業界スコープ

【全国に蔓延する職員の悪しき伝統】職員の施設内での飲酒の実態

先日の事ですが、四国地方の読者の方から衝撃的な写真が編集部に
寄せられ、筆者は未だにか云う実態を見せつけられました。

syoko.jpg
四国地方の某児童自立支援施設のごみ捨て場から発見された焼酎のビン(720ml)
この焼酎の製造者は石川県の酒造会社との事です。


この写真は四国地方の某児童自立支援施設のごみ捨て場内に
捨てられていた焼酎のビンです。誰がどう考えても焼酎は料理に
使うために使ったとは云えず飲むためのものでしかありません。
この証拠写真からして明らかに職員が施設内で飲酒を行っている
決定的な証拠です。
当該施設の職員は交替制ですから勤務中に飲酒が横行している
としか云いようがありません。
この事ですが、筆者が昭和63年に誠明学園のスーパー問題職員YAを
都庁に告発した際にも職員の飲酒問題を指摘
しておりますが、平成に入っても
B4の江角義男やハイパー問題職員AS等の飲酒が問題になっていたのは事実
でありますが、職員の勤務中の飲酒がこのように四国地方でも発見された事実
からして全国の児童自立支援施設の業界では悪しき昭和の伝統が令和の時代
にまで受け継がれている実態を見ますと非常に呆れたのは事実であります。

児童自立支援施設の業界は昭和の時代からの悪しき昭和の伝統から脱却
するべきであり、未だに続く職員による暴力と虐待によって子どもたちが
トラウマやPTSDや後遺症に悩まされている事を考えるべきであり、業界内の
クリーン化と併せて謝罪と補償とアフターを行うべきであります。
そして国は国連の勧告を受け入れて職員による暴力と虐待を行った職員を
処罰する法律を作るべきであります。

呆れた四国地方の某児童自立支援施設の職員の飲酒問題でした。



2020/09/12(土) | 児童自立支援施設/少年院/刑務所の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

萩山実務学校の課長補佐が強制わいせつで逮捕されました

萩山正門前
萩山実務学校正門前(筆者撮影)
一部の本事件の記事で業界レーダーに掲載の写真を無断で使用しているサイトがあります。
著作権侵害に当たりますのでサイト運営者は速やかに画像の消去を願います。


萩山実務学校と云えば、近年は元生徒や弁護士から訴訟がタテ続けに提訴され、
敗訴したり、児相問題でおなじみの江角義男が校長に就任し、校内が恐怖政治の
世界に包まれたり、児相の曰く付きの問題職員の秘匿する場所として有名ですが、
この度、萩山実務学校の職員が又もや大きな事件を起こしました。

---業界ニュース-----------------------------

東京都立萩山実務学校の課長補佐が
                強制わいせつ容疑で逮捕されました。


相沢貴之容疑者
東京都立萩山実務学校 児童自立支援課長補佐
                           相沢貴之(35) 容疑者

報道等によりますと、相沢容疑者は平成30年7月21日の深夜、東京都足立区谷中
路上において20代の女性の背後から女性の口を押さえ、胸などをさわる等のわいせつ
行為を行いました。
被害を受け、警察が捜査をしたところ、犯行現場近くの防犯カメラに相沢容疑者が
写っているのが確認され、捜査の結果、容疑が固まったとして平成30年8月29日
警視庁綾瀬警察署は相沢容疑者を強制わいせつ容疑で逮捕しました。
警察の調べに対して相沢容疑者は「酒に酔って欲求が抑えられなくなり、犯行に
至った」と供述しているそうです。
このことについて東京都福祉保健局は報道に対して陳謝をする事態となりました。

-------------------------業界ニュース-----

又しても萩山実務学校の職員による犯行が行われたというニュースを受け、
筆者・編集部では呆れたを通り越して言葉の一つも出ないと云う呆れぶりです。
今回の被害者は業界関係者でもなく一般の女性が被害者になると云う
無差別テロを彷彿させる犯行ぶりには呆れたのは事実であります。
先程も書きましたが、裁判での敗訴や江角義男による恐怖政治と云い、
萩山実務学校の職員が次々に犯す犯罪の度合いはエスカレートする
一方であり、このままでは萩山実務学校自体の存在意義とは何なのかを
問われかねないのは事実であります。
いい加減に萩山実務学校はこの腐敗した犯罪組織と云わんばかりの状況で
子どもたちを指導するだなんて云うのは本末転倒でしかありません。
筆者・編集部では以前から施設内暴力と虐待の追放について活動をして
おりますが、いつになったら萩山実務学校は児童に対する暴力と虐待を
根絶できるのか???であります。
このままでは萩山実務学校は施設そのものを閉鎖するしかないのでは
と思います。
萩山実務学校は今までの傍若無人ぶりな運営と腐敗した職員の免職等の
リストラを行い、職員を荘入れ換えし、新たな出発が出来るのかが疑問で
あります。

萩山実務学校だけでなく、他の児童自立支援施設にも云える事では
ありますが、職員が犯罪を犯せば様々なデータベース等に記録され、
消去する事は不能ですので、職員の犯罪の撲滅について考えるべき
であります。





2018/08/30(木) | 児童自立支援施設/少年院/刑務所の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

【暴力問題職員を国が表彰!?】厚労省の呆れた功績表彰の実態

つい先日のことですが、ふとした事を検索していたところ、厚生労働省が
児童自立支援事業従事者に対する厚生労働大臣表彰」なる記事を
見つけました。
添付のPDFファイルのリンクをクリックしてリストを開いてみますと、
誠明学園が誇る往年の犯罪職員の名前が次から次へと出てくるという
驚愕の事実が判明しました。

児童自立支援事業従事者表彰
児童自立支援事業従事者に対する厚生労働大臣表彰者名簿です。
このPDFには全国の児童自立支援施設表彰職員名が記されておりますが、
こんなところに誠明学園が誇る往年の暴力問題犯罪職員の名があることには
驚愕させられたのは事実です。
画像をクリックすると、本物のリスト(PDF)に移動します。


このリストを見て筆者は厚生労働省のお役人という名の付く幼稚園児以下の輩は
施設において児童に対して殺人からコソ泥に至るまでの犯罪職員表彰式を
民間のホテル等の施設を借り上げてまで行うという常軌を逸した蛮行には呆れる
ばかりか、国税のムダ使いでしかありません。
この他にも誠明学園の誇る犯罪職員が別の年度にも表彰されておりますので、
救いようのない呆れたのも事実であります。

尚、今回は東京の部分をクローズアップしてお伝えしておりますが、厚労省のリスト
には全国の児童自立支援施設の職員の名もありますので、関係者の方には
ぜひ、ご覧頂きたいかと思います。

この件に関しましての抗議先は以下の通りです。
厚生労働省 雇用均等・児童家庭局家庭福祉課
                        課長補佐 寺澤 (7897)
                        指導係   石田・田中 (7889)

〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
           (代表番号) 03-5253-1111
           (直通番号) 03-3595-2504

これらの表彰は養護施設の職員についても行っておりますので、関係者の方は
厚生労働省のHPでご確認をお願いします。

呆・れ・た厚・生・労・働・省の実態をお伝えしました。



2017/06/21(水) | 児童自立支援施設/少年院/刑務所の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

横浜刑務所の法務技官が少女売春で逮捕されました

神奈川県横浜市にあります横浜刑務所法務技官が18歳未満の少女
売春を行い、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で警察に逮捕されました。

逮捕されたのは横浜刑務所法務技官窪田駿輔容疑者(25)です。
警察によりますと、窪田容疑者は昨年9月12日の夜、横浜市港南区笹下の
公務員官舎の自宅においてさいたま市に住む当時16歳の少女に対して
1万5000円を渡し、淫らな行為を行った疑いです。

横浜刑務所  少女売春事件で揺れる横浜刑務所

当時16歳の少女とはスマートフォンの出会い系のアプリ通してと知り合い、
複数回に渡って売春をしていたとみられ、警察の調べに対して窪田容疑者は
「欲望に勝てなかったと」供述し、容疑を認めております。

窪田容疑者は刑務所内の受刑者に対して作業の指導を行う法務技官
ありますが、女子高生に対して窪田容疑者は「俺は工場の偉い人」と話して
いたそうであります。


神奈川県横浜市にあります横浜刑務所法務技官少女に対する
売春行為で逮捕される事件が発生しました。
2年前にも茨城農芸学院の職員がわいせつ等の容疑で逮捕される
事件がありました。
今回の事件を見ておりますと、法務省のお役人という名のつく幼稚園児
以下の輩は頭の中身は何も変わっていなかったことが証明されたのは
事実であり、法律を守るべき職業である刑務所の職員がこのような
不祥事を起こしているのでは本末転倒でしかありません。
筆者も過去に聞いた話でありますが、刑務所内の受刑者は法令厳守が
徹底されており、刑務官が一度間違った事をすれば受刑者から法律で
攻められたり、訴訟を提起されるだけでなく、最近は資格の時代とまで
云われており、塀の中の世界でも資格がないと何も出来ないそうで
ありますが、法を守り、執行する刑務官の責任の重さについて再認識
して頂きたいかと思います。

2016/06/14(火) | 児童自立支援施設/少年院/刑務所の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

大阪府の児童自立支援施設で暴行事件が発生しました

NHKの報道によりますと、大阪府の児童自立支援施設の職員
元生徒勤務先での態度が悪いとして暴行を働く事件を
起こしました。
報道によりますと、今年4月17日と21日に元生徒勤務先から
元生徒の態度が悪いと連絡を受け、30代の男性職員が顔に平手
打ちをしたり、胸を押し倒したりの暴行を行いました。
元生徒はほおが腫れたりあざができたそうです。
この事について職員は大阪府の調査に対して「頑張って仕事を
してほしいという気持ちが高ぶって、行きすぎた行為をしてしまった」
と話しているそうです。
この件について府は保護者に謝罪し、職員の処分を検討している
との事であります。



大阪府の児童自立支援施設の職員が退所した元生徒の勤務態度が
悪いとして暴行に及ぶという事件を起こしました。
昨年も千葉県の生実学校の職員元生徒との淫行という事件が
発覚したばかりでありますが、職員による元生徒への接触には
非常に問題があるのは云うまでもありませんが、わざわざ出張
して暴力と云えば筆者の昭和63年10月17日の田無での暴力事件
以来の出来事であったのは云うまでもありません。
理由はどうであれ、職員が生徒に暴力を振るうことについて
以前から当編集部では非難キャンペーンを展開しておりますが、
暴力で何が変わるのかという事を散々説いておりますが、
良くなるどころか悪くなるのは過去の実例からして周知の
通りであります。
大阪府だけでなく、当編集部では施設内暴力追放を32年前から
訴えてきておりますが、未だに変わろうとしない大阪府の
蛮行ぶりを許すわけにはいきません。
被害生徒の方は勤務先を変えて職員とのかかわりを断ち切る
必要があります。
そして保護者の方には刑法208条に基づいて告訴をすることを
おすすめしたいかと思います。
何年経っても変わらない児童自立支援施設の業界の悪行ぶりには
呆れて言葉がないのは事実であります。

大阪府の児童自立支援施設は修徳学院子どもライフサポートセンターがある
阿武山学園は大阪市立

2016/06/11(土) | 児童自立支援施設/少年院/刑務所の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »