業界スコープ

【使い捨て職員】児相の職員の専門性が育たない実態

先日の事なのですが、当編集部のツイッターコーナーにおいて掲載した
1つの記事が短時間にアクセス数が1,000回を超えました。

RAFAA235010202010231309504425281765980240147654-01.jpg
ハローワークにおける任期制という名の使い捨て職員募集の求人票です。
画像は東京都の例です。
ハローワークのHPで検索すれば全国で使い捨て職員の募集を見ることができます。


この求人票を見ておりますと3年単位での非正規職員の募集であり、明らかに
使い捨てを目的としている事がお分かり頂けるかと思います。
これら専門教育も受けていない素人を配置することで各方面で問題を起こす
事例が多数報告されており、3年に満たない期間で専門性を延ばすことは
不可能でしかありません。
正規職員であれば、施設に逃げたりしますが、非正規の使い捨て職員
何かがあればすぐにクビを切ればよく、「退職しました」の一言で逃げる事で
証拠隠滅に利用することができると云うトカゲのしっぽでしかないのも事実で
あり、児相の職員の中身は「元施設の職員+使い捨て職員+他部署
から飛ばされた素人の集まり
」でしかないのは事実であります。
ある方の話によりますと、使い捨て職員がデタラメ+違法公務をしたり、
子どもが施設を退所後に300Km以上離れた転居先に押しかけて来たり、
名前を個人情報だと言って隠蔽している者がいると云うのですから何も教育が
されていないのは事実であり、無責任な事しかしていないのも事実です。

専門性を育てるというのであれば、このような使い捨て職員の募集と他部署
や施設からの使い回し職員を使うのではなく、専門の教育機関を作り、専門
教育を受けた職員を配置し、配置された職員を施設との行き来を禁止し、国連
から指摘されている拉致報奨金と拉致ノルマを廃止しない限り専門性は育た
ないのは事実であります。
全国の都道府県はいますぐ、使い捨て職員の募集をやめるべきだと思います。


関連記事

2020/10/25(日) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
https://gyokaiscoop.blog.fc2.com/tb.php/1732-6087a611
 |  HOME  |