業界スコープ

編集部に新PCを一挙に2台代替しました

4月 30日に移転後、編集部のPCが移動の衝撃などに耐えられなかった
ことから(運搬は助手席のシートの上です)故障してしまった事と、先程の
記事にもあります事件や回線の問題も重なり、編集部の業務がストップ
する事態となり、打開策として先日、ようやくPC代替しました。

コンソールjpg

windows.jpg
代替したPC HP社 エリート8300シリーズ (筆者撮影)
詳細などはこちらにございます。


今回、編集部では一挙に2台ものPCを導入しました。通常ですと国内メーカーが
多いのですが、今回は米国HP(ヒューレットパッカード)社のPCです。
HP社と云いますとご存じの方もおられるかと思いますがUNIXのワークステーション
などの業務用が有名ですが、近年は米国コンパック社と共にPCなどの機器の
生産も行っております。
このPCには購入の段階で1台は8GB仕様でもう1台はメモリを増設し、16GB
仕様としてあります。
なぜかと云いますと、当編集部では近年YouTubeコーナーで公開しております
動画の制作に当たってPower Directorを使っておりますが、編集に際して
大量のメモリ容量が必要であり、以前から公開しております3分程度の動画の
リッピング(出力)をするだけで20分も時間を要しており力不足であり、近年の
高性能化に追いつけない事と故障をきっかけとしての代替となりました。
そして2台に増やした理由は万一片方が故障した場合に代替機が来るまでに
時間を要することと、四国方面では代替機の入手が困難であり、大阪などに
買い求めに行った場合、鳴門大橋の往復通行料金だけでETCを使っても
6,000円を超える事からバックアップという意味合いもあります。

今回思い切ってPCを代替をし、先日、仮設の回線も入り、後日、光回線
契約も済ませ工事待ち状態ではありますがたまっている仕事を片づけたい
かと思っております。




2020/06/14(日) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

古くて重いパソコンと動かないソフトは延命手段を講じましょう

当編集部の編集PCはかれこれ10年近くになり、昨年の12月を以て
OSであるWindows7のサポートも終了しました。
現在はWindows10で運用しておりますが、最近、ブラウザである
Firefoxが短時間で突然落ちるというトラブルが頻発し、筆者を
悩ましておりました。
Windows7や8で10にアップグレードされた方でソフトが不安定でだったり
対応できないソフトを使わないと仕事にならない方も多いかと思います。
ちなみに当編集部でも高額なソフトを使っていますが、いつこれらが
使えなくなることを考えますと不安であるのも事実です。
そこでお困りの皆様に朗報な手段としてOSの64bit化とエミュレーター
ソフトを利用した延命の方法がありましたのでお試し頂ければと
思います。
尚、実行前には必ずバックアップをお取りの上で自己責任でお願いします。

Windows64bit化
Windows10正規ライセンスが取得済みの改造したいPCで こちらのサイト様
参照にして64bit版のWindos10を入手してDVD等のインストールメディアを
作成してインストールを行って下さい。
※クリーン・別ドライブへのインストールは各自で決定してください。
インストールが成功しますとシステムの画面を開くと以下の通りになって
おります。

64ビット化
当編集部のマシンはNEC mateの業務用モデルでインテル2duo 3.0GHzでメモリは4GB
と今のマシンに比べますと能力が劣りますが、今でも現役です。
同じ機械への再インストール扱いとなりますので新たにライセンスを取る必要はなく、元のライセンスが
そのまま引き継がれますのでご安心下さい。


64bit化が成功しましたら、プリンター等のドライバをダウンロードして
インストール作業を行って下さい。
ここで大きな注意点ですが、必ず64bit版を入手することです。
間違って32bit版を入手してインストールした場合、トラブルの原因に
なりますのでご注意下さい。

エミュレーターソフトの導入
OSのインストールおよびドライバのインストールが終わりましたらお待ちかねの
古いソフトを延命して使うためにエミュレーターを入手します。
どうしてこのソフトが必要なのかと云いますと当編集部には通常の画像処理
作業にAdobe PhotoShopのWindows版を以前から使っており、購入時の金額は
15万円と高額であり、今後も使い続ける必要があるからです。
一応32bit版で動作はしますが、特殊な設定がある上で時折、立ち上がらなく
なったり、他のソフトとメモリの関係でケンカをする時があります。
この問題ですが、他でも起きており、特に産業用機械の制御プログラムが
旧式のソフトやOSで書かれており問題になっているのも事実です。
そこでこの問題を解決するためにエミュレーターというソフトを使って
古いOSやソフトを動かすことにしました。
ソフトを導入前に必ずWindows7等のOSのディスクとプロダクトIDを
事前にご用意下さい。
今回は編集部では購入時に添付されたWindows7のディスクを用意
しました。

まず、エミュレーターソフトですが、さまざまなベンダーから出ておりますが
今回編集部ではアメリカのVMware社のWorkstation 12 Playerをインストール
しました。

VMwareダウン

最新バージョンは15でコチラ(オフィシャル)からダウンロードが可能です
当編集部のインストールしたものは12の旧型です。旧作はこちらございます


ダウンロードしてインストールを行いますと、最初に入れたいOSのディスクと
プロダクトIDが求められますので入力をします。
今回の場合はWindows7を入れましたが、他にもLinuxやWindows95等の
古いOSも入れられます。
今回は試験目的ですので非営利目的にチェックを入れ、メールアドレスを
入力しますとインストールが始まります。

インストールが終わり、再起動をし、WMwareのアイコンをクリックすると
インストールされたOSの選択がでますのでクリックするとOSが立ち上がります。

VMware.jpg
VMware上で立ち上がったWindows7です。

立ち上げてみた感じですが、実機にそのままインストールをして作動させた
場合と比べて早くなった感じがしますが、プリンターが接続できない問題が
ありました。
ですが、当編集部の場合、Photoshopで画像を加工するだけですので
問題はありません。
そしてこの画面から本来のWindows10にドラッグするか、USBメモリを経由
すればデータは持ってくることができますので不便はありませんでした。
今現在もこの記事を書きながらWMwareを起動したままの状態でですが
問題もなく作動しております。

photoshop.jpg 問題なくPhotoshopも無事に作動しております。

今回は延命作戦の一部としてWidows10の64bit化エミュレーターソフト
導入を行いましたが、Widows10の動作不安定な古いコンピュータをお使い
の方がおりましたらお試し頂ければと思っております。


Windowsおよび Windows95、Windows7、Windows8、Windows10は米国マイクロソフト社の登録商標です。
Photoshopは米国adobe社の登録商標です。
VMwareは米国VMware社の登録商標です。

2020/03/28(土) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

4G携帯とタブレットを老朽化のため、入れ換えました

先日の事ですが、筆者が4G携帯を誤って落としてしまい破損する
事故があり、ショップで代替か修理かの話の中でタブレットの代替の
話も併せて出た事から話し合いの結果、数年ぶりですが、両方とも
代替リースが可能であるという話から最終的には代替をする事に
なりました。

京セラ新型機器
代替された機器(全て京セラ製)

今回は価格を抑えるため、全て京セラ製での代替となりました。
携帯電話は4G型のKYF37を継続で投入しました。
この携帯電話ですが、何と、通話を最大で60分まで録音する機能が搭載
されており、電話取材の際に従来では専用のマイクと録音機器を別途に
用意する必要がありましたが、この機種ではそれらの機材を準備する必要
もなく、録音できますので、機動力が高いのが特徴です
※録音の音声の取り出しには別途、ICレコーダー等の機器とケーブルが必要です
更に通話中の画面には録音中等の表示が出ず、録音終了後に記録する
かの選択をすることになりますので、使い方によっては非常に便利な
場合もあります。
そしてなにより、月々の料金も使い放題で非常に安価ですので、スマホの
バッテリーの問題でお困りの方にもオススメです。

そしてタブレットQua tab QZ8ですが、Android OSを採用しており、非常に
低価格で5,000円を切ったお値段でした。
ただ、オプションのSDカードが高かったため最終的に全部で4万円近くに
なりましたが、収納ケースはフランスのステーショナリーメーカーである
デルフォニックス社の人気製品であるRollbahn(ロルバーン)ブランドとの
コラボ製品のケースとの組み合わせで画面のONとOFFができますので、
スタンバイのためにタップやスイッチを押す必要がなく、フタを開けるだけで
操作が出来るだけでなく、斜めのスタンドにもなりますので、1つのケースで
2つの役割を果たすという多機能なケースと液晶保護フィルムも装着しました。
操作性ですが、以前に某氏のを機械を触った事がありますが、ちょっと難しい
かなぁと思っておりましたが、実際に操作をしてみますと、IOSに比べて
機能も多い割りにはすぐに操作が理解できました。
こちらの機器は激安料金仕様になっておりますが、既存のルーターが2台
ありますので、4G携帯と併せてネット通信をしておりますので、たっぷり
使えますが、単独で運用すると料金が上がりますので、ルーターのご利用を
おすすめします。
いづれも3年リースになっておりますが、耐久性はどうなのか楽しみでも
あります。

当編集部ではこれらの機器の刷新を行い、読者の皆様のためにお役に
立てる記事で邁進してまいりますので、ご声援の程、お願い申し上げます。





2019/04/07(日) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

【大至急】児相被害等を告発するサイト運営者の皆様へ重要なお知らせです。

先日の事ですが、JCRECメンバーが運用するブログサイトの記事が
運営規約を理由に一方的に大量に削除されるという問題が起きました。
被害状況を見ておりますと、児相被害や国連に関する記事ばかりでなく、
私的な卒園式でお子さんに着せようと思った衣服の記事や夫婦の話
等よくありがちな記事まで無差別に削除をすると云う被害を受けて
おりました。

問題のブログサーバー業者はアメーバブログです。
今回の問題を受け、当編集部で調査をしたところ、メンバー以外にも方々で
規約を理由に一方的に記事を削除される被害が方々で起きている事を
確認しました。

読者の皆様で現在、アメブロで告発サイト等を運営されている方がおられましたら
大至急、記事のバックアップをお取り頂きます様
お願い申し上げます。

バックアップの方法ですが、アメブロの管理画面にはバックアップ機能が
ありませんので、

・無料・市販のバックアップツールでバックアップを取る。

・当サイトのサーバー業者でもあるFC2や他業者の利用IDを
 取得し、ブログを作成の上でブログ引っ越し機能を利用して
 バックアップを取る。

 ※バックアップした先で非公開にするか、公開して移転するかは運営側の判断で決定をお願いします。

当サイトでご紹介したバックアップの操作方法等につきましてはこちらのサイト様
ご覧頂きます様、お願い申し上げます。

尚、国内で運営されているサーバー業者はいつ厚労省等の御用に化けるか
わかりませんので出来れば海外で運営されている業者を選択するか自営で
サーバーを設置して運用する等の対抗をする必要があります。

皆様の大事な著作物でもある記事をサーバー業者の不作為で消滅させない
ためにも記事のバックアップは定期的にお取り頂きます様、お願い申し上げます。



2019/03/24(日) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

業界スコープはSSL対応改造工事を行いました

日頃は業界スコープをご覧頂き、誠にありがとうございます。

この度、セキュリティの向上と読者の皆様の通信の安全を考え、
昨日、当サイトの通信方式をSSL対応のための改造工事を行いました。
工事に伴い、URLが変更となりましたのでお知らせいたします。

旧URL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/ (新URLへリダイレクトします)

新URL
https://gyokaiscoop.blog.fc2.com/

尚、旧URLでも新URLのどちらでも当サイトをご覧頂けるようになって
おりますのでご安心下さい。
お手数をおかけしますが、ブックマーク等にご登録頂いている方は
新URLの登録をお願い申し上げます。
現在、当サイトはSSL対応ですが、近日中に公用回線ウォッチャーに
つきましても改造工事を行います。
工事が完了しましたら、それぞれのサイトにてご報告をさせて
頂きたいかと思います。

読者の皆様にはお手数をおかけし、申し訳ございませんが、
読者の皆様のセキュリティ向上のための工事にご理解とご協力を
お願い申し上げます。

                   2019年2月16日

                        業界スコープ編集部
                        編集長 業界のフォーカスマン





2019/02/16(土) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »