業者に対して
申し入れをさせて頂くと共に最大限の配慮をさせて頂きたいかと思います。
尚、この解体工事に伴い、一時的に編集部の電話とFAXが使用できなくなる可能性も
ありますのでこの期間中にお急ぎのご連絡などがございましたらメールフォーム又は
メールにてご連絡をお願い申し上げます。
尚、読者の方で筆者の携帯電話の番号をご存じの方は影響はありませんので
ご安心頂きますよう、お願い申し上げます。

その他の連絡事項があります場合はこの業界スコープにて告知させて頂きます。

皆様にご迷惑をおかけすることになりますが、無事に工事が終了することを
祈りつつ、皆様へのご挨拶とさせて頂きたいかと思います。
よろしくお願い申し上げます。


                        2010年6月20日

                       業界スコープ編集部
                       業界レーダー編集部
                管理人・編集長 業界のフォーカスマン


こちらもあわせてご覧下さい。
read more...

2010/06/20(日) | かつての迷惑住民 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »